Sql Loader 100 Sql Loader 3120 Jp

SQL*Loader-100 SQL*Loader-00100 コマンドラインの構文エラーが発生しました。
原因: このエラーの原因には、位置引数がキーワード引数の後にある、キーワードの綴りが正しくない、カッコや引用符が正しく対応していない、演算子=と引数の間に空白があるなどが考えられます。
処置: コマンドの構文と綴りを調べて、再実行してください。

SQL*Loader-101 SQL*Loader-00101 ユーザー名/パスワードの引数が無効です。
原因: コマンドラインで指定したユーザー名/パスワード引数が認識されませんでした。ユーザー名/パスワードが想定されている位置に別の引数(キーワードによって識別されない)がある可能性があります。
処置: 引数がキーワードなしで指定されている場合は、コマンドラインの最初の引数である、ユーザー名/パスワード引数の形式を調べてください。

SQL*Loader-102 SQL*Loader-00102 コマンドラインで指定した制御ファイル名が無効です。
原因: コマンドラインで指定した制御ファイル名が認識されませんでした。綴りに誤りがあったか、その位置に別の引数(キーワードによって識別されない)があった可能性があります。原因の1つとして、ユーザー名とパスワードとの間に空白があった可能性があります。前述のエラーSQL*Loader-00101を参照してください。
処置: コマンドラインの引数の綴りと位置を確認してください。

SQL*Loader-103 SQL*Loader-00103 コマンドラインで指定したログ・ファイル名が無効です。
原因: コマンドラインで指定したログ・ファイル名が認識されませんでした。綴りに誤りがあったか、その位置に別の引数(キーワードによって識別されない)があった可能性があります。
処置: コマンドラインの引数の綴りと位置を確認してください。

SQL*Loader-104 SQL*Loader-00104 コマンドラインで指定した不良ファイル名が無効です。
原因: コマンドラインで指定した不良ファイル名が認識されませんでした。綴りに誤りがあったか、その位置に別の引数(キーワードによって識別されない)があった可能性があります。
処置: 誤りを修正してください。

SQL*Loader-105 SQL*Loader-00105 コマンドラインで指定したデータ・ファイル名が無効です。
原因: コマンドラインで指定したデータ・ファイル名が認識されませんでした。綴りに誤りがあったか、その位置に別の引数(キーワードによって識別されない)があった可能性があります。
処置: コマンドラインの引数の綴りと位置を確認してください。

SQL*Loader-106 SQL*Loader-00106 コマンドラインで指定した廃棄ファイル名が無効です。
原因: コマンドラインで指定した廃棄ファイル名が認識されませんでした。綴りに誤りがあったか、その位置に別の引数(キーワードによって識別されない)があった可能性があります。
処置: コマンドラインの引数の綴りと位置を確認してください。

SQL*Loader-107 SQL*Loader-00107 最大廃棄件数が無効です
原因: 引数の値が不適切であるか、またはその位置に別の引数(キーワードによって識別されない)があります。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-108 SQL*Loader-00108 ロードする論理レコード数が無効です。
原因: 引数の値が不適切であるか、またはその位置に別の引数(キーワードによって識別されない)があります。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-109 SQL*Loader-00109 スキップされる論理レコード数が無効です
原因: 引数の値が不適切であるか、またはその位置に別の引数(キーワードによって識別されない)があります。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-110 SQL*Loader-00110 最大エラー件数が無効です
原因: 引数の値が不適切であるか、またはその位置に別の引数(キーワードによって識別されない)があります。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-111 SQL*Loader-00111 バインド配列またはデータ保管の行数が無効です。
原因: 引数の値が不適切であるか、またはその位置に別の引数(キーワードによって識別されない)があります。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-112 SQL*Loader-00112 最大バインド配列サイズが無効です
原因: 引数の値が不適切であるか、またはその位置に別の引数(キーワードによって識別されない)があります。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-113 SQL*Loader-00113 SILENTキーワードのオプションが無効です
原因: SILENTコマンドライン引数とともに指定したオプションが正しくありません。正しいオプションは、ALL、ERROR、FEEDBACK、HEADERのいずれかです。引数の綴りに誤りがあるか、別の引数(キーワードによって認識されない)がこの場所にある可能性があります。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-114 SQL*Loader-00114 OPTIONS句で構文エラーが発生しました
原因: OPTIONS句を使用してSQL*Loader制御ファイルに指定したコマンドライン・オプションが誤っていることが判明しました。
処置: SQL*Loader制御ファイルのOPTIONS句の書式を確認してください。

SQL*Loader-115 SQL*Loader-00115 DIRECTキーワードのオプションが無効です
原因: コマンドライン引数DIRECTにはTRUEまたはFALSEのみが許可されます。引数の綴りに誤りがあるか、別の引数(キーワードによって認識されない)がこの場所にある可能性があります。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-116 SQL*Loader-00116 パスワードの入力時にエラーが発生しました
原因: 内部エラーが発生しました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-118 SQL*Loader-00118 無効なパラレル・ロード・オプションです
原因: パラレル・ロードに使用されたコマンドラインの引数が誤っています。
処置: TRUEまたはFALSEのみをパラレル・ロード・オプションの値として使用してください。

SQL*Loader-119 SQL*Loader-00119 コマンドラインのパラレル・ファイル(データ・ファイル)名が無効です
原因: パラレル・ファイルに入力されたコマンドライン引数が誤っています。
処置: コマンドライン引数を確認して、操作を再試行してください。

SQL*Loader-120 SQL*Loader-00120 Invalid _synchro option string
原因: コマンドライン引数_synchroが誤っています。
処置: 許可されるモードを1つのみ使用してください。ulminv[]を参照してください。

SQL*Loader-121 SQL*Loader-00121 無効なskip_unusable_indexesオプションです
原因: skip_unusable_indexesのコマンドライン引数が誤っています。
処置: TRUEまたはFALSEのみをskip_unusable_indexesオプションの値として使用してください。

SQL*Loader-122 SQL*Loader-00122 無効なskip_index_maintenanceオプションです
原因: skip_index_maintenanceのコマンドライン引数が誤っています。
処置: TRUEまたはFALSEのみをskip_index_maintenanceオプションの値として使用してください。(注意: ダイレクト・ロードのときのみ。)

SQL*Loader-123 SQL*Loader-00123 bindsize(number)に指定した値がreadsize(number)よりも小さくなっています
原因: bindsizeに指定されたコマンドライン引数が、readsizeの値未満でした。
処置: 処置は必要ありません。SQL*Loaderは、自動的にbindsizeの値をreadsizeの値に合せます。

SQL*Loader-124 SQL*Loader-00124 readsize(number)に指定した値がbindsize(number)よりも小さくなっています
原因: readsizeに指定されたコマンドライン引数が、bindsizeの値未満でした。
処置: 処置は必要ありません。SQL*Loaderは、自動的にreadsizeの値をbindsizeの値に合せます。

SQL*Loader-125 SQL*Loader-00125 READSIZEに指定された値(number)がMAX_RECORD_SIZE(number)以下です
原因: readsizeに指定されたコマンドライン引数が、max_record_sizeの値以下でした。
処置: 処置は必要ありません。SQL*Loaderは、自動的にreadsizeの値をmax_record_sizeの値に合せます。

SQL*Loader-126 SQL*Loader-00126 読取りサイズが無効です
原因: 引数の値が不適切であるか、またはその位置に別の引数(キーワードによって識別されない)があります。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-127 SQL*Loader-00127 最大レコード・サイズが無効です。
原因: 引数の値が不適切であるか、またはその位置に別の引数(キーワードによって識別されない)があります。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-128 SQL*Loader-00128 セッションを開始できません
原因: データベースでセッションを開始しようとしたときに、エラーが発生しました。
処置: エラーの原因については、続いて表示されるメッセージを参照してください。

SQL*Loader-129 SQL*Loader-00129 ダイレクト・パス列の配列の行数が無効です
原因: 引数の値が不適切です。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-130 SQL*Loader-00130 ダイレクト・パス・ストリームのサイズが無効です
原因: 引数の値が不適切です。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-131 SQL*Loader-00131 マルチスレッド・オプションが無効です
原因: コマンドライン引数MULTITHREADINGにはTRUEまたはFALSEのみが許可されます。引数の綴りに誤りがあるか、別の引数(キーワードによって認識されない)がこの場所にある可能性があります。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-132 SQL*Loader-00132 外部表オプションの引数が無効ですn
原因: 外部表に指定したコマンドライン引数が、TRUEまたはFALSEではありません。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-133 SQL*Loader-00133 ダイレクト・パスと外部表の両方を指定できません
原因: ダイレクト・パスおよび外部表の両方のオプションが指定されました。一度に指定できるのは、片方のみです。
処置: 片方のみを使用するように、パラメータを変更してください。

SQL*Loader-134 SQL*Loader-00134 EXTERNAL_TABLEパラメータに指定されたオプションが無効です
原因: EXTERNAL_TABLEパラメータに無効な値が指定されました。
処置: 次の値のいずれかの処置を行ってください。NOT_USEDを指定して、外部表を使用禁止にします。GENERATE_ONLYを指定して、データのロードに外部表を使用するSQL文を生成します。EXECUTEを指定して、SQL文を生成し、それを実行します。

SQL*Loader-135 SQL*Loader-00135 RESUMABLEの引数が無効です
原因: RESUMABLEに指定したコマンドライン引数が、TRUEまたはFALSEではありません。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-136 SQL*Loader-00136 RESUMABLE_NAMEの引数が無効です
原因: RESUMABLE_NAMEに指定したコマンドライン引数が、有効な文字列ではありません。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-137 SQL*Loader-00137 RESUMABLE_TIMEOUTの値が無効です
原因: RESUMABLE_TIMEOUTに指定したコマンドライン引数が、有効な正の整数ではありません。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-138 SQL*Loader-00138 DATE_CACHEの値が無効です
原因: DATE_CACHEに指定したコマンドライン引数が、有効な正の整数ではありません。
処置: 入力を変更して、ロードを再度行ってください。

SQL*Loader-200 SQL*Loader-00200 FORMAT句は指定できません - フラット・データ・ファイルのみです
原因: SQL*Loaderは、SQL/DS FORMAT句をサポートしていません。
処置: SQL*Loader制御ファイルからFORMATコマンドを削除して、それをコメントアウトしてください。

SQL*Loader-250 SQL*Loader-00250 SQL*Loaderはワーク・データ・セットを使用できません
原因: SQL*Loader制御ファイルにWRKDDN文が記述されています。SQL*Loaderはこれを無視します。
処置: 処置は必要ありません。これは情報メッセージです。

SQL*Loader-251 SQL*Loader-00251 SQL*Loaderはソート・デバイスを使用できません。
原因: SQL*Loader制御ファイルにSORTDEVT文が記述されています。SQL*Loaderはこれを無視します。
処置: 処置は必要ありません。これは情報メッセージです。

SQL*Loader-252 SQL*Loader-00252 SQL*Loaderはソート・データ・セットを使用できません。
原因: SQL*Loader制御ファイルにSORTNUM文が記述されています。SQL*Loaderはこれを無視します。
処置: 処置は必要ありません。これは情報メッセージです。

SQL*Loader-253 SQL*Loader-00253 DB2パーティション番号は無視されました
原因: SQL*Loader制御ファイルにPART文が記述されています。SQL*Loaderはこれを無視します。
処置: 処置は必要ありません。これは情報メッセージです。

SQL*Loader-254 SQL*Loader-00254 複数のデータファイルに対してDISCARDFILEを指定することはできません
原因: SQL*Loader制御ファイルに複数のINFILE文が含まれており、DISCARDFILE文がRESUME句の下にありました。
処置: DISCARDFILE文をRESUME句の上に移動させて、DISCARDFILE文がINFILE文の1つと隣接するようにしてください。

SQL*Loader-255 SQL*Loader-00255 SQL*Loaderはエラー・リカバリ用のログ・ファイルを使用できません
原因: SQL*Loader制御ファイルにLOG文が記述されています。SQL*Loaderはこれを無視します。
処置: 処置は必要ありません。これは情報メッセージです。

SQL*Loader-256 SQL*Loader-00256 SORTED INDEXESオプションはダイレクト・パスでのみ使用できます
原因: SQL*Loader制御ファイルにSORTED INDEXES文が含まれていますが、ダイレクト・パス・ロードが使用されていませんでした。
処置: コマンドラインにDIRECT=TRUEでダイレクト・パス・ロードを指定して、SQL*Loader制御ファイルからその文を削除するか、またはそれをコメントアウトしてください。

SQL*Loader-257 SQL*Loader-00257 TERMINATED BY EOFオプションはENCLOSED BYオプションと同時に使用できません
原因: SQL*Loader制御ファイルのフィールドの説明には、TERMINATED BY EOFおよびENCLOSED BYオプションがあります。これらのオプションは相互に排他的です。
処置: これらの句の一方または両方を削除してください。

SQL*Loader-258 SQL*Loader-00258 SORTED INDEXESの最大数(number)を超えました(表string)
原因: SORTED INDEX句で指定された索引が多すぎます。メッセージ中の数値は、許可される索引の最大数を示します。
処置: SORTED INDEX句に指定する索引数を少なくするか、ダイレクト・パス・ロードではなく、従来型パス・ロードを使用してください。

SQL*Loader-259 SQL*Loader-00259 表stringでDDL共有ロックを排他ロックに拡張できません
原因: このエラーは、他のユーザーによって表に解析ロックがかけられている状態で発生します。たとえば、他のユーザーが表に対してSELECT文を実行しているときなどです。解析ロックはただちに解除されます。
処置: 解析ロックが解除されてから再試行するか、従来型パス・ロードを使用してください。

