Ora 1500 Ora 2098 Jp

原因: CREATE DATABASEまたはALTER TABLESPACEの実行中、日付および時間の取得に失敗しました。
処置: Oracleサポート・サービスに連絡してください。

原因: CREATE DATABASE文を実行中にエラーが発生しました。
処置: 付随するエラーを参照してください。

  • ORA-1502 ORA-01502: 索引'string.string'またはそのパーティションが使用不可の状態です。

原因: ダイレクト・ロードまたはDDL操作によって、使用不可の索引またはそのパーティションにアクセスしようとしました。
処置: 指定した索引をDROPまたはREBUILDするか、または使用不可の索引パーティションをREBUILDしてください。

原因: CREATE CONTROLFILEを実行中にエラーが発生しました。
処置: 付随するエラーを参照してください。

  • ORA-1504 ORA-01504: データベース名'string'がパラメータDB_NAME 'string'と一致しません

原因: データベースが作成またはマウントした名前が、INIT.ORAパラメータdb_nameに指定されている名前と一致しません。
処置: いずれかの名前を修正するか、または省略してください。

  • ORA-1505 ORA-01505: ログ・ファイル追加の際にエラーが発生しました

原因: CREATEまたはALTER DATABASEの実行で、新しいログ・ファイルの追加中にエラーが発生しました。
処置: 詳細情報については、エラー・スタックを確認してください。

原因: INIT.ORAパラメータのDB_NAMEが指定されていません。
処置: INIT.ORAパラメータのdb_nameにデータベース名を指定してください。

原因: データベースのマウントを必要とするコマンドを実行しようとしました。
処置: SQLDBA起動コマンドを介してALTER DATABASE文を使用する場合は、MOUNTオプションを指定して起動してください。ALTER DATABASE DISMOUNTを直接実行する場合は、特に何も行う必要はありません。それ以外の場合は、ALTER DATABASEに対してMOUNTオプションを指定してください。バックアップまたはコピーを実行している場合は、まず、必要なデータベースをマウントしてください。FLASHBACK DATABASEを実行している場合は、まず、必要なデータベースをマウントしてください。

  • ORA-1508 ORA-01508: データベースを作成できません。ファイル'string'、行stringでエラーが発生しました

原因: CREATE DATABASE文は、指定されたファイルを処理できませんでした。
処置: 指定されたファイル中のエラーの行を確認してください。

  • ORA-1509 ORA-01509: 指定した名前'string'が実際の名前'string'と一致しません

原因: ALTER DATABASE文に指定したデータベース名は、現在マウントされているデータベース名と一致しません。
処置: データベース名を修正するか、またはマウントされたデータベースをディスマウントしてください。

  • ORA-1510 ORA-01510: ログ・ファイルの削除中にエラーが発生しました。

原因: ALTER DATABASE文の実行で、ログ・ファイルの削除中にエラーが発生しました。
処置: 詳細情報については、エラー・スタックを確認してください。

  • ORA-1511 ORA-01511: ログ/データファイルの名前の変更中にエラーが発生しました。

原因: ALTER DATABASE RENAME FILEコマンドの処理中にエラーが発生しました。
処置: 詳細情報については、エラー・スタックを確認してください。

  • ORA-1512 ORA-01512: ログ・ファイルstringの名前の変更中にエラーが発生しました - 新規ファイルstringが見つかりません。

原因: 新しい名前のファイルが見つからなかったため、制御ファイル内のログ・ファイル名を変更しようとして失敗しました。
処置: ログ・ファイルの名前の変更がオペレーティング・システムによって正しく行われたかどうかを確認し、再試行してください。

  • ORA-1513 ORA-01513: オペレーティング・システムが戻した現行時間が無効です

原因: オペレーティング・システムが1988年から2121年までの間にない時間を戻しました。
処置: オペレーティング・システムが管理している時間を修正してください。

  • ORA-1514 ORA-01514: ログの指定でエラーが発生しました: ログが存在しません

原因: ログ・ファイル名またはメンバー名リストが、既存のファイルと一致しません。
処置: 既存のログ・ファイルを指定してください。

  • ORA-1515 ORA-01515: ログ・グループstringの削除でエラーが発生しました: ログが存在しません

原因: ALTER DATABASE文が、データベース制御ファイルに認識されていないログ・ファイルを削除しようとしました。
処置: 既存のログ・ファイルの名前を指定してください。

  • ORA-1516 ORA-01516: ログ・ファイル、データファイルまたはテンポラリ・ファイル"string"は存在しません

原因: ALTER DATABASE文を使用して、ログ・ファイル、データファイル、テンポラリ・ファイルのいずれかの名前を変更しようとしたか、データファイルまたはテンポラリ・ファイルの属性を変更しようとした(サイズ変更、自動拡張、オンライン/オフラインの切替えなど)か、あるいはデータファイルを再作成しようとしました。指定されたファイルがデータベースの制御ファイルに認識されていないか、またはその要求に対してサポートされない型であるため、失敗しました。
処置: 正しい型の既存ファイルの名前または数値を指定してください。使用可能なファイルのリストについては、V$表を確認してください。

原因: メンバー名の印刷に使用されました。
処置: 詳細はトップレベルのエラーを参照してください。

  • ORA-1518 ORA-01518: CREATE DATABASEでは2つ以上のログ・ファイルを指定する必要があります

原因: CREATE DATABASE文に指定されているログ・ファイルが、1つのみです。
処置: ログ・ファイルを2つ以上指定してください。

  • ORA-1519 ORA-01519: ファイル'string'、行string付近で処理中にエラーが発生しました

原因: 指定されたファイルの処理中に、CREATE DATABASE文に問題が発生しました。指定されたファイルは無効です。
処置: システム導入手順を再試行するか、Oracleサポート・サービスに連絡してください。

  • ORA-1520 ORA-01520: 追加するデータファイル数(string)が制限数stringを超えています

原因: CREATE TABLESPACE文が、このデータベースに許可されている数を超える数のファイルを指定しています。
処置: ファイル数を減らすか、またはMAXDATAFILESの値を大きくしてデータベースを再作成してください。

  • ORA-1521 ORA-01521: データファイルの追加中にエラーが発生しました

原因: CREATEまたはALTER TABLESPACE文で、データファイルの追加中にエラーが検出されました。
処置: 詳細情報については、エラー・スタックを確認してください。

原因: ALTER TABLESPACE RENAME文で、名前を変更するファイルがデータベース制御ファイル中に見つかりませんでした。
処置: 正しいファイル名を指定してください。

  • ORA-1523 ORA-01523: データファイルは'string'に名前を変更できません。- ファイルはすでにデータベースに存在しています。

原因: ALTER DATABASE RENAMEまたはALTER TABLESPACE RENAME文で、ファイルの新しい名前がすでに制御ファイル中に存在します。
処置: データベースの一部として使用されていないファイル名に変更してください。

  • ORA-1524 ORA-01524: データファイルを'string'として作成できません - ファイルはすでにデータベースに存在しています

原因: ALTER DATABASE CREATE DATAFILE文で、ファイルの新しい名前がすでに制御ファイル中に存在します。
処置: データベースの一部として使用されていない名前でファイルを作成してください。

  • ORA-1525 ORA-01525: データファイル名の変更中にエラーが発生しました。

原因: ALTER TABLESPACEの一部のファイルの名前を変更中にエラーが発生しました。
処置: 詳細情報については、エラー・スタックを確認してください。エラー・スタックに示されているファイルを除き、すべてのファイルの名前が変更されます。

  • ORA-1526 ORA-01526: ファイル'string'のオープン中にエラーが発生しました

原因: CREATE DATABASE文は、指定されたファイルをオープンできませんでした。システム導入時の問題の可能性があります。
処置: システム導入手順を再試行するか、Oracleサポート・サービスに連絡してください。

