Oracle Rac Shutdown

Oracle RAC 停止の手順

su - oracle
Password:*****
 
#ORA_CRS_HOMEなどcrsの環境を初期化する
 
#確認
crs_stat -t
#databaseシャットダウン dbnameに1,2などをつけない
srvctl stop database -d dbname
#asmシャットダウン(asmを利用する場合のみ)
srvctl stop asm -n td-infc-f01
srvctl stop asm -n td-infc-f02
#nodeappsシャットダウン
srvctl stop nodeapps -n td-infc-f01,td-infc-f02
#確認、すべてのDB,サービスが停止
crs_stat -t
 
#ここは注意、suの後ろに "-" をつけないことで、crsの環境を継承する
su root
Password:*****
#リソースシャットダウン
crsctl stop resources
#crsシャットダウン
crsctl stop crs
 
#通常のマシンシャットダウン
shutdown -h now
srvctl

使用方法: srvctl <command> <object> [<options>]
コマンド: enable|disable|start|stop|relocate|status|add|remove|modify|getenv|setenv|unsetenv|config
オブジェクト: database|instance|service|nodeapps|asm|listener
各コマンド、オブジェクトおよびそのオプションの使用方法の詳細:
srvctl <command> <object>

srvctl stop database

使用方法: srvctl stop database -d <name> [-o <stop_options>] [-c <connect_str> | -q]
-d <name> データベースの一意の名前
-o <stop_options> shutdownコマンド用のオプション(たとえば、normal、transactional、immediateまたはabort)
-c <connstr> 接続文字列(デフォルト: / as sysdba)
-q 標準入力からの問合せ接続文字列
-h 使用方法の表示

srvctl stop instance

使用方法: srvctl stop instance -d <name> -i "<inst_name_list>" [-o <stop_options>] [-c <connect_str> | -q]
-d <name> データベースの一意の名前
-i "<inst,…>" カンマで区切られたインスタンス名
-o <stop_options> shutdownコマンド用のオプション(たとえば、normal、transactional、immediateまたはabort)
-c <connstr> 接続文字列(デフォルト: / as sysdba)
-q 標準入力からの問合せ接続文字列
-h 使用方法の表示

srvctl stop service

使用方法: srvctl stop service -d <name> [-s "<service_name_list>" [-i <inst_name>]] [-c <connect_str> | -q] [-f]
-d <name> データベースの一意の名前
-s "<serv,…>" カンマで区切られたサービス名
-i <inst> インスタンス名
-c <connstr> 接続文字列(デフォルト: / as sysdba)
-q 標準入力からの問合せ接続文字列
-f サービス・オペレーションの停止や移動中の全セッションの切断
-h 使用方法の表示

srvctl stop nodeapps

使用方法: srvctl stop nodeapps -n <node_name>
-n <node> ノード名
-h 使用方法の表示

srvctl stop asm

使用方法: srvctl stop asm -n <node_name> [-i <asm_inst_name>] [-o <stop_options>] [-c <connect_str> | -q]
-n <node> ノード名
-i <asm_inst_name> ASMインスタンス名
-o <stop_options> shutdownコマンド用のオプション(たとえば、normal、transactional、immediateまたはabort)
-c <connstr> 接続文字列(デフォルト: / as sysdba)
-q 標準入力からの問合せ接続文字列
-h 使用方法の表示

srvctl stop listener

使用方法: srvctl stop listener -n <node_name> [-l <lsnr_name_list>]
-n <node> ノード名
-l "<lsnr,…>" カンマで区切られたリスナー名
-h 使用方法の表示