SQL*Loader-260 SQL*Loader-00260 TERMINATED BY EOFオプションは、LOBFILEオプションがある場合のみ使用できます
原因: TERMINATED BY EOFオプションは、データを説明するデータがLOBFILEからロードされたときのみ使用できます。それを表レベルで指定することはできません。また、標準データファイルのデータに対して指定できません。
処置: TERMINATED BYに正しいオプションを指定したかどうか、TERMINATED BYオプションを正しいフィールドに指定したかどうかを確認してください。

SQL*Loader-261 SQL*Loader-00261 RAWフィールドにTERMINATED BYは使用できません。
原因: TERMINATED BYオプションは、データファイルのRAW型データのロードには使用できません。ただし、LOBFILEからRAWデータをロードするときは例外です。その場合は、TERMINATED BY EOFオプションの指定ができます。
処置: SQL*Loader制御ファイルのRAWフィールドからTERMINATED BYオプションを削除してください。

SQL*Loader-262 SQL*Loader-00262 PIECEDキーワード(列string)はダイレクト・パスでのみ使用できます
原因: PIECEDキーワードは、従来型パス・ロードでは使用できません。
処置: PIECEDキーワードを削除するか、ダイレクト・パス・ロードを使用してください。

SQL*Loader-263 SQL*Loader-00263 PIECED列stringは、表stringの列で最後に指定される必要があります
原因: 最後の列ではない列がPIECEDとして指定されました。
処置: PIECEDキーワードを削除するか、またはその列を最後に配置してください。

SQL*Loader-264 SQL*Loader-00264 ファイル・モード・トークンstringが解析されましたが無視されました。
原因: 古いファイル・モード・トークンがSQL*Loader制御ファイルで使用されました。SQL*Loaderのリリース1.1では、ファイル処理オプション文字列は、STREAM、RECORD、FIXED、VARIABLEなどのキーワードの制御ではなく、ファイル処理の制御に使用されます。
処置: 処置は必要ありません。これは情報メッセージです。キーワードを削除すると、データ・ファイルの処理方法を変更しなくても、このメッセージは表示されなくなります。

SQL*Loader-265 SQL*Loader-00265 デフォルトのキャラクタ・セット名を取得できません。
原因: SQL*Loaderがその環境用のデフォルトのキャラクタ・セット名を取得できませんでした。
処置: CHARACTERSETキーワードを持つキャラクタ・セット名を指定してください。

SQL*Loader-266 SQL*Loader-00266 stringに対するキャラクタ・セット・ハンドルが見つかりません。
原因: SQL*Loaderが、指定されたキャラクタ・セットに対してキャラクタ・セット・ハンドルを見つけられませんでした。
処置: キャラクタ・セット名を修正してください。

SQL*Loader-267 SQL*Loader-00267 制御ファイルは最初のデータファイルである必要があります。
原因: INFILE "*"句を使用するデータが含まれているとSQL*Loader制御ファイルが指定されますが、他のデータファイルが最初に指定されました。
処置: INFILE "*"句を移動し、SQL*Loader制御ファイル中のデータが先頭に指定されるように変更してください。

SQL*Loader-268 SQL*Loader-00268 UNRECOVERABLEキーワードはダイレクト・パスでのみ使用できます。
原因: UNRECOVERABLEキーワードは、ダイレクト・パス・ロードでのみ指定できます。
処置: ダイレクト・パス・ロードを使用するか、キーワードを削除してください。(従来型パスによるロードは常にリカバリ可能です)。

SQL*Loader-269 SQL*Loader-00269 NULL文字列とテキスト句との比較はできません。
原因: 句がNULL文字列と比較されています。
処置: 句が1つ以上の文字と比較されるように変更してください。

SQL*Loader-270 SQL*Loader-00270 TERMINATED BY EOFは、CHARまたはRAWデータ型にのみ有効です
原因: SQL*Loader制御ファイルのフィールドの説明により、データ型がRAWまたはCHARではないときに、TERMINATED BY EOFオプションが使用されました。
処置: SQL*Loader制御ファイルを変更して、TERMINATED BY EOF句を削除するか、フィールドのデータ型をCHARまたはRAWに変更してください。

SQL*Loader-271 SQL*Loader-00271 パラレル・ロードではありません。表レベルOPTIONS文は無視されました。
原因: 表レベルOPTIONS文が、非パラレル・ロードに指定されています。
処置: SQL*Loader制御ファイルからOPTIONS文を削除してください。

SQL*Loader-272 SQL*Loader-00272 表レベルOPTIONS文は無視されました。
原因: パラレル・ロード・オプションでは、コマンドラインに指定されたファイルは、SQL*Loader制御ファイル内で指定されたファイルが上書きされます。
処置: SQL*Loader制御ファイルからOPTIONS文を削除してください。

SQL*Loader-273 SQL*Loader-00273 READBUFFERSはダイレクト・パスにのみ使用されます。
原因: READBUFFERSの指定がダイレクト・パスの一部として入力されませんでした。
処置: ダイレクト・パスを使用するか、SQL*Loader制御ファイルからREADBUFFERS指定を削除してください。

SQL*Loader-274 SQL*Loader-00274 2以上の読取りバッファを指定する必要があります。
原因: 指定されているバッファは1つのみです。
処置: SQL*Loader制御ファイルのREADBUFFERS文には、2つ以上の読取りバッファを指定してください。

SQL*Loader-275 SQL*Loader-00275 制御ファイルにデータが入っていますが、"INFILE *"が指定されていません。
原因: INFILE指定がSQL*Loader制御ファイルに入力されませんでした。
処置: SQL*Loader制御ファイル内のデータを読み取る場合は、SQL*Loader制御ファイルにINFILE *を指定してください。

SQL*Loader-276 SQL*Loader-00276 ローカル記憶域オプションでグローバル記憶域を上書きします。
原因: 記憶域句が、表レベルのオプション文、およびグローバルのオプション文で指定されています。
処置: これは単なる警告メッセージです。表レベルのオプションは、グローバルのオプションに優先します。表レベルのオプション文が必要なければ削除してください。

SQL*Loader-277 SQL*Loader-00277 ローカルのファイル指定でグローバルのファイル指定を上書きします。
原因: ファイル名が、表レベルのオプション文、およびグローバルのオプション文で指定されています。
処置: これは単なる警告メッセージです。表レベルのオプションは、グローバルのオプションに優先します。表レベルのオプション文が必要なければ削除してください。

SQL*Loader-278 SQL*Loader-00278 パラレル・ロードに対するファイルの指定が無効です。
原因: パラレル・ロードを実行するために使用するファイル名が、正しく入力されていません。
処置: ファイル名を修正し、パラレル・ローダーを再起動してください。

SQL*Loader-279 SQL*Loader-00279 パラレル・ロードが指定されている場合、APPENDモードのみ有効です。
原因: パラレル・ロードが指定されている場合、APPENDモードのみが有効です。
処置: APPENDキーワードを使用するようにSQL*Loader制御ファイルを変更して、パラレル・ローダーを再起動してください。

SQL*Loader-280 SQL*Loader-00280 表stringは、一時表です。
原因: sqlldrユーティリティは、一時表をロードしません。sqlldrが一時表をロードした場合は、ロード終了後にデータが消失することに注意してください。
処置: データを非一時表にロードしてください。

SQL*Loader-281 SQL*Loader-00281 警告: パラレル・モードのROWSパラメータは無視されました。
原因: ROWSパラメータを使用した保存ポイントの指定は、パラレル・ロードではサポートされていません。
処置: コマンドライン引数からROWSパラメータを削除するか、または非パラレル・ダイレクト・ロードを指定して保存ポイントを実行してください。

SQL*Loader-282 SQL*Loader-00282 キャラクタ・セットID(number)のキャラクタ・セット・ハンドルが見つかりません。
原因: SQL*Loaderが、指定されたキャラクタ・セットIDのキャラクタ・セット・ハンドルを見つけられませんでした。
処置: キャラクタ・セットIDをデータベース・サーバーから取得しましたが、SQL*Loaderクライアントは指定されたキャラクタ・セットIDの情報を持っていません。クライアント側とサーバー側のNLSデータが一致するようにしてください。

SQL*Loader-283 SQL*Loader-00283 INFILE *に対してファイル処理文字列"string"は無視されました
原因: SQL*Loader制御ファイルが、オプションのファイル処理文字列とともにロード・データファイルにINFILE *を指定しました。これは、データのレコード形式がSQL*Loader制御ファイルのレコード形式と同じであるとSQLLDRが予期するため、ファイル処理文字列が無視されることを警告するメッセージです。
処置: SQL*Loader制御ファイルのデータが同じファイル内のその他のデータと同じ形式である場合、処置は必要ありません。ファイル処理文字列を削除すると、このエラー・メッセージは表示されません。SQL*Loader制御ファイルのデータのレコード形式が異なる場合、データを別のファイルにコピーして、INFILE句のそのファイル名を使用してください。

SQL*Loader-284 SQL*Loader-00284 警告: 入力データファイルstringが複数回指定されました
原因: 同一の入力データ・ファイルが複数回ロードされました。これは、 INFILEキーワードが構文のロード文の中で不適切な位置に指定された場合に発生します。これによって、デフォルトで最初にロードされたデータ・ファイルのファイル名が、DATという拡張子またはファイル・タイプの制御ファイルの名前になります。
処置: INFILEキーワードが、BADFILE/BADDN/DISCARDFILE/DISCARDDN/DISCARDSのいずれかの後に指定されていないことを確認してください。

SQL*Loader-285 SQL*Loader-00285 %sは従来型パスのみで使用される場合があります。
原因: HIDDENは、従来型パスによるロードでのみ指定できます。
処置: 従来型パスによるロードを使用してください。

SQL*Loader-286 SQL*Loader-00286 IOTをロードする場合、ROWSパラメータはサポートされません。
原因: ROWSパラメータを使用した保存ポイントの指定は、IOTのロード時にはサポートされていません。
処置: コマンドライン引数からROWSパラメータを削除してください。

SQL*Loader-287 SQL*Loader-00287 制御ファイル名が指定されていません。
原因: 制御プロンプトで、制御ファイル名が指定されていません。
処置: プロンプトまたはコマンドラインで、有効な制御ファイル名を指定してください。

SQL*Loader-288 SQL*Loader-00288 SDFに格納されているコレクションにはデリミタを指定できません。
原因: TERMINATED BYまたはENCLOSED BY句が、ネストした表またはVARRAYフィールドのSDF(セカンダリ・データ・ファイル)句とともに使用されています。
処置: TERMINATED BYまたはENCLOSED BY句は、ネストした表またはVARRAYデータがメイン・データファイルのレコードに格納されている場合にのみ指定できます。ネストした表または VARRAYデータをSDFからロードする場合は、COUNTを使用して、ファイルに格納されたSDFの要素数を指定してください。

SQL*Loader-289 SQL*Loader-00289 列stringのSQL文字列は列stringのSQL文字列を見えなくします。
原因: SQL文字列は、制御ファイルの列オブジェクトとその属性の1つと関連しています。列オブジェクトのSQL文字列が、INSERT文のVALUE句の列オブジェクト全体を置換するため、属性のSQL文字列は無視されます。これによって、予期しない値または誤った値がロードされます。
処置: 列オブジェクトまたはその属性のいずれかがSQL文字列を持つように、制御ファイルを修正してください。

SQL*Loader-290 SQL*Loader-00290 PIECEDキーワード(列string)はlobまたはlong列のみで使用できます
原因: PIECEDキーワードは、lobまたはlong列以外では、使用できません。
処置: PIECEDキーワードを削除するか、lobまたはlong列型を使用してください。

SQL*Loader-291 SQL*Loader-00291 SQL文字列のバインド変数stringは列stringに対して無効です。
原因: バインド変数が、FILLERフィールドまたは存在しないフィールドを参照していない可能性があります。また、ダイレクト・パス・モードで実行している場合、バインド変数が、セカンダリ・ファイルまたはコレクションに格納された LOB型のフィールドを参照していない可能性があります。
処置: SQL文字列から無効なバインド変数を削除してください。

SQL*Loader-292 SQL*Loader-00292 XML、LOBまたはVARRAY列のロード時は、ROWSパラメータは無視されます
原因: コマンドライン引数にROWSパラメータが含まれています。ROWSパラメータを使用したセーブポイントの指定は、ロードする表にLOBまたはLOBとして格納される列が含まれている場合にはサポートされていません。XMLおよびVARRAY列はLOBとして格納される場合があります。
処置: コマンドライン引数からROWSパラメータを削除してください。

SQL*Loader-293 SQL*Loader-00293 表stringの制御ファイル内のXMLTYPEディレクティブが欠落しています
原因: sys.xmltypeの表ではXMLTYPEディレクティブを指定する必要があります。
処置: 制御ファイルにXMLTYPEディレクティブを追加してください。

SQL*Loader-294 SQL*Loader-00294 TREAT AS句に無効な名前%が指定されています
原因: TREAT AS句に指定された型名が無効です。クライアント・キャラクタ・セットで有効でない文字が含まれているか、引用符付き文字列に閉じ引用符がないか、または名前が長すぎて有効なスキーマ名と型名が含まれていない可能性があります。
処置: 型名が有効な文字で、長すぎないことを確認してください。また、引用符付き文字列すべてに閉じ引用符があることを確認してください。