  • ORA-1527 ORA-01527: ファイルの読取り中にエラーが発生しました。

原因: CREATE DATABASE文は、指定されたファイルを読み込めませんでした。システム導入時の問題の可能性があります。
処置: システム導入手順を再試行するか、Oracleサポート・サービスに連絡してください。

原因: 指定されたファイルの読込み中に、CREATE DATABASE文が予期せずファイルの終わりに達しました。指定されたファイルは無効です。
処置: システム導入手順を再試行するか、Oracleサポート・サービスに連絡してください。

  • ORA-1529 ORA-01529: ファイル'string'のクローズ中にエラーが発生しました

原因: CREATE DATABASE文は、指定されたファイルをクローズできませんでした。
処置: システム導入手順を再試行するか、Oracleサポート・サービスに連絡してください。

  • ORA-1530 ORA-01530: このインスタンスはすでにデータベースをマウントしています。

原因: ALTER DATABASE MOUNTで、すでにマウントされているデータベースのあるインスタンスでデータベースをマウントしようとしました。
処置: データベースをマウントする場合は、インスタンスを一度停止して、次にインスタンスを起動してから操作を再試行してください。

  • ORA-1531 ORA-01531: このインスタンスはすでにデータベースをオープンしています。

原因: ALTER DATABASE文で、すでにオープンされているデータベースのあるインスタンスでデータベースをオープンしようとしました。
処置: このインスタンスで新しいデータベースをオープンする場合は、インスタンスを一度停止して、次にインスタンスを起動してから操作を再試行してください。

  • ORA-1532 ORA-01532: データベースを作成できません - インスタンスがすでに他で起動されています

原因: CREATE DATABASE文で、別のユーザーがこのインスタンスを同時に変更している可能性があります。
処置: 別のユーザーが同時にインスタンスを変更していないことを確認してください。別のユーザーが変更していない場合は、Oracleサポート・サービスに連絡するか、または操作を再試行してください。

  • ORA-1533 ORA-01533: ファイル'string'の名前を変更できません。ファイルは表領域に属していません。

原因: ALTER TABLESPACE RENAME文で、名前を変更すべきファイルが表領域中に見つかりませんでした。
処置: 正しいファイル名または正しい表領域名を指定してください。

  • ORA-1534 ORA-01534: ロールバック・セグメント'string'が存在しません

原因: ALTERまたはDROP ROLLBACK SEGMENTで、指定されたロールバック・セグメント名が不明です。
処置: 正しいロールバック・セグメント名を使用してください。

  • ORA-1535 ORA-01535: ロールバック・セグメント'string'はすでに存在しているか、指定の名前に接頭辞_SYSSMUが含まれています

原因: 指定されたロールバック・セグメントがすでに存在しているか、指定の名前が_SYSSMUで始まっています。
処置: 別の名前を使用してください。_SYSSMUはRBUセグメントには無効な接頭辞です。

  • ORA-1536 ORA-01536: 表領域'string'に対する領域割当て制限を使い果たしました。

原因: 表領域内に新しいセグメントのエクステントを作成しようとしましたが、表領域内のセグメント所有者に対して割り当てられた領域の空きがなくなりました。
処置: 表領域内の不要なオブジェクトを削除して領域を再生するか、または権限のあるユーザーに依頼して、セグメント所有者に対する表領域の割当てを増やしてください。

  • ORA-1537 ORA-01537: ファイル'string'を追加できません - すでにデータベースの一部として存在します

原因: CREATEまたはALTER TABLESPACE文で、追加しようとしているファイルはすでにデータベースの一部となっています。
処置: 別の名前を使用してください。

  • ORA-1538 ORA-01538: ロールバック・セグメントの取得に失敗しました

原因: 共有モードで起動中に、ロールバック・セグメントの取得に失敗しました。
処置: 排他モードで起動してパブリック・セグメントをもう1つ作成するか、またはINIT.ORAパラメータrollback_segments_requiredで使用可能なプライベート・セグメントを指定してから、共有モードで起動してください。

原因: 表領域を読込み専用またはオフラインにしようとしましたが、この表領域がオンラインでないため失敗しました。通常、表領域を読込み専用またはオフラインにする前に、表領域はオンラインである必要があります。
処置: 表領域の状態を確認してください。IMMEDIATEオプションまたはTEMPORARYオプションを使用して、すべてのファイルを強制的にオフラインにしてください。表領域を読込み専用にする前にオンラインにしてください。

原因: 表領域がオフラインの状態ではないため、オンラインにできませんでした。
処置: 表領域の状態を確認してください。

  • ORA-1541 ORA-01541: SYSTEM表領域はオフラインにできません。必要な場合はシャットダウンしてください

原因: SYSTEM表領域をオフラインにしようとしました。
処置: 必要に応じて、一度停止してリカバリを実行してください。

  • ORA-1542 ORA-01542: 表領域'string'はオフラインです。領域を割当てできません

原因: オフラインの表領域に領域を割り当てようとしました。
処置: 表領域をオンラインにするか、または他の表領域中にオブジェクトを作成してください。

原因: すでに存在している表領域を作成しようとしました。
処置: 新しい表領域には別の名前を使用してください。

  • ORA-1544 ORA-01544: システム・ロールバック・セグメントは削除できません。

原因: システム・ロールバック・セグメントを削除しようとしました。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-1545 ORA-01545: 指定したロールバック・セグメント'string'は使用できません

原因: 次のいずれかです。1) 起動中に使用不可能なロールバック・セグメントをオンラインにしようとしました。たとえば、ロールバック・セグメントがオフラインの表領域にあるような場合です。2) すでにオンラインのロールバック・セグメントをオンラインにしようとしました。これは、初期化パラメータ・ファイルのROLLBACK_SEGMENTSパラメータ中で、そのロールバック・セグメントが2回指定されたか、または他のインスタンスによってすでにオンラインになっているためです。3) 現在オンラインになっているロールバック・セグメントを削除しようとしました。4) UNLIMITEDエクステントを使用して、現在オンラインになっているロールバック・セグメントを変更しようとしました。5) 破損したロールバック・セグメントをオンラインにしようとしました。これは、そのロールバックが初期化パラメータ・ファイルの_corrupted_rollback_segmentsパラメータで指定されているためです。
処置: 次のいずれかを実行してください。1) 指定したロールバック・セグメントを使用可能にしてください。たとえば、オフラインの表領域をオンラインにしてください。2) 名前が重複しているとき、または他のインスタンスがそのロールバック・セグメントをすでに取得しているときは、その名前をパラメータROLLBACK_SEGMENTSから削除してください。3) まず、ロールバック・セグメントをオフラインにしてください。これを行うには、アクティブなトランザクションが終了するまで待つ必要がある場合があります。ロールバック・セグメントをリカバリする必要がある場合は、どのエラーが原因でトランザクションのロールバックが停止しているかを調べて、適切な処置を行ってください。4) 3と同じです。5) _CORRUPTED_ROLLBACK_SEGMENTSパラメータからこの名前を削除してください。

  • ORA-1546 ORA-01546: 表領域にアクティブなロールバック・セグメント'string'があります

原因: アクティブになっているロールバック・セグメントを持つ表領域をオフラインまたは読込み専用にしようとしました。
処置: 表領域のアクティブなロールバック・セグメントを使用するインスタンスを一度停止してから、表領域をオフラインまたは読込み専用にしてください。

  • ORA-1547 ORA-01547: 警告: RECOVERは成功しましたがOPEN RESETLOGSが次のエラーを受け取りました。

原因: 不完全リカバリ・オプションのうちの1つであるメディア・リカバリが、エラーなしで終了しました。ただし、現時点でALTER DATABASE OPEN RESETLOGSコマンドを実行しようとすると指定のエラーで失敗します。不完全リカバリを実行する前に、十分に古いバックアップから1つ以上のデータファイルのリストアを忘れたために、エラーが発生した可能性があります。
処置: 別のデータファイルのバックアップ、別の制御ファイル、または別の停止基準を使用して、不完全メディア・リカバリを再実行してください。