SQL*Loader-295 SQL*Loader-00295 警告: 表 string、列string - オブジェクト属性バインド変数の引用ルールが変更されました。
原因: 必要なオブジェクト属性名すべてを引用していたバインド変数の引用ルールが変更されました。古い引用ルールは、列参照が不明瞭になるので不正確です。現行ロードは、不明瞭な列参照が検出されないかぎり、下位互換性のため使用し続けられます。
処置: これは単なる警告メッセージです。オブジェクト属性バインド変数への引用ルールが変更されたので、制御ファイルを新しいルールに置き換えることをお薦めします。新しいルールでは、すべてのオブジェクト属性名から構成されるバインド変数名はその前後を二重引用符で囲みません。かわりに、バインド変数の各属性名を必要に応じて単独で引用します。各属性名は実際には独立した識別子なので、識別子の引用ルールに従います。たとえば、バインド変数':A.B.C'は、この場合3つの属性名(つまり識別子)、'A'、'B'、および'C' から構成されます。

SQL*Loader-296 SQL*Loader-00296 バインド変数string(列string)が不明瞭です。
原因: バインド変数が参照できるのは制御ファイルの1つの列のみです。列参照が不明瞭なので現行ロードは続けて使用できません。
処置: バインド変数を修正してください。このバインド変数が引用で構成される場合は、引用が正しく使用されているか調べます。たとえば、必要なすべてのオブジェクト属性名をバインド変数に引用していた古い引用ルールは、列参照が不明瞭になるので不正確でした。"LTRIM(:"A.B.C")"という式があるとします。古い引用ルールを使用すると、このバインド変数は、オブジェクト属性列、'"A"."B"."C"'、'"A.B".C'、および'"A"."B.C"'を参照できます。この混乱を避けるため、オブジェクト属性バインド変数の新しい引用ルールを使用します。このルールでは、必要に応じて各属性名を単独で引用します。前の例では、目的のオブジェクト属性列が'A.B.C' であるとすると、その式を"LTRIM(:A.B.C)"または"LTRIM(:"A"."B"."C")としてリライトすれば、不明瞭になりません。

SQL*Loader-297 SQL*Loader-00297 SQL文字列の構文またはバインド変数は列stringに対して無効です。
原因: 詳細は続いて表示されるエラー・メッセージを参照してください。SQL文字列には、不正に終了した引用符付き文字列は使用できません。SQL文字列のバインド変数では、長さ0にできず、最大で30文字を超えることはできません。また引用符の欠落もできません。
処置: SQL文字列を修正してください。詳細は続いて表示されるエラーを参照してください。

SQL*Loader-298 SQL*Loader-00298 フィラー・フィールド名が長すぎます
原因: 指定されたフィラー・フィールド名が、最大の30文字を超えています。
処置: 30文字以内で指定してください。

SQL*Loader-303 SQL*Loader-00303 16進数が予想される場所で、16進以外の文字が見つかりました。
原因: 16進文字列で16進以外の文字が検出されました。
処置: その文字を16進文字に変更してください。

SQL*Loader-304 SQL*Loader-00304 英数字以外の無効な文字列があります
原因: SQL*Loader制御ファイルには、SQL*Loaderが認識できない英数字以外の文字の組合せが含まれています。たとえば、!=の組合せは「等しくない」と認識されますが、=!の組合せは無効です。
処置: 制御ファイルから認識できない文字を削除してください。

SQL*Loader-305 SQL*Loader-00305 end-of-fileを示す文字が複数見つかりました
原因: 制御ファイルの中にend-of-file(EOF)を示す文字が複数あります。
処置: 不要なEOF文字を削除してください。

SQL*Loader-306 SQL*Loader-00306 トークンが有効最大長number文字を超えています
原因: SQL*Loader制御ファイルの中で、許容最大長を超える単一文字または文字の組合せ(トークン)が見つかりました。使用できる最大値が示されます。このエラーは、空白が欠落しているため、複数のトークンが結合されて発生する場合もあります。
処置: 適切なSQL*Loader制御ファイルが実行されていることを確認してください。トークンが結合されている場合は分離してください。またはトークンを短くしてください。

SQL*Loader-307 SQL*Loader-00307 警告: 長さnumberとnumber(列string、表stringで指定)が矛盾しています。
原因: SQL*Loader制御ファイルで指定した列に、2つの異なったフィールド長を指定しています。フィールド長の指定方法には、次の3通りがあります。— POSITIONキーワードで指定します: POSITION(1:3) — 長さ指定子で指定します: CHAR(6) — データ型の暗黙的な長さで決まります: INTEGER — 競合はこれらのうち、どの2つの間でも発生する可能性があります(3つ全部の間でも発生しますが、その場合も2つのみが示されます)。よくある例として、数値データにおいて外部形式(INTEGER EXTERNAL型)を指定すべきところにINTEGER型を指定してしまう場合があります。また、文字データで構成される外部形式の場合、バイナリ・データを含む数値形式よりも非常に長くなります。
処置: SQL*Loaderはいずれかの長さのみを使用するため、処置は必要ありません。表記述セクションにある見出し「Len」のログ・ファイルを確認して、どの長さが使用されたかを確認してください。SQL*Loader制御ファイルを調整して、長さ指定の方法を同じにすると、警告は表示されなくなります。

SQL*Loader-308 SQL*Loader-00308 %s SQL文字列(列string)は二重引用符の中にある必要があります。
原因: 二重引用符で囲まれていないSQL文字列があります。
処置: SQL文字列は一重引用符ではなく、二重引用符で囲んでください。

SQL*Loader-309 SQL*Loader-00309 stringフィールド指定の一部として使用できるSQL文字列はありません
原因: 特定のフィールド型では、SQL文字列をそのフィールド指定(たとえば、LOB列に対応するフィールドなど)の一部として使用できません。これは制約に違反しており、修正する必要があります。
処置: SQL文字列をそのフィールド指定から削除してください。

SQL*Loader-350 SQL*Loader-00350 行numberに構文エラーがあります。
原因: numは、エラーが発生したSQL*Loader制御ファイル内の行を示します。このメッセージの後には、次の形式のメッセージが表示されます。— Expecting str1, found str2 str1は、SQL*LoaderがSQL*Loader制御ファイル内に存在すると予想した内容で、str2は実際に見つかったものです。次に、 SQL*LoaderはSQL*Loader制御ファイルからエラーが発生した行を表示し、行のどの場所でエラーが発生したかを、カレット(^)またはアスタリスク(*)で示します。次に例を示します。— SQL*Loader-350: Syntax error at line 28 — Expecting column name, found keyword CHAR — col3 ENCLOSED BY '"', CHAR ENCLOSED "'",
処置: DDL構文を『Oracle Databaseユーティリティ』の構文図と比較し、必要に応じて修正してください。

SQL*Loader-401 SQL*Loader-00401 フィールドの終了値numberは開始値number以上である必要があります
原因: 指定されたフィールドに、終了値が開始値より小さい(start:end)句が含まれています。
処置: 終了値が開始値以上になるように、その句を変更してください。

SQL*Loader-402 SQL*Loader-00402 指定から列stringの長さを決定できません
原因: 指定したデータ型は暗黙の長さ(たとえば、外部数値またはRAW型)を持っておらず、デリミタとともには指定されていません。長さが指定されていないため、POSITION句から長さは判別できません。
処置: POSITION句が指定されている場合は、終わり位置を追加すると、長さ指定が作成されます。この句はPOSITION(start:end)のような形式になっています。INTEGER EXTERNAL (6)のように、長さをデータ型の後に指定することもできます。最後に、デリミタとともにフィールドを指定したり、暗黙の長さを持つデータ型にデータ型を変更できます。

SQL*Loader-403 SQL*Loader-00403 参照した列stringが表stringの中に存在しません。
原因: 指定した列が指定した表に存在しません。
処置: 列名または表名を修正してください。

SQL*Loader-404 SQL*Loader-00404 列stringがstringのINTO TABLE文に複数個存在します。
原因: 指定した列が、1つのINTO TABLE文の中に複数回指定されています。
処置: 関係のない列指定を削除してください。

SQL*Loader-405 SQL*Loader-00405 オプションの囲みデリミタには終了デリミタが必要です: 列string、表string
原因: 指定された列は、オプションの囲みデリミタで指定されていますが、終了デリミタで指定されていません。終了デリミタが存在する場合は、囲みデリミタはオプションになります。
処置: 終了デリミタを指定するか、または囲みデリミタを非オプションにしてください。

SQL*Loader-406 SQL*Loader-00406 データがすべて生成されている場合、ロード数にALLを指定できません
原因: 生成されるデータのみがロードされる場合、ロード数を指定します。これによって、SQL*Loaderはロードを途中で停止できます。
処置: ロード数を指定してください。

SQL*Loader-407 SQL*Loader-00407 データをすべて生成する場合、スキップ数を指定できません
原因: データをすべて生成する場合は、スキップ数を指定できません。
処置: スキップ数の指定を削除してください。

SQL*Loader-408 SQL*Loader-00408 物理レコードのスタックがオーバーフローしました
原因: 内部エラーが発生しました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-409 SQL*Loader-00409 継続ロードではスキップ数はロード・レベルでなく表レベルにする必要があります
原因: コマンドラインまたはOPTIONS文からSKIPパラメータが指定されましたが、ロードの続行がCONTINUE_LOADで指定されています。複数の表のダイレクト・ロードが中断された場合は、個々の表に異なった数のレコードがロードされた可能性があります。したがって、ロードを続行する場合は、スキップするレコード数を表ごとに指定する必要があります。この場合、 CONTINUE_LOADを指定して、各表でスキップさせるレコード数は、対応するINTO TABLE文で指定します。詳細は、SQL*Loader-00410およびSQL*Loader-00411のエラー・メッセージを参照してください。
処置: ログ・ファイルを調べて、それぞれの表でスキップするレコードの適切な数を判断し、継続ロードのそれぞれの表にINTO TABLE文で、または通常ロードのコマンドラインSKIPパラメータで、この数を指定してください。

SQL*Loader-410 SQL*Loader-00410 スキップ数は表レベルでなくロード・レベルにする必要があります
原因: 通常の(継続でない)ロードで、INTO TABLE文にSKIP句が指定されています。LOAD DATAで始まる通常のロードにおいては、表ごとにスキップするレコード数を指定できません。ロード全体にスキップ数を指定する場合は、コマンドラインからSKIPパラメータを使用するか、OPTION句によって指定します。複数の表に異なったレコード数をロードさせるなど、表レベルでロードする必要がある場合は(ダイレクト・ロードのみ可能ですが)、CONTINUE_LOAD文を使用できます。詳細は、SQL*Loader-00409および SQL*Loader-00411のエラー・メッセージを参照してください。
処置: ロードが複数の表のダイレクト・パス・ロードでない場合は、SKIP句をINTO TABLE文からコマンドラインまたはOPTIONS句に移動してください。複数の表へロードする場合は、CONTINUE_LOADでロードの続行を指定してください。

SQL*Loader-411 SQL*Loader-00411 ダイレクト・パス・ロードのみ続行できます。
原因: ロードの続行がCONTINUE_LOADを指定し、かつ DIRECT=FALSEの状態で実行されました。CONTINUE_LOADは、ダイレクト・パス・ロードでのみ使用可能で、すでに複数の表に対して異なったレコード数のデータがロードされているとき続行処理を行うためのものです。詳細は、SQL*Loader-00409およびSQL*Loader- 00410のエラー・メッセージを参照してください。
処置: CONTINUE_LOADが必要な場合、ダイレクト・ロードを指定して、それぞれのINTO TABLE文にスキップするレコード数を指定してください。CONTINUE_LOADを使用しないで済む場合は、コマンドラインまたはOPTIONS句でスキップするレコード数を指定し、CONTINUE_LOADのかわりにLOAD DATAを使用してください。

SQL*Loader-412 SQL*Loader-00412 表stringに最大値(number)より多い列が指定されています
原因: データベースで表に対して許可される列数を超えて列が指定されました。
処置: 関係のない列を削除してください。

SQL*Loader-413 SQL*Loader-00413 フィラー・フィールドstring(表string)にNULLIFまたはDEFAULTIF句が指定されています。
原因: SQL*Loader制御ファイル内で、指定されたFILLERフィールドにNULLIFまたはDEFAULTIF句が指定されました。これらのオプションは、FILLERフィールドに指定できません。
処置: フィールドの定義からNULLIFまたはDEFAULTIF句を削除してください。

SQL*Loader-414 SQL*Loader-00414 表stringにロードする列がありません。
原因: 表にロードするフィールドがデータファイルにありません。すべてのフィールドが、FILLERフィールドとして識別された可能性があります。
処置: FILLERの属性がフィールドに正しく設定されたかどうかを確認してください。

SQL*Loader-415 SQL*Loader-00415 列string(表string)は、SDFまたはLOBFILEのオブジェクトになることも、使用することもできません
原因: 指定された列は、SDFまたはLOBFILE句のターゲットとして識別されます。ただし、列はSDFまたはLOBFILEからも値を取得します。フィールド名がSDFまたはLOBFILE句で指定された場合、そのフィールドには SDFまたはLOBFILE句が存在できません。
処置: SQL*Loader制御ファイルのSDFおよびLOBFILE句が正しいフィールドを指定したかどうかを確認してください。また、SDFおよびLOBFILE句が正しいフィールドに指定されたかどうかも確認してください。

SQL*Loader-416 SQL*Loader-00416 フィールドstring(表string)のSDF句は、実在しないフィールドを参照しています。
原因: フィールドのSDF句が、SQL*Loader制御ファイルの表定義に存在しないフィールドを指定しました。
処置: セカンダリ・データファイルの定義を検証して、それが対象フィールドを指定するか確認してください。

SQL*Loader-417 SQL*Loader-00417 SQL文字列(列string)はダイレクト・パスでは使用できません。
原因: SQL文字列は、ダイレクト・パスでは省略されるため使用できません。
処置: SQL文字列を削除するか、従来型パスを使用してください。

SQL*Loader-418 SQL*Loader-00418 列stringに対するデータファイルのデータ型が正しくありません
原因: 列に指定されたデータ・ファイルのデータ型は、列のロードに使用できません。このメッセージは、特殊な機能でのロードが必要な列に対して表示されます。たとえば、BFILE列は、制御ファイルのBFILEディレクティブを経由してのみ、REFフィールドにロードできます。SQL*Loader制御ファイルのREFフィールドに対しても同様です。REF列は、 SQL*Loader制御ファイルのREFデータ型のみでロードされます。
処置: データベースの列のデータ型を判断し、その型の列のロードに使用する正しいメカニズムをドキュメントで確認してください。

SQL*Loader-419 SQL*Loader-00419 VARRAYのロード時に、列stringのデータ型はサポートされません。
原因: 列に対するSQL*Loader制御ファイルのデータ型を使用して、VARRAYのデータをロードすることはできません。
処置: 別のデータ型を使用してください。

SQL*Loader-420 SQL*Loader-00420 列string(表string)に対してサポートされていないデータ型変換がリクエストされました。
原因: データをロードする前に、列には別の型に変換されたデータが必要です。sqlldrでは、要求された変換を行うことはできません。
処置: 列に正しいデータ型が指定されたかどうかを確認してください。

SQL*Loader-421 SQL*Loader-00421 データの変換でエラーが発生しました。
原因: 行を拒否する原因の1つとして、このメッセージが表示されます。sqlldrユーティリティは、列のデータをデータファイルのデータ型からデータベースの列のデータ型に変換しようとしました。このメッセージの後には、変換エラーを説明する別のメッセージが続きます。
処置: データを変換できるように、データファイルのデータを修正してください。

SQL*Loader-422 SQL*Loader-00422 固定要素数number(列string)が最大数numberを超えています
原因: 表のVARRAY列に指定された要素数が、VARRAY列の型の許容最大要素数を超えています。
処置: その型の許容要素数を増やすか、データファイルから不要な要素を削除してください。

SQL*Loader-423 SQL*Loader-00423 要素数が、列に対して許可される最大数を超えています
原因: データファイルからVARRAYを作成中、SQL*Loaderが列に許可される以上のVARRAY要素を見つけました。
処置: 不正なデータを持つ列の名前および行数を含む、前のエラー・メッセージを確認してください。

SQL*Loader-424 SQL*Loader-00424 表stringは、コレクション・フィールドstringを不正に参照しています。
原因: 表のWHEN、OIDまたはSID句は、コレクション内で宣言されたフィールドを参照します。
処置: SIDまたはOID句の値を持つデータを、コレクションの定義の外に移動してください。

SQL*Loader-425 SQL*Loader-00425 列stringは、コレクション・フィールドstringを不正に参照しています。
原因: NULLIFやBFILE句など列の句は、コレクション内で宣言されたフィールドを参照します。
処置: SIDまたはOID句の値を持つデータを、コレクションの定義の外に移動してください。

SQL*Loader-426 SQL*Loader-00426 VARRAYstringの要素数は、VARRAYに対するデータに従います
原因: VARRAYフィールドのCOUNT句は、VARRAYの要素数が別のデータ・フィールドに格納されていることを示します。ただし、そのデータ・フィールドは、データファイルのVARRAYデータより後に指定されています。 SQL*Loaderは、VARRAYの要素数を知るために件数のフィールドを見つける必要があります。そのため、件数のフィールドはVARRAYのデータより前にある必要があります。
処置: データ・ファイルのコレクション・データの前に、件数のフィールドを移動してください。

SQL*Loader-427 SQL*Loader-00427 フィールド条件は、非スカラー・フィールドまたはLOBフィールドstringを参照します
原因: フィールド条件は、ネストした表、VARRAY、列のオブジェクト、LOBまたはBILEフィールドのいずれかを参照しています。その他のフィールドには、これらの型のフィールドを参照できません。
処置: NULLIF、DEFAULTIFまたはWHEN句を修正して、非LOBスカラー・データ・フィールドのみを参照するようにしてください。

SQL*Loader-428 SQL*Loader-00428 フィールドstringの件数が、文字フィールドまたは整数フィールドに格納されていません。
原因: 件数のフィールドの句は、別のフィールドを参照しますが、参照されたフィールドは文字または整数のデータ型ではありません。
処置: フィールドの件数を変更して、整数または文字形式で件数を持つデータ・フィールドを参照するようにしてください。

SQL*Loader-429 SQL*Loader-00429 VARRAYの要素数が少なすぎます
原因: COUNTディレクティブがVARRAYに対して指定されましたが、見つかった要素数がCOUNTディレクティブの指定以下です。
処置: 件数が要素数に一致するように、データを修正してください。

SQL*Loader-430 SQL*Loader-00430 ネストした表でNULLは使用できません
原因: ネストした表の行がNULLに設定されました。ネストした表は、NULLフィールドを持つことができません。
処置: ネストした表にNULL行がないように、データを修正してください。

SQL*Loader-431 SQL*Loader-00431 ネストした表の列stringに無効なNULLIF句またはDEFAULTIF句が指定されました
原因: ネストした表の行は、NULLに設定できません。ネストした表を形成する行を定義する要素に、NULLIF句が指定されると、SQLLDRがこのエラーを表示します。また、DEFAULTIF句が、名前の付いた型の要素に指定された場合も、このエラーが表示されます。これは、DEFAULTIFがTRUEと評価すると、SQLLDRがNULLに名前付きの型を設定するためです。
処置: なし

SQL*Loader-432 SQL*Loader-00432 変換したデータが大きすぎます。
原因: このメッセージの前のメッセージに、行および列が表示されます。入力ファイルのデータ型から、データベースの列のデータ型に変換するための十分な領域がない場合、このメッセージが表示されます。
処置: データベース・フィールドに合うように、データを変更してください。

SQL*Loader-433 SQL*Loader-00433 列オブジェクトstring(表string)の属性が見つかりません。
原因: 制御ファイルで名前が付けられた列オブジェクトの属性がロードされていません。これは、制御ファイルの列オブジェクトの定義にあるすべてのフィールドが、FILLERフィールドとして作成されている場合に発生します。
処置: 列オブジェクトにロードする属性を指定するか、または制御ファイルから列オブジェクトを削除してください。

SQL*Loader-434 SQL*Loader-00434 LOB/XMLを親表とともにネストした表にロードすることはできません。
原因: LOBおよびXMLデータを親表とともにネストした表にロードすることは、サポートされていません。
処置: LOBまたはXML列を親表とは別に、ネストした表にロードしてください。

SQL*Loader-435 SQL*Loader-00435 無効な定数値stringがネストした表の列stringにあります
原因: ネストした表の列のSETIDに対して定数値が指定されました。文字定数をSETIDに変換する間にエラーが発生しました。
処置: 定数文字列に有効な16進文字が含まれていることと、16進文字が32文字あることを確認してください。

SQL*Loader-436 SQL*Loader-00436 GUIDの変換でエラーが発生しました
原因: メッセージが示すフィールドの値が、メッセージが示す列の移入に使用されました。列はSet IDまたはObject IDのため、フィールドを変換する必要があります。このメッセージは、変換エラーが発生したことを示します。文字フィールドの場合は、16進の文字数が多すぎるか少なすぎることが原因で変換エラーが発生した可能性があります。また、フィールドの1文字以上が有効な16進文字でない可能性があります。フィールドにRAWデータが含まれている場合は、フィールドに対して指定されたバイト数が多すぎるか、または少なすぎます。
処置: データを修正して行を再ロードしてください。

SQL*Loader-440 SQL*Loader-00440 REFの有効範囲に指定された表が無効です
原因: REFディレクティブの一部が、表名またはREFが参照する表の名前を含む別のフィールド名を指定します。
処置: 参照する表の名前を正しく指定してください。

SQL*Loader-456 SQL*Loader-00456 number個の要素の後、コレクションの終わりが見つかりました(number個の要素の検索時)。
原因: VARRAYまたはネストした表の列に件数の値が指定され、行数は指定した行数以下です。
処置: フィールドの件数の値が正しいか、コレクションに欠落したデータがないかどうかを確認してください。

SQL*Loader-457 SQL*Loader-00457 CONTINUEIF LASTの比較テキストの長さはnumberではなく1にする必要があります
原因: 比較するテキストが長すぎます。1文字にする必要があります。
処置: 比較するテキストを1文字に削減してください。

SQL*Loader-458 SQL*Loader-00458 CONTINUEIF LASTの比較テキスト('string')は空白にはできません
原因: 比較するテキストが空白文字(空白やタブ)になっています。
処置: 比較するテキストを空白文字以外に変更してください。

SQL*Loader-459 SQL*Loader-00459 列(string)で順序の数値をフェッチ中にエラーが発生しました。
原因: 順次列で数値以外の値を取得しようとしました。
処置: 順次列のデータが数値であることを確認して、操作を再試行してください。

SQL*Loader-460 SQL*Loader-00460 列(string)、使用フォーム(number)が、(number)のキャラクタ・セットIDと一致しません。
原因: 使用フォームを持つ列が、同じ使用フォームを持つ前の列と同じキャラクタ・セットIDを持っていません。
処置: これは発生してはならないエラーです。オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡し、ロードされている表のDDL、SQL*Loaderの制御ファイルに関する情報を提供してください。8.1で追加されました。

SQL*Loader-461 SQL*Loader-00461 列stringのデータ型は、ダイレクト・パス・ロードがサポートされていません
原因: 指定した列のデータ型は、ダイレクト・パス・ロードで使用できない型です。
処置: データ型が、従来型パスでサポートされる場合は、それを使用して表をロードしてください。

SQL*Loader-462 SQL*Loader-00462 列: string、行: number(表: string )へのLOBの挿入でエラーが発生しました
原因: 行にLOBを書き込もうとしている間に、エラーが発生しました。
処置: LOBがロードされなかった原因、sqlldrの動作(ある場合)およびエラーが発生した場所については、付随するメッセージを参照してください。

SQL*Loader-463 SQL*Loader-00463 LOBのセカンダリ・データファイルはstringです
原因: エラーが発生したとき、LOBの移入に使用されていたセカンダリ・データファイルです。
処置: なし

SQL*Loader-464 SQL*Loader-00464 LOBの開始のためのファイル・オフセットはstringです
原因: エラーが発生したときに書き込まれたLOBの起動を含む、セカンダリ・データファイルへのオフセットを示します。
処置: なし

SQL*Loader-465 SQL*Loader-00465 %sディレクティブの引数はnumber個ですが、number個見つかりました
原因: COUNT()やBFILE()などのディレクティブが、SQL*Loader制御ファイルに指定されました。このディレクティブは固定数の引数を指定しますが、SQL*Loader制御ファイルには異なる数の引数があります。
処置: ディレクティブが正しい数の引数を含むように、SQL*Loader制御ファイルを修正してください。

SQL*Loader-466 SQL*Loader-00466 列stringが表stringにありません。
原因: SQL*Loader制御ファイルが、存在しない表の列を指定しました。
処置: なし

SQL*Loader-467 SQL*Loader-00467 属性stringは型string(表string)に存在しません。
原因: SQL*Loader制御ファイルが、指定された型には存在しない属性を指定しました。その型を持つ表も、エラー・メッセージに示されます。
処置: SQL*Loader制御ファイルで、正しいスキーマの正しい表が指定されているかどうかを確認してください。また、列名の綴りが正しいかどうかも確認してください。

SQL*Loader-468 SQL*Loader-00468 OID句の引数は1つですが、number見つかりました。
原因: 複数の引数がOID句に指定されました。
処置: OIDに使用する値を含むフィールドの名前を指定してください。表のOIDがユーザー定義の場合は、制御ファイルでOID句を使用しないでください。

SQL*Loader-469 SQL*Loader-00469 SID句の引数は1つですが、number見つかりました。
原因: 複数の引数がSID句に指定されました。
処置: SID句でSIDに使用する値を含むフィールドの名前のみを指定してください。

SQL*Loader-470 SQL*Loader-00470 表stringにはシステム生成のOIDがありません。
原因: OID句を表に指定しましたが、表がオブジェクト表ではないか、またはオブジェクト表であるが、行のOIDが生成されたシステムではないかのいずれかです。
処置: 正しい表をロードしているかどうかを確認してください。ロードしている場合、この表にOID句を指定する必要はありません。表がオブジェクト表で、システムがOIDを生成し、表の各行に割り当てるOIDを指定する場合にのみ、OIDを使用してください。

SQL*Loader-471 SQL*Loader-00471 OIDまたはSID句にCONSTANT引数があります
原因: オブジェクト表のOID句またはネストした表の列のSID句で、引数としてCONSTANTを指定しました。これらの列の値は一意である必要があるため、値に定数を指定できません。
処置: FILLERフィールドの各行にOIDを格納して、そのFILLERフィールドの名前を引数として指定してください。

SQL*Loader-472 SQL*Loader-00472 コレクションは、FILLERフィールド以外の指定を1つのみ包むことができます
原因: 複数のFILLERフィールドでない指定が、コレクション・フィールドのメンバー・フィールド・リストで見つかりました。
処置: 『Oracle Databaseユーティリティ』で正しい構文を参照してください。特定のコレクションを形成する複数の属性がある場合、これは、COLUMN OBJECTのフィールド指定の構文を使用して指定されるオブジェクト型のコレクションです。