  • ORA-1548 ORA-01548: アクティブなロールバック・セグメント'string'があります。表領域の削除を終了しました

原因: アクティブなロールバック・セグメントを含む表領域を削除しようとしました。
処置: 表領域のアクティブなロールバック・セグメントを使用するインスタンスを一度停止してから、表領域を削除してください。

  • ORA-1549 ORA-01549: 表領域が空ではありません。INCLUDING CONTENTSオプションを使用してください

原因: 空でない表領域を削除しようとしました。
処置: 表領域中のすべてのオブジェクトを削除するには、INCLUDING CONTENTSオプションを使用してください。

原因: SYSTEM表領域を削除しようとしました。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-1551 ORA-01551: ロールバック・セグメント拡張中に使用ブロックが解放されました。

原因: システムがロールバック・セグメントの再帰的エクステントを内部で検出しました。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-1552 ORA-01552: SYSTEM表領域でない表領域'string'にシステム・ロールバック・セグメントは使用できません

原因: SYSTEM表領域でない表領域に関係する操作に、システム・ロールバック・セグメントを使用しようとしました。これがクローン・データベースである場合、SYSTEM表領域外でデータを変更しようとすると、このエラーが発生します。クローン・データベース内では、SYSTEMロールバック・セグメントのみオンラインにできます。
処置: プライベートまたはパブリック・セグメントを1つ以上作成し、一度停止してから再起動してください。プライベート・ロールバック・セグメントを取得するために、INIT.ORAパラメータrollback_segmentsの変更が必要になることがあります。これが表領域のPoint-in-Timeリカバリ用に使用されているクローン・データベースである場合、この操作はしないでください。SYSTEM表領域でない表領域がAUTOセグメント領域管理を使用している場合は、UNDO表領域を作成してください。

  • ORA-1553 ORA-01553: MAXEXTENTSは、現在割り当てられているstringより大きい値に設定する必要があります。

原因: 割り当てられている範囲が、指定されたMAXEXTENTSより大きくなっています。
処置: MAXEXTENTSの値を大きくしてください。

  • ORA-1554 ORA-01554: トランザクション表にトランザクション・スロットがありません。

原因: 同時実行のトランザクション件数が多すぎます。
処置: システムを一度停止し、TRANSACTIONS、ROLLBACK_SEGMENTS、ROLLBACK_SEGMENTS_REQUIREDのいずれかのINIT.ORAパラメータを修正してから再起動してください。

  • ORA-1555 ORA-01555: スナップショットが古すぎます: ロールバック・セグメント番号string、名前"string"が小さすぎます

原因: 一貫した読込みに必要なロールバック・レコードが他のユーザーによって上書きされています。
処置: 自動UNDO管理モードになっている場合は、UNDO_RETENTIONの設定値を大きくしてください。それ以外の場合は、ロールバック・セグメントを大きくしてください。

  • ORA-1556 ORA-01556: ロールバック・セグメントのMINEXTENTSは、1より大きい値に設定する必要があります。

原因: ロールバック・セグメントのMINEXTENTSに1以下の値を指定しました。
処置: MINEXTENTSにさらに大きい値を指定してください。

  • ORA-1557 ORA-01557: ロールバック・セグメントのエクステントは、stringブロック以上に設定する必要があります。

原因: ロールバック・セグメントのエクステントに最小値より小さいブロックを指定しました。
処置: エクステントにさらに大きいブロックを指定してください。

  • ORA-1558 ORA-01558: ロールバック・セグメントstringにトランザクションIDがありません。

原因: 使用可能なすべてのトランザクションIDが使用されています。
処置: インスタンスを一度停止して、別のロールバック・セグメントを使用して再起動してください。次に、これ以上トランザクションIDを持たないロールバック・セグメントを削除してください。

  • ORA-1559 ORA-01559: ロールバック・セグメントのMAXEXTENTSは、1より大きい値に設定する必要があります。

原因: ロールバック・セグメントのMAXEXTENTSに1以下の値を指定しました。
処置: MAXEXTENTSにさらに大きい値を指定してください。

  • ORA-1560 ORA-01560: LIKEパターンに、不完全な文字または無効な文字が含まれています。

原因: LIKEパターンが正しく指定されていません。
処置: LIKEパターンの指定が正しいかどうかを確認してください。

  • ORA-1561 ORA-01561: 指定された表領域内のオブジェクトすべてを削除できませんでした。

原因: 表領域の削除中に、すべてのオブジェクトを削除できませんでした。
処置: すべてのオブジェクトが削除されるまで、表領域の削除を再試行してください。

  • ORA-1562 ORA-01562: ロールバック・セグメント番号stringの拡張に失敗しました

原因: ロールバック・セグメントを拡張しようとして障害が発生しました。
処置: 通常、このメッセージの後には、障害の原因となる別のエラー・メッセージが続きます。メンテナンスを実行するために、ロールバック・セグメントをオフラインにしてください。ロールバック・セグメントをオフラインにするには、ALTER ROLLBACK SEGMENT OFFLINEコマンドを使用します。

  • ORA-1563 ORA-01563: ロールバック・セグメントがPUBLICです。キーワードPUBLICを使用してください。

原因: 指定されたパブリック・ロールバック・セグメントに、PUBLICキーワードを使用しませんでした。
処置: パブリック・ロールバック・セグメントを識別する場合は、PUBLICキーワードを使用してください。

  • ORA-1564 ORA-01564: ロールバック・セグメントはPUBLICではありません。

原因: 指定されたロールバック・セグメントはPUBLICではありません。
処置: プライベート・ロールバック・セグメントを識別する場合は、PUBLICキーワードを使用しないでください。

  • ORA-1565 ORA-01565: ファイル'string'の識別中にエラーが発生しました

原因: ファイルを識別しようとしてエラーが発生しました。
処置: 詳細情報については、エラー・スタックを確認してください。

  • ORA-1566 ORA-01566: ALTER DATABASEにファイルが2回以上指定されています

原因: コマンドに指定されたファイルのリストには、重複が1つ以上あります。
処置: 重複するファイルの指定を削除して、再試行してください。

  • ORA-1567 ORA-01567: ログstringを削除すると、インスタンスstring(スレッドstring)内の残りログ・ファイルが1つ以下になります

原因: 指定したすべてのログを削除すると、残りの使用可能なスレッドごとのログ・ファイル数が1つ以下になります。
処置: 削除するログを減らすか、ログを削除する前にスレッドを使用不可にしてください。ログを削除するより、ログの内容を消去する方が可能な場合があります。

  • ORA-1568 ORA-01568: PUBLICには表領域の割当て制限を設定できません。

原因: PUBLICに表領域の割当て制限を設定しようとしました。
処置: すべてのユーザーに対してシステム全体または表領域全体の領域権限を付与する場合、GRANT RESOURCE [ON <tablespace>] TO PUBLICを使用してください。

  • ORA-1569 ORA-01569: システム・ディクショナリ表に対してデータファイルが小さすぎます。

原因: データベースの作成中、指定したデータファイルが小さすぎるため、システム・ディクショナリ表を保持できません。
処置: 指定するファイル・サイズまたはファイル数を増やして、データベースを再作成してください。

  • ORA-1570 ORA-01570: MINEXTENTSは現在割り当てられているエクステント数stringより大きくてはなりません

原因: 割り当てられているエクステントの数が、指定されたMINEXTENTSより小さくなっています。
処置: 割り当てられているエクステントの数より小さいMINEXTENTS値を指定してください。