SQL*Loader-473 SQL*Loader-00473 コレクションはネストできません。
原因: 1つのコレクション型のフィールド説明を、別のフィールドにネストできません。
処置: コレクションのネストがSQL*Loader制御ファイルで試行されているかどうかを確認してください。誤りを修正してください。

SQL*Loader-474 SQL*Loader-00474 列string、表string、行numberの動的ファイルに値が設定されていません。
原因: 指定した列のデータが、動的LOBFILEまたはSDFにあります。このフィールドのデータを持つファイルの名前があるフィールドが設定されていないか、NULLのとき、このメッセージが戻されます。これは、データファイルのレコードが、SQL*Loader制御ファイルによって記述された形式と一致しないためです。
処置: データファイルまたはSQL*Loader制御ファイルのエラーを修正してください。

SQL*Loader-475 SQL*Loader-00475 動的ファイル名のフィールドは、string(表string)です。
原因: このメッセージは、SQL*Loader-00474のメッセージの後に、常に表示されます。
処置: なし

SQL*Loader-476 SQL*Loader-00476 コレクションの要素数が設定されていないか、NULLまたは0(ゼロ)が使用されています。
原因: このメッセージは、問題のある列および行を指定するメッセージに続いて表示されます。このメッセージは、前のメッセージのコレクション・フィールドが、別のフィールドに格納されたコレクションに要素数を持っていることを示します。件数を含むフィールドが値を持っていないか、NULLに設定される場合に、このメッセージが表示されます。その場合、SQL*Loaderは0(ゼロ)を要素数として使用します。
処置: 0(ゼロ)がコレクションに対する要素数ではない場合、データファイルのデータを修正してください。

SQL*Loader-477 SQL*Loader-00477 フィールドstringのREFディレクティブには、引数が少なくとも2つ必要です
原因: SQL*Loader制御ファイルに、フィールドのREFディレクティブがありますが、ディレクティブに指定された引数は1つのみです。REFディレクティブには、常に2つ以上の引数が必要です。
処置: REFディレクティブに足りない引数を指定してください。REFが有効範囲付きであっても、REFディレクティブには、常に表名を指定する必要があります。

SQL*Loader-478 SQL*Loader-00478 LOBFILEまたはSDFのファイル名が欠落しているため、続行できません。
原因: LOBFILEまたはSDF名が欠落しているか、現行の行のNULLになっています。SQL*Loaderが、次の行へのLOBの取得方法を判断できないため、ロードを続行できません。
処置: LOBFILEおよびSDF名を含むすべてのフィールドに有効値が存在するように、データ・ファイルを修正してください。

SQL*Loader-479 SQL*Loader-00479 列stringのREFディレクティブではnumber個の引数を予想していますが、number個が検出されました。
原因: 列のREFディレクティブにある引数の数に誤りがあります。
処置: REFの引数の正しい数を指定してください。REFディレクティブには常に表名が必要であることに注意してください。また、主キーのREFには、主キーの各フィールドに1つの引数が必要であることにも注意してください。

SQL*Loader-480 SQL*Loader-00480 EXPRESSIONはコレクションの要素とともに使用されない場合があります。
原因: EXPRESSIONキーワードには、必要なSQL文字列式が続き、入力データ・ファイルの値のかわりに、SQL文字列式の結果を含む列のロードに使用されます。ただし、この機能は、コレクション要素では使用できません。
処置: 制御ファイルのコレクション要素から、EXPRESSIONキーワードおよび関連するSQL文字列を削除してください。

SQL*Loader-481 SQL*Loader-00481 HIDDENは非スカラー・フィールドとともに使用されない場合があります。
原因: HIDDENキーワードは、スカラー・フィールドでのみ使用できます。
処置: 制御ファイルの非スカラー・フィールドから、HIDDENキーワードを削除してください。

SQL*Loader-486 SQL*Loader-00486 SQL文字列はコレクション・フィールドstringには指定できません
原因: ネストした表またはVARRAYのフィールドの記述の一部として、SQL文字列が指定されました。VARRAYまたはネストした表へのフィールドのロードには、SQL文字列を使用できません。
処置: フィールド記述からSQL文字列を削除してください。コレクションの列にロードする値を含むように、データファイルを変更してください。

SQL*Loader-487 SQL*Loader-00487 コレクションstringにはCOUNT句が必要です
原因: SQL*Loader制御ファイルにVARRAYまたはネストした表が定義されており、VARRAYまたはネストした表のフィールドはすべてSQL*Loaderにより生成され、データファイルからは取り込まれません。 SQL*Loaderでは、行ごとにVARRAYまたはネストした表に追加する要素数が認識されるように、COUNT句を指定する必要があります。
処置: VARRAYまたはネストした表の定義に、COUNT句を追加してください。

SQL*Loader-488 SQL*Loader-00488 %sは、フィラー・フィールドstringの名前付きコレクション型ではありません
原因: SQL*Loader制御ファイルのVARRAYまたはNESTED TABLEフィールドに対して、FILLERオプションが指定されました。ただし、フィールドに指定された型名は、VARRAY型またはNESTED TABLE型の名前ではありません。
処置: 正しい型名が指定されていることを確認してください。型が異なるスキーマ内で定義されている場合は、正しいスキーマ名が指定されていることも確認してください。

SQL*Loader-489 SQL*Loader-00489 オブジェクト表string、行numberにNULLオブジェクトは挿入できません
原因: このオブジェクト列用に指定したデータが、制御ファイル、LOBファイルまたはセカンダリ・データファイルにありません。
処置: この列用の有効なデータを当該のファイルに入れてから、SQL*Loaderを起動してこの表にデータをロードしてください。

SQL*Loader-500 SQL*Loader-00500 ファイル(string)をオープンできません
原因: SQL*Loaderが、指定されたファイルをオープンできませんでした。
処置: ログ・ファイルに記録されたオペレーティング・システムのエラー・メッセージを確認してください。

SQL*Loader-501 SQL*Loader-00501 ファイル(string)を読み込めません
原因: SQL*Loaderが、指定されたファイルを読み取れませんでした。
処置: ログ・ファイルに記録されたこのメッセージに続く、オペレーティング・システムのエラー・メッセージを確認してください。

SQL*Loader-502 SQL*Loader-00502 データファイル'string'(フィールドstring、表string)をオープンできません
原因: LOBFILEまたはセカンダリ・データファイルのオープンに失敗しました。
処置: オープンに失敗した理由については、このメッセージに続く、オペレーティング・システムのエラー・メッセージを確認してください。正しい名前が、LOBFILEまたはSDFに指定されたかどうかを確認してください。

SQL*Loader-503 SQL*Loader-00503 ファイルstringに拡張子を追加中にエラーが発生しました
原因: SQL*Loaderがデフォルトの拡張子を追加して、ファイル名を作成できませんでした。指定したファイル名が長すぎるか、ファイル名に無効な文字が含まれている可能性があります。
処置: 指定したファイル名を確認してください。

SQL*Loader-504 SQL*Loader-00504 ファイルstringのレコードをスキップ中にエラーが発生しました
原因: SQL*Loaderが、ファイルをオープンできなかったか、ファイルからの読取りに失敗しました。
処置: ファイルが想定されている位置にあること、および読込みアクセス権が付与されていることを確認してください。

SQL*Loader-505 SQL*Loader-00505 LOBFILE読取り中にエラーが発生しました
原因: セカンダリ・データファイルの読取りに失敗しました。
処置: 詳細は、このメッセージに続く、オペレーティング・システムのエラー・メッセージを確認してください。

SQL*Loader-506 SQL*Loader-00506 SDFまたはLOBFILEstring(列string、表string)の読取り中にフォーマット・エラーが発生しました
原因: 指定されたLOBFILEまたはSDFファイルのレコード形式に誤りがあります。
処置: ファイルのレコード形式の問題を修正してください。

SQL*Loader-507 SQL*Loader-00507 SDFまたはLOBFILEstringの読取り(列string、表string)で予期しないEOFが読み込まれました
原因: 現行の行のデータが見つかる前に、セカンダリ・データファイルまたはLOBFILEのEOFに達しました。
処置: ファイルがLOBFILEの場合、フィールドに正しいデータ型が指定されたかどうかを確認してください。ファイルがセカンダリ・データファイルの場合、レコード形式がSQL*Loader制御ファイルで、正しく指定されたかどうかを確認してください。

SQL*Loader-508 SQL*Loader-00508 データファイルstringのレコード・フォーマットでエラーが発生しました
原因: データファイルで見つかったデータが、SQL*Loader制御ファイルのレコード形式に対応していません。
処置: データファイルのすべてのレコードが、SQL*Loader制御ファイルに記述されている形式と一致するかどうかを確認してください。

SQL*Loader-509 SQL*Loader-00509 システム・エラー: string
原因: 処理中に、プラットフォーム固有のエラーが戻されました。このメッセージは、エラーのテキストを表示します。
処置: なし

SQL*Loader-510 SQL*Loader-00510 データファイル(string)の物理レコードが最大長(number)を超えています
原因: データ・ファイル内の物理レコードが長すぎます。
処置: CONCATENATEまたはCONTINUEIFを使用してください。物理レコードを分割してください。

SQL*Loader-511 SQL*Loader-00511 read関数を初期化できません。
原因: SQL*Loaderが、read関数を初期化できませんでした。
処置: 詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のエラーを確認してください。

SQL*Loader-512 SQL*Loader-00512 読取りバッファを解放できません
原因: 内部エラーが発生しました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-513 SQL*Loader-00513 ファイル(string)をクローズできません
原因: SQL*Loaderが、指定されたファイルをクローズできませんでした。
処置: 詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のエラーを確認してください。

SQL*Loader-514 SQL*Loader-00514 経過時間の取得に失敗しました。
原因: SQL*Loaderが、システムからの経過時間の取得に失敗しました。
処置: 処置は必要ありません。

SQL*Loader-515 SQL*Loader-00515 CPUタイムの取得に失敗しました。
原因: SQL*Loaderが、システムからのCPUタイムの取得に失敗しました。
処置: 処置は必要ありません。

SQL*Loader-516 SQL*Loader-00516 制御ファイル(string)の内容が空です
原因: 指定されたファイルの内容が空でした。
処置: 意図したファイルが参照され、そのファイルが空ではないかどうかを確認してください。

SQL*Loader-517 SQL*Loader-00517 ファイル名(string)の分解に失敗しました
原因: SQL*Loaderが、ファイル名を複数の部分に分解できませんでした。
処置: ファイル名に無効な文字が含まれていないかどうかを確認してください。

SQL*Loader-518 SQL*Loader-00518 ファイル名(string)の再構成に失敗しました
原因: SQL*Loaderが、複数の部分を再構成してファイル名を作成できませんでした。
処置: ファイル名に無効な文字が含まれていないかどうかを確認してください。

SQL*Loader-520 SQL*Loader-00520 ファイル(string)でlfimknamに失敗しました。
原因: LFIが、ファイルの名前オブジェクト作成に失敗しました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-521 SQL*Loader-00521 ファイル(string)でlfiliniに失敗しました。
原因: LFIが、ファイルのファイル・オブジェクトの作成または初期化に失敗しました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-522 SQL*Loader-00522 ファイル(string)でlfiopnに失敗しました。
原因: LFIがファイルのオープンに失敗しました。
処置: オペレーティング・システムのエラーまたはメモリーの問題(あるいはその両方)を確認してください。

SQL*Loader-523 SQL*Loader-00523 エラーnumberが、ファイル(string)への書込み中に発生しました
原因: 指定したファイルに書き込めませんでした。
処置: 次の点を確認してください。ファイルが指定された位置に常駐していること。そのファイルへの書込み権限があること。ディスク領域が十分あること。ディスクの割当て制限を超えていないこと。これらの条件がすべて満たされている場合は、操作を再試行してください。

SQL*Loader-524 SQL*Loader-00524 データファイル(string)の終わりで不完全なレコードが見つかりました。
原因: 指示されたデータ・ファイルの終わりで、不完全なレコードが見つかりました。
処置: データ・ファイルの最後のレコードが完全で、正しい終了文字を持っているかどうかを確認してください。また、固定長レコードが使用中の場合、1つのレコードに対するプラットフォーム固有の長さを超えるレコードがないかどうかを確認してください。

SQL*Loader-525 SQL*Loader-00525 OCIリターン状態: 成功。
原因: OCIコールによって戻された状態コードが表示されます。
処置: 詳細は、前後のメッセージを参照してください。

SQL*Loader-526 SQL*Loader-00526 OCIリターン状態: 成功(戻り情報あり)。
原因: OCIコールによって戻された状態コードが表示されます。
処置: 詳細は、前後のメッセージを参照してください。

SQL*Loader-527 SQL*Loader-00527 OCIリターン状態: データがありません。
原因: OCIコールによって戻された状態コードが表示されます。
処置: 詳細は、前後のメッセージを参照してください。

SQL*Loader-528 SQL*Loader-00528 OCIリターン状態: エラー。
原因: OCIコールによって戻された状態コードが表示されます。
処置: 詳細は、前後のメッセージを参照してください。

SQL*Loader-529 SQL*Loader-00529 OCIリターン状態: 無効なハンドル。
原因: OCIコールによって戻された状態コードが表示されます。
処置: 詳細は、前後のメッセージを参照してください。

SQL*Loader-530 SQL*Loader-00530 OCIリターン状態: データが必要です。
原因: OCIコールによって戻された状態コードが表示されます。
処置: 詳細は、前後のメッセージを参照してください。

SQL*Loader-531 SQL*Loader-00531 OCIリターン状態: 実行中。
原因: OCIコールによって戻された状態コードが表示されます。
処置: 詳細は、前後のメッセージを参照してください。