  • ORA-1571 ORA-01571: REDOバージョンstringにはOracleバージョンstringとの互換性がありません。

原因: このソフトウェア・バージョンでは、現行のREDOログを読み込めません。クラッシュ・リカバリが必要か、またはメディア・リカバリの必要なオフライン・データベース・ファイルがあります。ファイル名が表示されている場合、メディア・リカバリが必要です。
処置: 一度停止して、互換性のあるソフトウェアを使用して再起動してください。必要なメディア・リカバリを行い、データベースをオープンしてください。一度停止して、現行のソフトウェアを使用して再起動してください。ファイルを削除する場合は、DROPオプションを指定してそのファイルをオフラインにし、このチェックをスキップしてください。

  • ORA-1572 ORA-01572: ロールバック・セグメント'string'をオンラインにできません。stringエクステントを超えています

原因: ロールバック・セグメントのエクステントの数が制限を超えています。書込み用にオンラインにできません。
処置: ロールバック・セグメントを削除して、再作成してください。

原因: データベースが停止している間に、なんらかのプロセスが変更を加えようとしました。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-1574 ORA-01574: 最大同時実行トランザクション数を超えました

原因: 同時実行トランザクション数の制限を超えました。
処置: システムを一度停止し、INIT.ORAパラメータ'transactions'の値を大きくしてから再起動してください。

  • ORA-1575 ORA-01575: 領域管理リソースの待機中にタイムアウトが発生しました。

原因: 領域管理に必要なリソースの取得に失敗しました。
処置: 操作を再試行してください。

原因: インスタンスに関連するスレッドを使用できません。
処置: ALTER DATABASE ENABLE INSTANCEコマンドを使用して、インスタンスに関連するスレッドを使用可能にしてください。

  • ORA-1577 ORA-01577: ログ・ファイル'string'を追加できません - すでにデータベースの一部として存在します

原因: CREATEまたはALTER DATABASE文で、追加しようとしているファイルはすでにデータベースの一部となっています。
処置: 別の名前を使用してください。

  • ORA-1578 ORA-01578: Oracleデータ・ブロックに障害が発生しました(ファイル番号string、ブロック番号string)

原因: 指定されたデータ・ブロックに障害が発生しました。プログラム・エラーの可能性があります。
処置: 指定されたブロックを含むセグメントのリストアを試行してください。このためには、セグメントを削除し、再作成する必要があります。トレース・ファイルがある場合は、そこに記録されているエラーをOracleサポート・サービスに連絡してください。

原因: リカバリ中に書込みエラーが発生しました。
処置: トレース・ファイルで書込みエラーの詳細を確認して、エラーを修正してください。

  • ORA-1580 ORA-01580: バックアップ制御ファイルstringを作成中にエラーが発生しました。

原因: バックアップ用に制御ファイルを作成しようとしたときに、オペレーティング・システム・エラーが発生しました。
処置: 詳細は、エラー・スタックを確認してください。

  • ORA-1581 ORA-01581: ロールバック・セグメント(string)を、すでに割り当てられた新規エクステント(string)で使用しようとしました

原因: ロールバック・セグメントを拡張するために生成されたUNDOが、現行のUNDOブロック領域外で実行され、完全に割り当てられていない新しいエクステントに書込みをしようとしました。
処置: ロールバック・セグメントの拡張は、システムによってロールバックされます。それ以上の拡張は、他のトランザクションがロールバックまたはコミットされ、次のエクステントが空くまでしないでください。

  • ORA-1582 ORA-01582: バックアップ用の制御ファイルがオープンできません。

原因: バックアップ用の制御ファイルをオープンしようとしたときに、オペレーティング・システム・エラーが発生しました。
処置: 詳細は、エラー・スタックを確認してください。

  • ORA-1583 ORA-01583: バックアップされる制御ファイルのブロック・サイズを取得できません。

原因: バックアップ用の制御ファイルのブロック・サイズを取得しようとしたときに、オペレーティング・システム・エラーが発生しました。
処置: 詳細は、エラー・スタックを確認してください。

  • ORA-1584 ORA-01584: バックアップされる制御ファイルのファイル・サイズを取得できません。

原因: バックアップ用の制御ファイルのファイル・サイズを取得しようとしたときに、オペレーティング・システム・エラーが発生しました。
処置: 詳細は、エラー・スタックを確認してください。

  • ORA-1585 ORA-01585: バックアップ・ファイルstringの識別中にエラーが発生しました。

原因: 制御ファイルのバックアップに使用されたファイルを識別しようとしたときに、オペレーティング・システム・エラーが発生しました。
処置: 詳細は、エラー・スタックを確認してください。

  • ORA-1586 ORA-01586: データベースを排他モードでマウントする必要があります。この操作はオープンした状態では行えません。

原因: データベースがEXCLUSIVEモードでマウントされていないときに、DROP DATABASEを実行しようとしました。
処置: EXCLUSIVEモードでデータベースをマウントしてください。

  • ORA-1588 ORA-01588: データベースをオープンするにはRESETLOGSオプションを使用する必要があります

原因: この処理より前に、RESETLOGSオプションを使用してデータベースをオープンしようとした処理が完了していないか、制御ファイルのバックアップを使用してリカバリが行われたか、あるいはFLASHBACK DATABASEが実行されました。
処置: データベースをオープンする場合は、RESETLOGSオプションを使用してください。

  • ORA-1589 ORA-01589: データベースをオープンするにはRESETLOGSまたはNORESETLOGSを使用する必要があります

原因: 不完全リカバリまたはバックアップ制御ファイルを使用したリカバリのいずれかが実行されています。これらのリカバリの終了後、データベースをオープンするには、RESETLOGSオプションまたはNORESETLOGSオプションを指定する必要があります。
処置: 適切なオプションを指定してください。

  • ORA-1590 ORA-01590: セグメント空きリストの数(string)が最大値stringを超えました

原因: 記憶域パラメータFREELIST GROUPSの値が大きすぎます。
処置: 記憶域パラメータFREELIST GROUPSの値を小さくしてください。

  • ORA-1591 ORA-01591: インダウト分散トランザクションstringがロックを保持しています。

原因: 準備状態で機能していない2フェーズ・コミット・トランザクションによってロックされているリソースにアクセスしようとしました。
処置: DBAはpending_trans$および関連する表を確認して、コーディネータおよびコミット・ポイントに対するネットワーク接続を修復してください。適時修復できない場合は、コミット・ポイントの担当DBA(わかっている場合)またはエンド・ユーザーに正しい結果について問い合せるか、あるいは経験則デフォルトが指定されている場合はこれを使用し、経験則COMMITまたはABORTコマンドを発行して分散トランザクションのローカル部分を完了してください。

  • ORA-1592 ORA-01592: バージョン7からOracle8へのロールバック・セグメント(string)の形式の変換中にエラーが発生しました

原因: 付随する内部エラーを参照してください。バージョン7のデータベースが正しく停止されなかった可能性があります。
処置: 内部エラーを調べてください。必要に応じて、バージョン7のデータベースをバックアップから再ロードし、データベースを完全に停止してください。

  • ORA-1593 ORA-01593: ロールバック・セグメント最適化サイズstringブロックが計算された初期化サイズstringブロックより小さいです。

原因: ロールバック・セグメントの作成中、初期エクステントの累積サイズ(単位はブロック)が、指定したOPTIMALサイズを超えました。
処置: OPTIMALサイズを大きくしてください。

  • ORA-1594 ORA-01594: すでに解放されているロールバック・セグメント(string)のエクステント(string)にラップしようとしました

原因: ロールバック・セグメントのエクステントを解放するために生成されたUNDOが、同じエクステントに書き込もうとしました。これは、エクステントが小さいか、または解放する数が多すぎること(またはその両方)が原因です。
処置: 縮小するロールバック・セグメントは、システムによってロールバックされます。ロールバック・セグメントのOPTIMALサイズを大きくしてください。

  • ORA-1595 ORA-01595: エクステント(string)(ロールバック・セグメント(string))解放中にエラーが発生しました

原因: 非アクティブのロールバック・セグメントのエクステントを解放しようとして、エラーが発生しました。
処置: 付随するエラー・メッセージを確認してください。

  • ORA-1596 ORA-01596: stringパラメータにはシステムを指定できません。

原因: エラー・メッセージに示されているINIT.ORAパラメータに、システム・ロールバック・セグメントが指定されました。
処置: このINIT.ORAパラメータを変更してください。

  • ORA-1597 ORA-01597: ロールバック・セグメントをオンライン/オフラインに変更できません。

原因: システム・ロールバック・セグメントをオンラインまたはオフラインにしようとしました。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-1598 ORA-01598: ロールバック・セグメント'string'はオンラインではありません

原因: すでに、DBAによってオフラインにされているか、SMONによってクリーンアップされている可能性があります。
処置: undo$またはdba_rollback_segsでロールバック・セグメントの状態を調べ、ロールバック・セグメントが実際にオンラインであることを確認してください。

  • ORA-1599 ORA-01599: ロールバック・セグメント(string)の取得に失敗しました。キャッシュ領域がいっぱいです。

原因: max_rollback_segmentsパラメータの値を基にすると、静的に割り当てられた量は十分ではありません。
処置: 当面は別のロールバック・セグメントをオフラインにするか、MAX_ROLLBACK_SEGMENTSパラメータの値を大きくしてください。

  • ORA-1600 ORA-01600: "string"は、"string"句(string)に1つである必要があります。

原因: INIT.ORAパラメータの指定が間違っています。
処置: INIT.ORAパラメータを修正してから、インスタンスを再起動してください。

  • ORA-1601 ORA-01601: "string"句(string)でバケット・サイズが無効です。

原因: このパラメータではバケット・サイズが無効です。
処置: INIT.ORAパラメータを修正してから、インスタンスを再起動してください。

原因: このパラメータではグループ・サイズが無効です。
処置: INIT.ORAパラメータを修正してから、インスタンスを再起動してください。

原因: このパラメータでは番号の範囲が無効です。
処置: INIT.ORAパラメータを修正してから、インスタンスを再起動してください。

原因: このパラメータに数値がありません。
処置: INIT.ORAパラメータを修正してから、インスタンスを再起動してください。

  • ORA-1606 ORA-01606: GC_FILES_TO_LOCKSがマウントされている別のインスタンスと同一ではありません。

原因: 2つのインスタンスでgc_files_to_locksパラメータが異なっています。
処置: INIT.ORAパラメータgc_files_to_lockを修正してから再起動してください。

  • ORA-1607 ORA-01607: 指定されたインスタンスにログ・ファイルを追加できません

原因: 制御ファイルによってサポートされるインスタンス数の制限を超えました。
処置: 制御ファイルでサポートされているインスタンス名を使用するか、制御ファイルのスレッド・レコード・セクションまたはチェックポイント・プログレス・レコード・セクション(またはその両方)をサイズ変更してください。

  • ORA-1608 ORA-01608: ロールバック・セグメント'string'はオンラインにできません。状態が(string)です

原因: すでに、DBAによって、ロールバック・セグメントがオンラインにされているか、プロセス・クラッシュの結果が残されたままになっている可能性があります。
処置: undo$またはdba_rollback_segsで、ロールバック・セグメントの状態を確認してください。

  • ORA-1609 ORA-01609: ログstringはスレッドstringの現在のログです - メンバーは削除できません

原因: スレッドの現在のログのメンバーは削除できません。
処置: スレッドがオープンされている場合、そのスレッドを使用しているインスタンスによってログ・スイッチを要求してください。スレッドがオープンされていない場合は、スレッドを使用不可にし、ログをアーカイブするかまたは削除してください。

  • ORA-1610 ORA-01610: BACKUP CONTROLFILEオプションを指定してリカバリを実行してください。

原因: 以前のデータベース・リカバリ・セッションがBACKUP CONTROLFILEを指定したか、RESETLOGSオプションを指定して制御ファイルが再作成されたか、使用中の制御ファイルがバックアップの制御ファイルであるかのいずれかが原因です。BACKUP CONTROLFILEリカバリのみが許可されます。データベースを次回オープンするときに、ログのリセットが必要です。
処置: BACKUP CONTROLFILEオプションを使用してリカバリを実行してください。

  • ORA-1611 ORA-01611: スレッド番号stringは無効です - 1からstringの範囲で指定してください

原因: コマンドに指定したスレッド番号は、制御ファイルによってサポートされるスレッドの数を超えています。
処置: 有効なスレッド番号を使用するか、制御ファイルのスレッド・レコード・セクションまたはチェックポイント・プログレス・レコード・セクション(またはその両方)をサイズ変更してください。

  • ORA-1612 ORA-01612: インスタンスstring(スレッドstring)はすでに使用可能です

原因: すでに使用可能にされているスレッドを使用可能にしようとしました。
処置: このスレッドを使用するか、または別のスレッドを使用可能にしてください。

  • ORA-1613 ORA-01613: インスタンスstring(スレッドstring)にはログがstringのみあります - ログは2つ以上必要です。

原因: 対応付けられたオンライン・ログ・ファイルが2つのみのため、スレッドを使用可能にできません。
処置: スレッドにログを追加するか、または別のスレッドを使用可能にしてください。

  • ORA-1614 ORA-01614: インスタンスstring(スレッドstring)はビジーです - 使用可能にできません

原因: スレッドを使用可能にしようとしているときに、そのスレッドに対するマウント・エンキューが取得できませんでした。このスレッドを使用可能にする別のプロセスが起動されている可能性があります。
処置: しばらく待ってから再試行するか、または使用可能な別のスレッドを見つけてください。

  • ORA-1615 ORA-01615: インスタンスstring(スレッドstring)はマウントされています - 使用不可にできません

原因: いずれかのインスタンス(インスタンスである可能性が高い)が使用するためにスレッドを割り当てています。使用中のスレッドを使用不可にはできません。
処置: スレッドを使用しているインスタンスを正しく停止してください。

  • ORA-1616 ORA-01616: インスタンスstring(スレッドstring)はオープンされています - 使用不可にできません

原因: スレッドがクローズされていません。スレッドを使用した最後のインスタンスが、スレッドをオープンしたまま停止しました。クローズしないかぎり、スレッドを使用不可にはできません。クラッシュ・リカバリまたはインスタンス・リカバリには、スレッドが必要です。
処置: データベースがオープンしている場合は、インスタンス・リカバリはスレッドをただちにクローズします。しばらく待機してください。それ以外の場合は、データベースをオープンすると、クラッシュ・リカバリによってスレッドはクローズされます。

  • ORA-1617 ORA-01617: マウントできません: stringは有効なスレッド番号ではありません

原因: INIT.ORAパラメータTHREADの値が、1から制御ファイルで許可されているスレッド数の間にありません。
処置: インスタンスを停止し、INIT.ORAパラメータの値を変更して再起動するか、制御ファイルのスレッド・レコード・セクションまたはチェックポイント・プログレス・レコード・セクション(またはその両方)をサイズ変更してください。

  • ORA-1618 ORA-01618: レド・スレッドstringが使用可能ではありません - マウントできません

原因: INIT.ORAパラメータ「thread」の値は、使用可能になっていないスレッドを要求しています。マウントする前に、スレッドを使用可能にする必要があります。
処置: インスタンスを一度停止し、INIT.ORAパラメータの値を変更してから、別のスレッドのマウントを開始してください。データベースが別のインスタンスでオープンしている場合は、そのスレッドが使用可能になっている可能性があります。

  • ORA-1619 ORA-01619: スレッドstringは別のインスタンスによってマウントされています。

原因: INIT.ORAパラメータ「thread」の値は、別のインスタンスによってマウントされているスレッドを要求しています。1つのスレッドを使用するインスタンスは1つのみです。
処置: インスタンスを一度停止し、INIT.ORAパラメータの値を変更してから、別のスレッドのマウントを開始してください。