SQL*Loader-532 SQL*Loader-00532 OCIリターン状態: 続行
原因: OCIコールによって戻された状態コードが表示されます。
処置: 詳細は、前後のメッセージを参照してください。

SQL*Loader-533 SQL*Loader-00533 OCIリターン状態: 不明、値はnumber
原因: 不明の状態がOCIコールによって戻されました。
処置: 詳細は、前後のメッセージを参照してください。

SQL*Loader-551 SQL*Loader-00551 内部エラー: slfの初期化エラーです。
原因: ファイルI/Oコンポーネントを初期化しようとしましたが、内部エラーが発生しました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-552 SQL*Loader-00552 ファイルをオープンする権限がありません。
原因: SQL*Loaderが、ファイルをオープンするために必要な権限を持っていません。
処置: 適切なファイルが指定されたかどうか、およびファイルが適切な権限を持っているかどうかを確認してください。

SQL*Loader-553 SQL*Loader-00553 ファイルが見つかりません。
原因: 指定されたファイルが見つかりません。
処置: ファイル名および位置が正しいかどうかを確認してください。

SQL*Loader-554 SQL*Loader-00554 ファイルのオープンでエラーが発生しました。
原因: ファイルのオープン中にエラーが発生しました。他に情報はありません。
処置: ファイルがアクセス可能であることを確認してください。

SQL*Loader-555 SQL*Loader-00555 認識できない処理オプションです。
原因: ファイルに指定された処理オプションを処理できません。
処置: ファイルに指定された処理オプションの構文が、SQL*Loaderを実行するプラットフォームで有効であることを確認してください。

SQL*Loader-556 SQL*Loader-00556 読取りバッファを割当てできません。
原因: 読込みバッファの割当てに失敗しました。
処置: 可能な場合は、読込みバッファに小さいサイズを指定してください。

SQL*Loader-557 SQL*Loader-00557 メモリーを割当てできません。
原因: ファイルのI/Oを追跡するためのメモリーの割当てに失敗しました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-558 SQL*Loader-00558 リンクされたローダーにSKIPパラメータを使用しようとしました
原因: リンクされたファイル・プロセッサにSKIPパラメータが指定されました。
処置: この場合、SKIPパラメータを使用しないでください。

SQL*Loader-559 SQL*Loader-00559 ファイルのクローズでエラーが発生しました。
原因: ファイルのクローズ中に、エラーが発生しました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-560 SQL*Loader-00560 ファイルの読取りでエラーが発生しました。
原因: ファイルの読込み中に、エラーが発生しました。
処置: ファイルがアクセス可能であることを確認してください。

SQL*Loader-561 SQL*Loader-00561 end-of-file
原因: end-of-fileに達しました。
処置: なし

SQL*Loader-562 SQL*Loader-00562 レコードが大きすぎます。
原因: ファイルのレコードが、読取りバッファよりも大きいです。
処置: ファイルが破損していないことを確認してください。破損していない場合、読込みバッファに大きいサイズを指定してください。

SQL*Loader-563 SQL*Loader-00563 VARレコードの長さが正しくありません。
原因: VARレコードの長さ部分が、数値でないデータを含んでいます。
処置: ファイルのデータを修正してください。

SQL*Loader-564 SQL*Loader-00564 レコード・デリミタに無効な16進リテラルが指定されました
原因: ファイルにレコード・デリミタを含む16進リテラルは、有効な16進文字列を含んでいません。
処置: ファイルの処理オプションに、適切な16進値が指定されていることを確認してください。

SQL*Loader-565 SQL*Loader-00565 スキップ中に予期しないエラーが発生しました
原因: レコードのスキップ中に、予期しないエラーが発生しました。
処置: このエラーに続いて、エラーの詳細を表示するメッセージが表示されます。

SQL*Loader-566 SQL*Loader-00566 データファイルの終わりで不完全なレコードが見つかりました
原因: ファイルの終わりで、不完全なレコードが見つかりました。
処置: データ・ファイルの最後のレコードが完全で、正しい終了文字を持っているかどうかを確認してください。

SQL*Loader-567 SQL*Loader-00567 ファイル名を導出できません
原因: データファイル、不良ファイル、廃棄ファイルまたはログ・ファイルの名前の作成中にエラーが発生しました。
処置: SQL Loaderを使用してこれらのファイル名を作成するのではなく、制御ファイル上またはSQL Loaderコマンドライン上で完全なファイル指定を行ってください。

SQL*Loader-568 SQL*Loader-00568 ファイルへの書込み中にエラーが発生しました
原因: ファイルへの書込み中に予期しないエラーが発生しました。このメッセージに続いて、エラーの詳細を示すメッセージが表示されます。
処置: なし

SQL*Loader-569 SQL*Loader-00569 READSIZEパラメータがプラットフォームの最大値stringを超えています
原因: SQL LoaderコマンドラインのREADSIZEパラメータに指定された値が、SQL Loaderコマンドライン実行中のプラットフォームで許容されている最大値を超えています。
処置: プラットフォームで許容された最大値より小さくなるようにREADSIZEパラメータのサイズを減らしてください。

SQL*Loader-600 SQL*Loader-00600 numberバイトのバインド・サイズは、1行を保持するためにnumberバイト増加しました。
原因: 単一行を格納するために必要な領域が、指定されたバインド・サイズを超えています。バインド・サイズに使用されている値は、より大きいサイズの領域を処理できるように増加します。
処置: 処置は必要ありません。このエラー・メッセージの新しい値がバインド・サイズに指定されると、このメッセージは表示されなくなります。

SQL*Loader-601 SQL*Loader-00601 INSERTオプションの場合、表は空である必要があります。表stringでエラーが発生しました。
原因: INSERTオプションで、空ではない表がロードされています。
処置: REPLACEキーワードを使用して古い表を空にしてから、その位置に新しいデータを格納してください。APPENDキーワードを使用して、表の内容を保持したまま、新しいデータを追加してください。

SQL*Loader-602 SQL*Loader-00602 最大変換長number(列string)がバインド配列に対して大きすぎます。
原因: この列は、指定されたキャラクタ・セット変換を実行できず、システムの連続したメモリー領域に格納されたままになっています。
処置: より短いデータ列を指定するか、またはキャラクタ・セット変換を削除してください。

SQL*Loader-603 SQL*Loader-00603 最大長number(列string)がバインド配列に対して大きすぎます。
原因: 指定された列をシステムの連続したメモリー領域に格納できません。
処置: 短いデータ列を指定してください。

SQL*Loader-604 SQL*Loader-00604 コミットの実行時にエラーが発生しました。
原因: 変更点をデータベースにコミットしようとしたときに、エラーが発生しました。
処置: 詳細は、ログ・ファイル内のメッセージを参照してください。

SQL*Loader-605 SQL*Loader-00605 データに依存しないOracleエラーが発生しました — ロードが停止しました。
原因: データに関係なくエラーが発生しました。たとえば、領域不足の場合などです。この時点より後のデータは拒否されるため、ロードは停止します(このエラーがデータに依存していた場合は、残りの行は正常にロードされるはずです)。
処置: 詳細は、ログ・ファイル内のメッセージを参照してください。

SQL*Loader-606 SQL*Loader-00606 INTO TABLE句のオブジェクトstring はローカル表ではありません。
原因: SQL*Loader制御ファイル内のINTO TABLE句で指定されているシノニムは、データベース・リンクを使用してリモート・オブジェクトを指定しています。既存のローカル表に使用されるシノニムのみが、INTO TABLE句で指定できます。
処置: ローカルの表名またはローカル表に使用されるシノニムを、INTO TABLE句で完全に指定してください。表はすでに存在している必要があります。

SQL*Loader-607 SQL*Loader-00607 INSERTオプションのパーティションが空ではありません(表string、パーティションstring)。
原因: 空でないパーティションに対してINSERTオプションを使用しようとしました。
処置: パーティションを空にするか、REPLACEまたはTRUNCATEオプションを使用してください。

SQL*Loader-608 SQL*Loader-00608 INSERTオプションのサブパーティションが空ではありません(表string、サブパーティションstring)。
原因: 空でないサブパーティションに対してINSERTオプションを使用しようとしました。
処置: サブパーティションを空にするか、REPLACEまたはTRUNCATEオプションを使用してください。

SQL*Loader-609 SQL*Loader-00609 ROWSパラメータに使用される値がnumberからnumberに変更されました
原因: SQL*Loaderが、ROWSパラメータに使用していた値を、レポートされた新規の値に調整しました。これは、エラーではなく情報メッセージです。BINDSIZEで指定されたメモリーが小さいために指定された行数のデータを保持できない場合、SQL*LoaderはROWSパラメータの値を調整します。また、従来型パスによるロードの場合、値が65535以上であれば ROWSパラメータの値を変更します。従来型パスによるロードの場合、一度にロードできる最大行数は65534行です。
処置: 従来型パスによるロードに関する65534行という制限に達していない場合は、BINDSIZEの値を増やしてみてください。

SQL*Loader-620 SQL*Loader-00620 先頭の囲み文字が見つかりません
原因: 必須の左囲みデリミタがありません。現行のフィールドの左囲みデリミタが欠落しているか、または前のフィールドの同一の右デリミタが欠落しています。
処置: 不足しているデリミタを指定してください。

SQL*Loader-621 SQL*Loader-00621 データ・ファイルのフィールドが最大長を超えています
原因: フィールドが、許可される最大長を超えました。最大長は、SQL*Loader制御ファイルで指定されている長さか、または長さが指定されずデリミタで区切ることができるフィールドについては、デフォルトの最大長(255バイト)になります。
処置: 欠落しているデリミタを調べてください。またはフィールドを短縮してください。必要な場合は、両方を行ってください。

SQL*Loader-622 SQL*Loader-00622 論理レコードが終了する前に列が見つかりませんでした。(TRAILING NULLCOLSを使用)
原因: 指定したすべてのフィールドが検出される前に、論理レコードが終了しました。
処置: 欠落フィールドをNULLでロードする場合は、TRAILING NULLCOLS句を使用してください。または、データを修正してください。

SQL*Loader-623 SQL*Loader-00623 2番目の囲み文字列がありません
原因: 右側の囲みデリミタが検出される前に、レコードの論理的終了またはLOBFILEの終わりに達しました。
処置: データファイルを修正して、欠落しているデリミタを入れてください。

SQL*Loader-624 SQL*Loader-00624 TERMINATEDとENCLOSEDフィールドに続く終了記号がありません。
原因: 囲みフィールドが終了した後に終了デリミタがありませんでした。
処置: 欠落している終了デリミタを入れてください。

SQL*Loader-625 SQL*Loader-00625 制御ファイル内でマルチバイト・キャラクタ・エラーが発生しました。
原因: SQL*Loader制御ファイル内で、不完全なマルチバイト・キャラクタ文字列が検出されました。
処置: SQL*Loader制御ファイルを編集して、すべてのマルチバイト・キャラクタ・データが有効であるかどうかを確認してください。

SQL*Loader-626 SQL*Loader-00626 キャラクタ・セット変換バッファがオーバーフローしました。
原因: データ・ファイル・キャラクタ・セットからクライアント・キャラクタ・セットへの変換には、変換バッファに割り当てられていたものより多くの領域が必要でした。変換バッファのサイズは、VARCHAR2列の最大サイズによって制限されます。
処置: 入力レコードが拒否されました。データが列に収まりません。

SQL*Loader-627 SQL*Loader-00627 キャラクタ・セット変換グラフは使用不可です。
原因: データ・ファイル・キャラクタ・セットからクライアント・キャラクタ・セットへの変換は、変換グラフが使用不可なために失敗しました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。NLSRTLインストールを確認してください。

SQL*Loader-628 SQL*Loader-00628 キャラクタ・セット変換エラーです。
原因: キャラクタ・セット変換エラーが発生しました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。NLSRTLインストールを確認してください。エラーが出力される、再現可能なテスト・ケースを提供してください。

SQL*Loader-640 SQL*Loader-00640 可変長フィールドが切り捨てられました。
原因: 可変長フィールドの終わりになる前に、論理レコードの終わりに達しました。それぞれの可変長フィールドの長さはフィールドに埋め込まれているため、SQL*Loaderはこの後にもデータが続くことを認識しています。
処置: データを調べて不注意による切捨てを確認し、ログ・ファイルに対するSQL*Loader制御ファイル指定を確認してください。フィールドが誤った場所で起動している可能性があります。

SQL*Loader-641 SQL*Loader-00641 無効なパック10進数ニブルです。
原因: パック10進数フィールドのそれぞれのバイトは、2つのニブル(4ビット)で構成されています。各ニブルは、有効な値を持つ必要があります。
処置: ログ・ファイルに対するSQL*Loader制御ファイルの指定を確認し、フィールド位置を正しく指定してください。また、フィールドの内容も確認してください。

SQL*Loader-642 SQL*Loader-00642 フィールド相対開始位置の方が絶対終了位置よりも大きいです。
原因: POSITION(*+n:y)として指定されたフィールドが、絶対位置yの後に発生しています。
処置: デリミタが欠落していないことと、nとyの値が正しいことを確認してください。

SQL*Loader-643 SQL*Loader-00643 表stringに対してINSERT文の実行中にエラーが発生しました。
原因: 表にデータを入力中に、致命的エラーが発生しました。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラー・メッセージを参照してください。いずれかの列にSQL文字列を指定した場合、文字列が正しいかどうかを確認してください。特に、カッコおよび引用符が正しく使用されているかどうかを確認してください。別の形式エラーです。