  • ORA-1620 ORA-01620: マウントに使用できるパブリック・スレッドが存在しません。

原因: INIT.ORAパラメータ「thread」の値は、デフォルト値である0(ゼロ)になっています。パブリックで使用可能なスレッドがなく、マウントされていません。
処置: インスタンスを一度停止し、INIT.ORAパラメータの値を、プライベートで使用可能な、まだマウントされていないスレッドに変更してください。データベースが別のインスタンスでオープンされている場合、スレッドをパブリックで使用可能にできます。

  • ORA-1621 ORA-01621: データベースがオープンされている場合は現行のログ・メンバーの名前は変更できません。

原因: オープン・スレッドの現行のログのメンバーに対して名前を変更しようとしています。データベースがオープンされている場合、ログは使用中であるため名前は変更できません。
処置: ログが現行のログでなくなるまで待つか、またはデータベースを排他的にマウントしてください。

  • ORA-1622 ORA-01622: スレッド番号を指定してください - デフォルト指定はありません

原因: ログの追加時にスレッドが指定されておらず、現在マウントされているスレッドが、マウント時にデフォルトで選択されました。現行のスレッドが明示的に指定されていないため、ユーザーはログが追加されるスレッドを認識できません。
処置: INIT.ORAパラメータ「thread」またはADDコマンドのどちらかで、スレッド番号を明示的に指定してください。

  • ORA-1623 ORA-01623: ログstringはインスタンスstring(スレッドstring)の現在のログです - 削除できません

原因: スレッドがクローズされていても、そのスレッドの現行のログは削除できません。通常、使用不可となっているスレッドは現行のログを持っていません。ただし、不完全に使用不可にされているスレッドは、再度使用不可にする必要があります。
処置: データベースがオープンされていない場合、スレッドを使用不可にしてください。データベースがオープンされており、インスタンスがスレッドをオープンさせる場合、インスタンスにログ・スイッチを要求できます。データベースがクローズされている場合、ログを消去またはアーカイブしてログ・スイッチを強制できます。

  • ORA-1624 ORA-01624: ログstringはインスタンスstring(スレッドstring)のクラッシュ・リカバリに必要です。

原因: スレッドのチェックポイントがログの外に進まないかぎり、ログを削除または消去できません。
処置: データベースがオープンしていない場合は、オープンしてください。クラッシュ・リカバリはチェックポイントを進めます。データベースがオープンしている場合は、グローバル・チェックポイントを強制実行してください。ログが破損したためにデータベースをオープンできない場合は、このログが取り消されるまで、不完全リカバリを行う必要がある場合があります。

  • ORA-1625 ORA-01625: ロールバック・セグメント'string'はこのインスタンスに属しません

原因: このインスタンスに属していないロールバック・セグメントを縮小またはオフラインにしようとしました。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-1626 ORA-01626: ロールバック・セグメント番号'string'はこれ以上のトランザクションを処理できません

原因: このセグメント内のトランザクションが多すぎます。
処置: 別のロールバック・セグメントを選択するか、または同時実行のトランザクション数を削減してください。

  • ORA-1627 ORA-01627: ロールバック・セグメント番号'string'はオンラインになっていません

原因: すでに、DBAによってオフラインにされているか、SMONによってクリーンアップされている可能性があります。
処置: undo$またはdba_rollback_segsでロールバック・セグメントの状態を調べ、ロールバック・セグメントが実際にオンラインであることを確認してください。

  • ORA-1628 ORA-01628: 最大エクステント数(string)に達しました(ロールバック・セグメントstring)

原因: すでにMAXEXTENTS値であるロールバック・セグメントを拡張しようとしました。
処置: MAXEXTENTS記憶域パラメータの値がシステムに可能な最大値より小さい場合、この値を大きくしてください。

  • ORA-1629 ORA-01629: UNDOを保存して最大エクステント数(string)に達しました(表領域string)

原因: オフライン表領域のUNDOを保存するための最大エクステントに達しました。
処置: SYSTEM表領域の記憶域パラメータを確認してください。表領域は、UNDOが適用できるようにオンラインに戻す必要があります。

  • ORA-1630 ORA-01630: 一時セグメントで最大エクステント数(string)に達しました(表領域string)

原因: 一時セグメントが最大エクステントを超えて拡張しようとしました。
処置: 表領域のMAXEXTENTS値がシステムの最大値より小さい場合は、値を大きくできます。それ以外の場合は、表領域のPCTINCREASE値を大きくしてください。

  • ORA-1631 ORA-01631: 最大エクステント数(string)に達しました(表string.string)

原因: 表がMAXEXTENTSを超えて拡張しようとしました。
処置: MAXEXTENTSがシステムの最大値より小さい場合は、それを大きくしてください。それ以外の場合は、INITIAL、NEXTまたはPCTINCREASEパラメータの値を大きくして再作成してください。

  • ORA-1632 ORA-01632: 最大エクステント数(string)に達しました(索引string.string)

原因: 索引がMAXEXTENTSを超えて拡張しようとしました。
処置: MAXEXTENTSがシステムの最大値より小さい場合は、それを大きくしてください。それ以外の場合は、より大きなINITIAL、NEXTまたはPCTINCREASEパラメータで再作成してください。

  • ORA-1633 ORA-01633: この操作にはReal Application Clustersオプションが必要です

原因: システムは、Oracle Real Application Clustersで構成されていません。
処置: Oracle Real Application Clustersオプションを入手してください。

  • ORA-1634 ORA-01634: ロールバック・セグメント番号'string'がオフラインになります

原因: 指定したロールバック・セグメントは、DBAによってオフライン指定されています。
処置: まず、ロールバック・セグメントをオンラインにしてください。

  • ORA-1635 ORA-01635: 指定されたロールバック・セグメント番号stringは使用できません。

原因: (1545と同じ)
処置: (1545と同じ)

  • ORA-1636 ORA-01636: ロールバック・セグメント'string'はすでにオンラインです

原因: インスタンスが、すでにオンラインになっているRSをオンラインにしようとしています。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-1637 ORA-01637: ロールバック・セグメント'string'は他のインスタンス(番号string)が使用中です

原因: インスタンスが、すでに別のインスタンスで使用されているRSをオンラインにしようとしています。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-1638 ORA-01638: パラメータstringを指定してORACLEバージョンstringでクラスタ・データベースをマウントできません

原因: recovery compatibleパラメータの値の設定が小さすぎたために、このソフトウェア・バージョンではクラスタ・データベース・モードでマウントできません。
処置: ソフトウェアの以前のリリースを使用するか、またはrecovery_compatibleパラメータを大きくしてください。recovery_compatibleパラメータが指定されていないときにこのエラーが発生する場合は、このパラメータを現行のソフトウェアのリリースに設定してください。

  • ORA-1639 ORA-01639: インスタンスstringにはスレッドが割り当てられていません

原因: 制御ファイル内に、インスタンスと、このインスタンスのスレッド間のマッピングがありません。
処置: このインスタンスにログ・ファイルを追加するか、またはマッピングを自動作成する既存のスレッドを使用してこのインスタンスを起動して、このインスタンスにスレッドが割り当てられていることを確認してください。

  • ORA-1640 ORA-01640: アクティブなトランザクションがあるため表領域を読取り専用にできません。

原因: アクティブなトランザクションがあるデータベースで、表領域を読取り専用にしようとしました。表領域を読取り専用にする前に、UNDOがその中にないことを確認するため、すべてのトランザクションをコミットまたはロールバックする必要があります。これには、インダウト分散トランザクションが含まれます。
処置: これ以上トランザクションが起動されないようにしてください。データベースを制限モードにすると、トランザクションの起動を防ぐことができます。インダウト・トランザクションがある場合は、解決してください。

  • ORA-1641 ORA-01641: 表領域'string'はオンラインではありません - データファイルを追加できません

原因: 読取り専用またはオフラインに設定されている表領域に、データファイルを追加しようとしました。
処置: 表領域をオンラインまたは読取り/書込み両用にしてからデータファイルを追加してください。

  • ORA-1642 ORA-01642: 読取り専用の表領域'string'にはBEGIN BACKUPは必要ありません。

原因: 読取り専用に設定されている表領域のバックアップを開始または終了しようとしました。
処置: BEGINまたはENDコマンドを使用せずにバックアップを実行してください。ファイルが変更されていないため、バックアップには一貫性があります。

原因: SYSTEM表領域を読込み専用に設定しようとしました。SYSTEM表領域は、データベース操作に対して読取り/書込み両用である必要があります。
処置: SYSTEM表領域を読取り/書込み両用のままにしておいてください。

原因: すでに読取り専用の表領域を読取り専用にしようとしました。
処置: 表領域を読取り専用のままにするか、読取り/書込み両用に変更してから再度読取り専用にしてください。

  • ORA-1645 ORA-01645: 以前実行した読取り/書込みにする試行は半分完了しています。

原因: 表領域を読取り/書込み両用にしている最中に障害が発生し、表領域は読取り専用のままですが、チェックポイントは前進しました。表領域のファイルがオフラインの場合は、RESETLOGS後に表領域は使用不可能になります。
処置: コマンドを繰り返して、表領域を読取り/書込み両用にしてください。

  • ORA-1646 ORA-01646: 表領域'string'は読取り専用ではありません。- 読取/書込みにできません。

原因: 読取り専用ではない表領域を読取り/書込み両用にしようとしました。表領域はオンライン、オフラインいずれの可能性もあります。
処置: 表領域を読取り/書込み両用のままにしておいてください。

  • ORA-1647 ORA-01647: 表領域'string'は読取り専用です。領域を割当てできません

原因: 読取り専用の表領域に領域を割り当てようとしました。
処置: 別の表領域中にオブジェクトを作成してください。

  • ORA-1648 ORA-01648: ログstringは使用不能インスタンスstring(スレッドstring)の現行のログです。

原因: スレッドを使用可能にしようとしましたが、半分だけ完了した後失敗しました。このログは、スレッドが使用できない状態のままですが、現行のログとして残っています。ログ・スイッチはスレッドが使用可能になるまで行われないため、そのログは消去またはアーカイブできません。
処置: ENABLEコマンドを再発行して、スレッドの使用可能化を完了してください。

  • ORA-1649 ORA-01649: バックアップ制御ファイルを使用した操作はできません

原因: 制御ファイルがリストアされたバックアップであるときに無効なコマンドを実行しようとしています。
処置: データベースがオープンされるまで待ってから再試行してください。

  • ORA-1650 ORA-01650: ロールバック・セグメントstringを拡張できません(string分、表領域string)。

原因: 表領域のロールバック・セグメントに必要な数のブロックのエクステントを割り当てられませんでした。
処置: ALTER TABLESPACE ADD DATAFILE文を使用して、指定された表領域に1つ以上のファイルを追加してください。

  • ORA-1651 ORA-01651: ロールバック・セグメントを拡張できません(string分、表領域string)。

原因: 指定されたオフライン表領域のUNDOエントリを保存するために、必要な数のブロックのエクステントを割り当てられませんでした。
処置: SYSTEM表領域に対する記憶域パラメータを確認してください。表領域は、UNDOが適用できるようにオンラインに戻す必要があります。

  • ORA-1652 ORA-01652: 一時セグメントを拡張できません(string分、表領域string)。

原因: 指定された表領域の一時セグメントに必要な数のブロックのエクステントを割り当てられませんでした。
処置: ALTER TABLESPACE ADD DATAFILE文を使用して、指定された表領域に1つ以上のファイルを追加してください。

  • ORA-1653 ORA-01653: 表string.stringを拡張できません(string分、表領域string)。

原因: 指定された表領域の表セグメントに必要な数のブロックのエクステントを割り当てられませんでした。
処置: ALTER TABLESPACE ADD DATAFILE文を使用して、指定された表領域に1つ以上のファイルを追加してください。

  • ORA-1654 ORA-01654: 索引string.stringを拡張できません(string分、表領域string)。

原因: 指定された表領域の索引セグメントに必要な数のブロックのエクステントを割り当てられませんでした。
処置: ALTER TABLESPACE ADD DATAFILE文を使用して、指定された表領域に1つ以上のファイルを追加してください。

  • ORA-1655 ORA-01655: クラスタstring.stringを拡張できません(string分、表領域string)。

原因: 指定された表領域のクラスタ・セグメントに必要な数のブロックのエクステントを割り当てられませんでした。
処置: ALTER TABLESPACE ADD DATAFILE文を使用して、指定された表領域に1つ以上のファイルを追加してください。

  • ORA-1656 ORA-01656: 最大エスクテント数(string)に達しました(クラスタstring.string)

原因: クラスタがMAXEXTENTSを超えて拡張しようとしました。
処置: MAXEXTENTSがシステムの最大値より小さい場合は、それを大きくしてください。それ以外の場合は、INITIAL、NEXTまたはPCTINCREASEパラメータの値を大きくして再作成してください。

原因: 整数値を指定する必要があります。
処置: 適切な整数値を指定してください。

  • ORA-1658 ORA-01658: 表領域stringにセグメント用のINITIALエクステントを作成できません。

原因: 作成中のセグメントにINITIALエクステントを割当てできる十分な連続領域を見つけられませんでした。
処置: ALTER TABLESPACE ADD DATAFILEを使用して表領域にさらに領域を追加するか、INITIALの値を小さくして再試行してください。

  • ORA-1659 ORA-01659: stringを超えるMINEXTENTSを表領域stringに割当てできません。

原因: 作成中のセグメントにMINEXTENTSを割当てできる十分な連続領域を見つけられませんでした。
処置: ALTER TABLESPACE ADD DATAFILEを使用して表領域にさらに領域を追加するか、MINEXTENTS、NEXTまたはPCTINCREASEの値を小さくして再試行してください。

原因: すでに永続領域になっている表領域を、永続領域にしようとしました。
処置: 表領域を永続領域のままにしておいてください。

原因: すでに一時領域になっている表領域を、一時領域にしようとしました。
処置: 表領域を永続領域のままにしておいてください。

  • ORA-1662 ORA-01662: 表領域'string'は空ではなく一時表領域にできません。

原因: 空でない表領域を一時表領域に変換しようとしました。
処置: 表領域中のすべてのオブジェクトを削除してください。

原因: 表領域の内容が常にPERMANENTとTEMPORARYの間で変更されています。
処置: 表領域の内容をどちらかに決定し、固定してください。

  • ORA-1664 ORA-01664: ソート・セグメントを拡張したトランザクションが異常終了しました。

原因: これは内部エラーです。
処置: Oracleサポートに連絡してください。

  • ORA-1665 ORA-01665: 制御ファイルがスタンバイ制御ファイルではありません

原因: スタンバイ制御ファイルを使用せずに、スタンバイ・データベースのマウント、リカバリまたはアクティブ化を実行しようとしました。
処置: スタンバイ制御ファイルを作成してから、データベースをスタンバイ・データベースとして使用してください。

  • ORA-1666 ORA-01666: 制御ファイルはスタンバイ・データベース用です

原因: スタンバイ・データベースを指定する適切なコマンド・オプションを使用せずに、スタンバイ・データベースのマウント、リカバリまたはオープンを実行しようとしました。
処置: スタンバイ・オプションまたは適切なコマンドを使用するか、プライマリ制御ファイルを使用してマウントを実行してください。