SQL*Loader-644 SQL*Loader-00644 可変長フィールドの長さの読取り中に論理レコードの終わりを検出しました。
原因: 可変長フィールドの長さの読込み中に、論理レコードの終わりに達しました。
処置: SQL*Loader制御ファイルにデータが正しく記述されているかどうかと、データファイルのデータがSQL*Loader制御ファイルの記述と一致するかどうかを確認してください。

SQL*Loader-645 SQL*Loader-00645 文字長フィールドの数値への変換中にエラーが発生しました
原因: VARCHARCまたはVARRAWCフィールドのカウント部分を含む文字の変換中に、エラーが発生しました。
処置: 列に対するカウント部分の値が正しいかを確認してください。

SQL*Loader-646 SQL*Loader-00646 列: string、行: number (表: string )でLOBがEMPTYに設定されました。
原因: LOBのロード中に、エラー(LOBFILEの解析エラーなど)が発生しました。行は表に残留し、LOB列はEMPTYに初期化されます。別のレコードのロードは続行します。
処置: 付随するメッセージを参照してデータ・ファイルを修正し、再ロードしてください。

SQL*Loader-647 SQL*Loader-00647 整数から数値への変換エラー
原因: 整数からOracleの数値書式への変換中にエラーが発生しました。
処置: データ・ファイルの整数フィールドが、有効な整数であることを確認してください。INTEGER(N)構文が使用されている場合は、指定した長さが有効であることを確認してください。

SQL*Loader-649 SQL*Loader-00649 引用符付き文字列に閉じる引用符がありません。
原因: 制御ファイルで、引用符付き文字列の閉じる引用符がありません。
処置: 閉じる引用符を挿入してください。

SQL*Loader-650 SQL*Loader-00650 列string、行number、表stringに対して不完全なLOBデータが書き込まれました
原因: ダイレクト・パスを使用してLOBをロード中に、エラー(LOBFILEの解析エラーなど)が発生しました。行は表に残り、LOB列は不完全です。別のレコードのロードは続行します。
処置: 付随するメッセージを参照してデータ・ファイルを修正し、再ロードしてください。

SQL*Loader-651 SQL*Loader-00651 列string、行number、表stringに対するLOBをスキップ中にエラーが発生しました
原因: LOBのスキップ中に、エラー(LOBFILEの解析エラーなど)が発生しました。
処置: 付随するメッセージを参照してデータ・ファイルを修正し、再ロードしてください。

SQL*Loader-652 SQL*Loader-00652 無効なゾーン10進数バイトです。
原因: ゾーン10進数フィールドのそれぞれのバイトは、使用されるキャラクタ・セット・エンコーディングに基づく有効な値を持っている必要があります。ASCIIに準拠したゾーン10進数は、『VAX Architecture Reference Manual』で指定された書式に従う必要があります。EBCDICに準拠したゾーン10進数は、『ESA/390 Principles of Operations, version 8.1』で指定された書式に従う必要があります。
処置: ログ・ファイルに対するSQL*Loader制御ファイルの指定を確認し、フィールド位置を正しく指定してください。また、フィールドの内容も確認してください。

SQL*Loader-653 SQL*Loader-00653 XMLデータが列string、行number、表stringでNULLに設定されました
原因: XML列へのLOBのロード中に、エラー(LOBFILEの解析エラーなど)が発生しました。行は表に残り、XML列はNULLに初期化されます。別のレコードのロードは続行します。
処置: 付随するメッセージを参照してデータ・ファイルを修正し、再ロードしてください。

SQL*Loader-654 SQL*Loader-00654 可変長フィールドが最大長を超えています。
原因: 可変長フィールド(先頭に長さサブフィールドが付いている)が最大長を超えています。最大長は、SQL*Loader制御ファイルで指定されている長さか、または指定されていない場合はデフォルト(4KB)になります。
処置: フィールドとその長さを短くしてください。

SQL*Loader-655 SQL*Loader-00655 ダイレクト・パスを使用するオブジェクト・リレーショナルXML属性はロードできません
原因: ロードする表に、オブジェクト・リレーショナル格納タイプのXML属性を含む列オブジェクトがあります。この種の属性は、ダイレクト・パスでロードできません。
処置: 従来型パス・モードでロードを実行してください。

SQL*Loader-700 SQL*Loader-00700 必須割当て中にメモリー不足が発生しました[number]
原因: SQL*Loaderは、必要なメモリーを割当てできませんでした。
処置: オペレーティング・システムとプロセス・メモリーを確認してください。可能な場合は、SQL*Loaderに使用可能なメモリーを増やしてください。ダイレクト・パスを使用している場合は、ログ・ファイルで現在のデフォルト値を参照して、columnarrayrowsオプションの値を小さくしてください。

SQL*Loader-702 SQL*Loader-00702 内部エラー - string
原因: 内部エラーが発生しました。
処置: メッセージを記録して、オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-703 SQL*Loader-00703 内部エラー: 引数number
原因: 内部エラーが発生しました。
処置: メッセージおよびエラー番号を記録して、オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-704 SQL*Loader-00704 内部エラー: string[number]
原因: 内部エラーが発生しました。
処置: メッセージおよびエラー番号を記録して、オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-705 SQL*Loader-00705 内部エラー
原因: 内部エラーが発生しました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-706 SQL*Loader-00706 ulerr [number]に不正な引数があります。
原因: 内部エラーが発生しました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-708 SQL*Loader-00708 内部エラー: 不明なステータスnumberがSLLFレイヤーから戻りました
原因: SLLFレイヤーのコールによって、不明なステータスが戻されました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-709 SQL*Loader-00709 SLTSレイヤー: stringのコールが失敗した内部エラーです。
原因: SLTSレイヤーのコールが失敗したというステータスが戻されました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-710 SQL*Loader-00710 内部エラー: ダイレクト・パス・ストリーム・バッファがロードされません。
原因: ダイレクト・パス・ストリーム・バッファが構築されましたが、ロードされません。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-711 SQL*Loader-00711 内部エラー: UTF16(リトル・エンディアン)変換のアドレスが正しくありません
原因: little endian UTF16データのアドレスが、有効なバッファにありません。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-712 SQL*Loader-00712 内部エラー: UTF16(ビッグ・エンディアン)変換のアドレスが正しくありません
原因: big endian UTF16データのアドレスが、有効なバッファにありません。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-713 SQL*Loader-00713 SLTSレイヤー: stringのコールがリターン・コード[number]で失敗した内部エラーです。
原因: SLTSレイヤーのコールが失敗したというステータスが戻されました。
処置: オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-800 SQL*Loader-00800 %sが指定され、無視されました
原因: 外部表のロードでサポートされていないオプションが指定されました。
処置: サポートされていないオプションを指定しないか、外部表のロードを使用しないでください。

SQL*Loader-801 SQL*Loader-00801 すべてのINTO TABLE句に同じオプション(string)が含まれている必要があります
原因: 複数のINTO TABLE句に異なるオプションが設定されています。
処置: 同じオプションを設定するか、別々にロードしてください。

SQL*Loader-802 SQL*Loader-00802 DEFAULTIF句で指定した数値EXTERNALは外部表でサポートされていません
原因: DEFAULTIF句で数値型EXTERNALが指定されましたが、外部表のロードではサポートされていません。
処置: 句を削除するか(可能な場合)、外部表のロードを使用しないでください。

SQL*Loader-803 SQL*Loader-00803 %sフィールド・タイプは外部表でサポートされていません
原因: 指定されたフィールド・タイプは、外部表のロードではサポートされていません。
処置: 指定したフィールド・タイプを削除するか、外部表のロードを使用しないでください。

SQL*Loader-804 SQL*Loader-00804 間隔で指定されるSEQUENCESは外部表のロードでサポートされていません。
原因: 間隔で順序が指定されましたが、外部表のロードではサポートされていません。
処置: 順序から間隔または順序自体を削除するか、外部表のロードを使用しないでください。

SQL*Loader-805 SQL*Loader-00805 %sは外部表でサポートされていません
原因: 指定されたオプションは、外部表のロードではサポートされていません。
処置: 指定したオプションを削除するか、外部表のロードを使用しないでください。

SQL*Loader-806 SQL*Loader-00806 データ・ファイルに不明のレコード形式が指定されました
原因: 制御ファイルのファイル処理オプションを含むosd文字列に、不明のファイル処理オプションが指定されました。
処置: 使用しているプラットフォームに適したオプションが指定されているかどうかを確認してください。

SQL*Loader-807 SQL*Loader-00807 表をロード中にエラーが発生しました
原因: 外部表または一時内部表からの表のロードに使用されたINSERT文が失敗しました。このメッセージの直前に、失敗した文が表示されます。
処置: エラーの詳細は、続いて表示されるメッセージを参照してください。

SQL*Loader-808 SQL*Loader-00808 順序: stringを作成中にエラーが発生しました
原因: ロードに必要な順序の作成に失敗しました。
処置: エラーの詳細は、続いて表示されるメッセージを参照してください。

SQL*Loader-809 SQL*Loader-00809 順序: stringを削除中にエラーが発生しました
原因: 作成する順序と同じ名前の順序が存在するか、ロードの最初の方で作成された順序がクリーン・アップ中であるため、順序を削除する必要があります。
処置: エラーの原因の詳細は、続いて表示されるメッセージを参照してください。

SQL*Loader-810 SQL*Loader-00810 外部表: stringを作成中にエラーが発生しました
原因: ロードに必要な外部表の作成に失敗しました。
処置: エラーの詳細は、続いて表示されるメッセージを参照してください。

SQL*Loader-811 SQL*Loader-00811 外部表: stringを削除中にエラーが発生しました
原因: 外部表の削除中にエラーが発生しました。前回のロードから表が残っていた可能性があります。
処置: なし

SQL*Loader-812 SQL*Loader-00812 内部表: stringを作成中にエラーが発生しました
原因: 一時内部表の作成中にエラーが発生しました。内部表は、複数の表を同じデータ・ファイルからロードする場合にのみ使用されます。内部表が一度ロードされ、ターゲット表が内部表からロードされました。
処置: なし

SQL*Loader-813 SQL*Loader-00813 内部表: stringを削除中にエラーが発生しました
原因: 一時内部表の削除中にエラーが発生しました。内部表は、複数の表を同じデータ・ファイルからロードする場合にのみ使用されます。内部表が一度ロードされ、ターゲット表が内部表からロードされました。前回の作成から表が残っていた可能性があります。
処置: なし

SQL*Loader-816 SQL*Loader-00816 一時ディレクトリ・オブジェクトstringをファイルstringに対して作成中にエラーが発生しました
原因: ファイルを含むディレクトリのデータベースに、ディレクトリ・オブジェクトがありません。外部表によってロードされるすべてのファイルは、ディレクトリ・オブジェクトによって名前を付けられたディレクトリに存在する必要があるため、SQL*Loaderは、ファイルのディレクトリ・オブジェクトを作成しようとします。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラー・メッセージを参照してください。

SQL*Loader-817 SQL*Loader-00817 ディレクトリ・オブジェクトstringを削除中にエラーが発生しました
原因: SQL*Loaderが、外部表のロードの一部として、ディレクトリ・オブジェクトを作成しました。ディレクトリ・オブジェクトのクリーンアップに失敗しました。
処置: エラーの詳細は、続いて表示されるメッセージを参照してください。

SQL*Loader-820 SQL*Loader-00820 表stringの範囲でWHERE句を作成できません
原因: EXTERNAL_TABLEパラメータが複数の表のロードに指定され、その表のいずれか1つのWHEN句に、レコードのバイト範囲への参照が含まれています。SQL*Loaderは、制御ファイルのWHEN句を使用して、 INSERT文のWHERE句を生成します。WHERE句に表のバイト範囲への参照が含まれると、有効なWHERE句は生成されません。 SQL*Loaderは、EXTERNAL_TABLEパラメータにGENERATE_ONLYが指定されているように処理を続行します。
処置: WHEN句のフィールド参照のみを使用するように、制御ファイルを変更してください。FILLERフィールドの作成が必要な場合もあります。ロードされる各表に制御ファイルを作成して、表を別々にロードする方法もあります。

SQL*Loader-821 SQL*Loader-00821 GENERATE_ONLYに切り替えます
原因: SQL Loaderは、外部表を使用してデータをロードするために生成されたSQL文を実行できません。詳細は、前のメッセージを参照してください。
処置: なし

SQL*Loader-822 SQL*Loader-00822 外部構成表で操作がサポートされていません
原因: サポートされていない外部表での操作を試行しました。
処置: サポートされていない外部表では操作しないでください。

SQL*Loader-823 SQL*Loader-00823 オブジェクト表に対するTREAT AS句は、外部表ではサポートされていません
原因: SQL*Loader制御ファイル内でオブジェクト表のINTO TABLE句にTREAT AS句が指定され、EXTERNAL_TABLESコマンドライン・パラメータがEXECUTEまたはGENERATE_ONLYに設定されました。外部表はデータのロードに使用できますが、SQL*Loaderではそのための正しいSQL文が生成されません。
処置: SQL*Loaderのダイレクト・パスまたは従来型パスを使用して、表をロードしてください。

SQL*Loader-901 SQL*Loader-00901 Oracleにログオン中にエラーが発生しました。
原因: ダイレクト・パス・ロード・モードでOracleにログオンしようとしました。
処置: インスタンスが起動されていることを確認してください。詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のOracleメッセージを参照してください。

SQL*Loader-902 SQL*Loader-00902 カーソルのオープンでエラーが発生しました: [number]
原因: 内部エラーが発生しました。
処置: 詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のOracleメッセージを確認し、オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-903 SQL*Loader-00903 バージョンnumber.number.number.number.number以上のデータベースは、ダイレクト・パスに対応しています
原因: 互換性のないデータベースでダイレクト・パス・ロード・モードを使用しています。
処置: 指定されたバージョンにデータベースをアップグレードするか、従来型パス・ロードを使用してください。

SQL*Loader-904 SQL*Loader-00904 データベースV5にリンクしている場合、ダイレクト・パスは使用できません
原因: データベース・バージョン5にSQL*Loaderがリンクした後、ダイレクト・パスが使用されています。
処置: 従来型パスを使用してください。

SQL*Loader-905 SQL*Loader-00905 UPIでのSQL文解析でエラーが発生しました: [number]
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のメッセージを確認してください。

SQL*Loader-906 SQL*Loader-00906 UPIでのSQL文実行でエラーが発生しました: [number]
原因: 内部エラーが発生しました。
処置: 詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のメッセージを確認してください。

SQL*Loader-909 SQL*Loader-00909 ダイレクト・パスを使用するにはローダー・ビューを(SYSで)ロードする必要があります
原因: ダイレクト・パス・ロードで必要なデータベース・ビューが存在しません。
処置: 必要なビューをロードするために、ユーザーSYSとして必要なスクリプトを実行する方法については、『Oracle Database管理者ガイド』を参照してください。

SQL*Loader-910 SQL*Loader-00910 UPIの入力変数のバインドでエラーが発生しました: [number]
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のメッセージを確認してください。

SQL*Loader-911 SQL*Loader-00911 UPIの出力変数の定義でエラーが発生しました: [number]
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のメッセージを確認してください。

SQL*Loader-913 SQL*Loader-00913 SELECT文(UPI)の結果をフェッチ中にエラーが発生しました: [number]
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のメッセージを確認してください。

SQL*Loader-914 SQL*Loader-00914 表stringを排他モードでロックしようとしてエラーが発生しました。
原因: 指定した表をダイレクト・パス・ロード・モードでロックすることはできません。
処置: 詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のメッセージを確認してください。必要な権限が付与されていることを確認してください。

SQL*Loader-915 SQL*Loader-00915 カーソルのクローズでエラーが発生しました: [number]
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のメッセージを確認してください。

SQL*Loader-916 SQL*Loader-00916 パスの同質性の検査でエラーが発生しました
原因: データベースのフロントエンドおよびバックエンドが別個のハードウェア・システム上にある場合にダイレクト・パス・ロードを行うには、相手のシステムが自分のシステムと同一である必要があります。このエラーは、 SQL*Loaderがシステム間の違いを検出した場合に発生し、これが解決されないとダイレクト・ロードは正常に実行されません。
処置: 従来型パス・ロードをこの構成に使用してください。

SQL*Loader-918 SQL*Loader-00918 SQL*Loaderを使用するには、カタログを(SYSで)ロードする必要があります
原因: カタログがロードされていません。
処置: ユーザーSYSとしてログオンし、Oracle7のカタログおよびスクリプトULVIEW.SQL内にあるビューをロードしてください。

SQL*Loader-919 SQL*Loader-00919 UPIをフェッチ中にエラーが発生しました: [number]
原因: 内部エラーが発生しました。
処置: 詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のメッセージを確認してください。

SQL*Loader-925 SQL*Loader-00925 string実行時にエラーが発生しました。
原因: 内部エラーが発生しました。
処置: 詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のメッセージを確認してください。参照している表または列がアクセス不可能である可能性があります。

SQL*Loader-926 SQL*Loader-00926 string(表string)でOCIエラーが発生しました
原因: OCIエラーが発生しました。
処置: 詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のメッセージを確認してください。参照している表または列がアクセス不可能である可能性があります。

SQL*Loader-929 SQL*Loader-00929 表stringに対するINSERT文の解析でエラーが発生しました。
原因: 表のINSERT文の解析でエラーが発生しました。
処置: 使用されたすべてのSQL文字列を確認してください。

SQL*Loader-930 SQL*Loader-00930 表string、列stringに対するINSERT文の解析でエラーが発生しました。
原因: 指定された列に対するINSERT文の解析でエラーが発生しました。
処置: 詳細は、ログ・ファイルに記録されたこのメッセージの下のメッセージを確認してください。この列にSQL文字列が使用されているときは、その文字列を確認してください。

SQL*Loader-931 SQL*Loader-00931 列string(表string)に対する変数をバインド中にOCIエラーが発生しました
原因: OCIエラーが発生しました。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。この列に対するSQL文字列に問題がある可能性があります。

SQL*Loader-932 SQL*Loader-00932 表stringの切捨てに失敗しました。
原因: 表を切り捨てようとしましたが、失敗しました。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。参照制約による切捨ては発生しないはずです。

SQL*Loader-933 SQL*Loader-00933 指定したファイルstringは、データベースにありません。
原因: 表をロードしようとして指定したファイル名は、データベースにはありません。
処置: 有効なデータ・ファイルを指定してください。

SQL*Loader-934 SQL*Loader-00934 データファイルstring(表string)は無効です。
原因: 表が常駐している表領域の一部ではない表をロードするために、データ・ファイル名が指定されました。
処置: 有効なデータ・ファイルを指定してください。

SQL*Loader-935 SQL*Loader-00935 パラレル・ロードに必要なオプションの検査中にエラーが発生しました。
原因: 必要なオプションが見つからないかまたは無効だったため、エラーが発生しました。
処置: 付随するOracleメッセージの記述に従って問題を修正してください。

SQL*Loader-937 SQL*Loader-00937 パラレル・ロードがリクエストされましたが、stringではトリガーまたは制約を有効にしています。
原因: パラレル・ダイレクト・ロードを要求しましたが、ロードするオブジェクトに使用可能な制約(確認、参照用)または使用可能なトリガー(あるいはその両方)があります。
処置: 使用可能になっている制約またはトリガー(あるいはその両方)を使用不可にして、パラレル・ダイレクト・ロードを再試行してください。

SQL*Loader-938 SQL*Loader-00938 パーティション・ロードがリクエストされましたが、stringではトリガーまたは制約を有効にしています
原因: シングル・パーティションのダイレクト・ロードを要求しましたが、ロードするオブジェクトに使用可能な制約(確認、参照用)または使用可能なトリガー(あるいはその両方)があります。
処置: 使用可能になっている制約またはトリガー(あるいはその両方)を使用不可にして、パラレル・ダイレクト・ロードを再試行してください。

SQL*Loader-939 SQL*Loader-00939 string(表string、パーティションstring)でOCIエラーが発生しました
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。参照している表またはパーティションがアクセス不能である可能性があります。

SQL*Loader-940 SQL*Loader-00940 NCHARバインド属性(列string、表string)を設定中にUPIエラーが発生しました。
原因: NCHAR列のCHARSETFORM属性を設定中に、エラーが発生しました。
処置: これは内部エラーです。オラクル社カスタマ・サポート・センターに連絡してください。

SQL*Loader-941 SQL*Loader-00941 表stringの記述中にエラーが発生しました。
原因: 指定された表でSELECT構文のリストのDESCRIBEを実行中に、エラーが発生しました。このエラーの直前のエラーを確認してください。
処置: なし

SQL*Loader-942 SQL*Loader-00942 パーティションstringは、表stringの一部ではありません。
原因: 指定されたパーティションが、指定された表の一部ではありません。
処置: なし

SQL*Loader-943 SQL*Loader-00943 指定されたデータファイルstringが表stringのパーティションstringにありません。
原因: 指定されたデータ・ファイルが、指定されたパーティションの表領域にありません。パーティション表でFILE=キーワードを使用したために、このエラーが発生しました。パーティション表のパーティションをすべてロードするときは、パーティションは同じ表領域にする必要があります。パーティションを1つロードするときは、ロードされるパーティションの表領域は、指定されたデータ・ファイルが常駐する表領域と同じである必要があります。
処置: なし

SQL*Loader-944 SQL*Loader-00944 表stringに対して文の挿入の準備中にエラーが発生しました。
原因: 表の挿入文に対するOCIStmtPrepareへのコールでエラーが戻されました。
処置: OCIStmtPrepareによって戻されたエラーの詳細は、続いて表示されるメッセージを参照してください。SQL*Loader制御ファイル内で指定されたすべてのSQL文字列に対する構文が正しいことを確認してください。

SQL*Loader-945 SQL*Loader-00945 レコード・サイズnumberはダイレクト・パスには大きすぎます
原因: データファイルの最大レコード・サイズが、ダイレクト・パスがサポートする最大サイズ(65535)より大きいです。
処置: 従来型パスを使用して、データファイルをロードしてください。

SQL*Loader-946 SQL*Loader-00946 string(表string、サブパーティションstring)でOCIエラーが発生しました
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。参照している表またはサブパーティションがアクセス不能である可能性があります。

SQL*Loader-947 SQL*Loader-00947 サブパーティション・ロードがリクエストされましたが、stringではトリガーまたは制約を有効にしています
原因: 1つのサブパーティションのダイレクト・ロードが要求されましたが、ロードするオブジェクトに使用可能な制約(確認、参照用)または使用可能なトリガー(あるいはその両方)があります。
処置: 使用可能になっている制約またはトリガー(あるいはその両方)を使用不可にして、パラレル・ダイレクト・ロードを再試行してください。

SQL*Loader-948 SQL*Loader-00948 サブパーティションstringは、表stringの一部ではありません。
原因: 指定されたサブパーティションが、指定された表の一部ではありません。
処置: なし

SQL*Loader-949 SQL*Loader-00949 不適切なデータファイルstringが表stringのサブパーティションstringに指定されました
原因: 指定されたデータ・ファイルが、指定されたサブパーティションの表領域にありません。サブパーティション表でFILE=キーワードを使用したために、このエラーが発生しました。サブパーティション表のサブパーティションをすべてロードするときは、サブパーティションは同じ表領域にする必要があります。サブパーティションを1つロードするときは、ロードされるサブパーティションの表領域は、指定されたデータ・ファイルが常駐する表領域と同じにする必要があります。
処置: なし

SQL*Loader-950 SQL*Loader-00950 2タスク間でのデータ構造体の受渡しでエラーが発生しました。
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-951 SQL*Loader-00951 once/load初期化呼出しでエラーが発生しました
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-952 SQL*Loader-00952 once/dataファイル初期化呼出しでエラーが発生しました
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-953 SQL*Loader-00953 2タスク間での読取りバッファの受渡しでエラーが発生しました
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-954 SQL*Loader-00954 2タスク間での索引の読取りバッファの受渡しでエラーが発生しました
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-955 SQL*Loader-00955 列配列の構築でブロック・フォーマッタの呼出しでエラーが発生しました
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-956 SQL*Loader-00956 once/dataファイル終了呼出しでエラーが発生しました
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-957 SQL*Loader-00957 2タスク間での文字列の受渡しでエラーが発生しました
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-958 SQL*Loader-00958 データ再配置でアドレス・スタックのポップ中にエラーが発生しました
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-959 SQL*Loader-00959 2タスク間でのバッファの受渡しでエラーが発生しました
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-961 SQL*Loader-00961 表stringのonce/load終了呼出しでエラーが発生しました。
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-962 SQL*Loader-00962 ユーザー側Ctrl-Cハンドラの設定でエラーが発生しました
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-963 SQL*Loader-00963 ユーザー側Ctrl-Cハンドラの解除でエラーが発生しました
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-965 SQL*Loader-00965 エラーnumberが発生したため、制約stringを表stringに対して適用できません
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-966 SQL*Loader-00966 エラーnumberが発生したため、すべてのトリガーを表stringに対して適用できません
原因: ヘッダー・メッセージです。
処置: 詳細は、続いて表示されるエラーを確認してください。

SQL*Loader-969 SQL*Loader-00969 カーネル・サイドでファイル名解釈の実行中にエラーが発生しました
原因: パラレル・ロードに指定されたファイルが、有効なデータベース・ファイルではない可能性があります。
処置: 有効なデータベース・ファイルを指定してください。

SQL*Loader-970 SQL*Loader-00970 XML列の有効な制約はダイレクト・パスでは使用できません
原因: XML列に有効なチェック制約があります。
処置: チェック制約を無効にしてから、ダイレクト・パス・モードで表のデータをロードするか、または制約は有効なままでかわりに従来型パス・モードを使用します。

SQL*Loader-971 SQL*Loader-00971 LOB列をロードする場合、パラレル・ロードは使用できません
原因: parallel=trueを使用してLOB列をロードしようとしました。このエラーは、LOBとして格納されたVARRAY型およびXML型などの列をロードする際にも発行されます。
処置: LOB列のロード時にPARALLELオプションを使用しないでください。

SQL*Loader-2026 SQL*Loader-02026 SQLローダーが続行できないため、ロードは異常終了しました。
原因: ロードを続行できません。エラーの原因については、このメッセージの前に表示されるエラー・メッセージを参照してください。
処置: このメッセージの前に表示されるエラー・メッセージに対する処置を参照してください。

SQL*Loader-2050 SQL*Loader-02050 マルチバイト・キャラクタでエラーが発生しました。
原因: POSITIONによって指定されたテキスト、または改行で終了したテキストが無効です。
処置: SQL*Loader制御ファイルまたはデータファイルを編集して、列の配置を修正してください。

SQL*Loader-3120 SQL*Loader-03120 再開可能パラメータが無視されました — 現行のセッションは再開可能ではありません
原因: 現行のセッションは再開可能ではありません。
処置: RESUMABLE_NAMEおよびRESUMABLE_TIMEOUTパラメータを有効にするには、RESUMABLE=TRUEを指定して再開可能セッションを使用可能にします。

Reference:
http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle10g/102/doc_cd/server.102/B19212-01/ulus.htm#sthref51