  • ORA-1667 ORA-01667: 表領域をこれ以上追加できません: 制限数stringを超えました

原因: 制御ファイルには、これ以上表領域を追加する空きがありません。
処置: 制御ファイルのサイズを変更するか、他の表領域を削除してください。

  • ORA-1668 ORA-01668: スタンバイ・データベースにはデータファイルのオフライン用DROPオプションが必要です

原因: DROPオプションを指定せずに、スタンバイ・データベースでデータファイルをオフラインにしようとしました。スタンバイ・データベースでオフラインになっているファイルがリカバリされず、スタンバイ・データベースをアクティブにしても使用できない可能性があります。DROPオプションを指定しても、後でファイルがオンラインにならないとはかぎりません。
処置: DROPオプションを指定するか、ファイルをオンラインのままにしておいてください。

  • ORA-1669 ORA-01669: スタンバイ・データベース制御ファイルが矛盾しています。

原因: データファイルと同じ状態までリカバリされていない制御ファイルを使用して、スタンバイ・データベースをアクティブにしようとしました。この制御ファイルはプライマリ・データベースからコピーされ、リカバリに使用されなかった可能性があります。
処置: すべてのファイルの整合性がとれるまで、スタンバイ・データベースをリカバリしてください。

  • ORA-1670 ORA-01670: スタンバイ・データベースのリカバリに新しいデータファイルstringが必要です。

原因: スタンバイ・データベースのリカバリによって、ファイルがプライマリ・データベースに追加されたことが通知されましたが、このファイルはスタンバイ・データベースでは使用できません。
処置: プライマリ・データベースでファイルをコピーするか、スタンバイ・データベースでALTER DATABASE CREATE DATAFILEコマンドを実行して、リカバリに使用するファイルを作成してください。

  • ORA-1671 ORA-01671: 制御ファイルはバックアップ用です。スタンバイ制御ファイルにはできません

原因: バックアップ制御ファイルが現在マウントされている状態で、スタンバイ・データベース用の制御ファイルを作成しようとしました。
処置: 必要なリカバリを完了してから、RESETLOGSオプションを指定してデータベースをオープンしてください。

  • ORA-1672 ORA-01672: 制御ファイルでファイルが不足しているか、余分なファイルがある可能性があります

原因: スタンバイ制御ファイルを作成しようとしていますが、この制御ファイルはCREATE CONTROLFILEを使用して最近作成されたか、または不完全リカバリが実行されています。このため、制御ファイル内とデータ・ディクショナリ内のデータファイルは一致していない可能性があります。
処置: データベースをオープンしてから操作を再試行してください。

原因: 不完全リカバリまたはCREATE CONTROLFILEの実行後、このデータファイルが制御ファイルからなくなっています。スタンバイ・データベースのリカバリにはデータファイルのヘッダーからの情報が必要なため、スタンバイ制御ファイルが作成できません。
処置: ファイルを検索して、それをオンラインにしてください。ファイルは必要に応じてオフラインに戻してください。このファイルを削除する場合、DROPオプションを指定してオフラインにすると、このエラーは発生しません。

  • ORA-1674 ORA-01674: データファイルstringが現行のファイルより古いインカネーションのものです。

原因: このファイルがデータベースから削除されていることを示すREDOログがリカバリで検出されましたが、削除されたファイルと同じファイル番号を使用して別のファイルが追加されました。これは、CREATE CONTROLFILEコマンドで、現行のファイルではなく削除された古いファイルが指定されているということです。
処置: CREATE CONTROLFILEを使用して制御ファイルを再構築し、正しいファイルを指定してください。

  • ORA-1675 ORA-01675: MAX_COMMIT_PROPAGATION_DELAYが他のインスタンスと矛盾しています

原因: INIT.ORAパラメータMAX_COMMIT_PROPAGATION_DELAYが、他のインスタンス内の同じパラメータと矛盾しています。
処置: すべてのインスタンスのmax_commit_propagation_delay値が同じであることを確認してください。

  • ORA-1676 ORA-01676: 'string'の変換であるスタンバイ・ファイル名がstringの最大長を超えました

原因: 指定されたファイル名をスタンバイ・データベースで使用される名前に変換するとき、変換された名前がファイル名の許容最大長を超えています。
処置: 初期化パラメータDB_FILE_STANDBY_NAME_CONVERTまたはLOG_FILE_STANDBY_NAME_CONVERTを変更して、有効なファイル名に変換してください。

  • ORA-1677 ORA-01677: スタンバイ・ファイル名変換パラメータは他のインスタンスと異なっています

原因: 初期化パラメータDB_FILE_STANDBY_NAME_CONVERTまたはLOG_FILE_STANDBY_NAME_CONVERTが、このデータベースをすでにマウントしている他のインスタンス内の同じパラメータと矛盾しています。
処置: 初期化パラメータDB_FILE_STANDBY_NAME_CONVERTおよびLOG_FILE_STANDBY_NAME_CONVERTを変更して、他のインスタンスと一致させてください。

  • ORA-1678 ORA-01678: パラメータstringはパターンと置換文字列の組合せである必要があります。

原因: 初期化パラメータの値に、偶数の文字列が指定されていません。奇数の文字列は、ファイル名で検索されるパターンです。偶数の文字列は、ファイル名で検索されたときに対応するパターンを置換するために使用します。
処置: パラメータに偶数の文字列を指定するか、またはパラメータを省略してください。

  • ORA-1679 ORA-01679: データベースをアクティブにするには、EXCLUSIVEにマウントしてオープンする必要があります。

原因: データベースがEXCLUSIVEでマウントされていないとき、またはすでにオープンしているときにスタンバイ・データベースをアクティブにしようとしました。
処置: データベースをEXCLUSIVEオプションで指定してマウントし、ACTIVATEコマンドを再試行してください。

  • ORA-1680 ORA-01680: LOBセグメントを拡張できません(string分、表領域string)。

原因: 指定された表領域のLOBセグメントに必要な数のブロックのエクステントを割り当てられませんでした。
処置: ALTER TABLESPACE ADD DATAFILE文を使用して、指定された表領域に1つ以上のファイルを追加してください。

  • ORA-1681 ORA-01681: 最大エクステント数(string)に達しました(LOBセグメント、表領域string)

原因: LOBセグメントが最大エクステントを超えて拡張しようとしました。
処置: 表領域のMAXEXTENTS値がシステムの最大値より小さい場合は、値を大きくできます。それ以外の場合は、表領域のPCTINCREASE値を大きくしてください。

  • ORA-1682 ORA-01682: 読取り専用データベースでは表領域stringに一時領域の割当てはできません。

原因: 一時領域(一般にソート用)が、主記憶域またはテンポラリ・ファイルのいずれにも割り当てられませんでした。指定された表領域からの領域を割り当てようとしましたが、データベースが読込み専用でオープンされています。データベースのオープンには、ソート作業領域が必要です。
処置: 主記憶域に十分な作業領域を割り当てるか(SORT_AREA_SIZE初期化パラメータ)、一時表領域を作成してからデータベースを読込み専用にしてください。ALTER TABLESPACE ADD TEMPFILE文を使用して、テンポラリ・ファイルを一時表領域に追加してください。

  • ORA-1683 ORA-01683: 索引string.stringのパーティションstringを拡張できません(string分、表領域string)。

原因: 指定された表領域の索引セグメントに必要な数のブロックのエクステントを割り当てられませんでした。
処置: ALTER TABLESPACE ADD DATAFILE文を使用して、指定された表領域に1つ以上のファイルを追加してください。

  • ORA-1684 ORA-01684: 最大エクステント数(string)に達しました(表string.stringのパーティションstring)

原因: 表がMAXEXTENTSを超えて拡張しようとしました。
処置: MAXEXTENTSがシステムの最大値より小さい場合は、それを大きくしてください。それ以外の場合は、INITIAL、NEXTまたはPCTINCREASEパラメータの値を大きくして再作成してください。

  • ORA-1685 ORA-01685: 最大エクステント数(string)に達しました(索引string.stringのパーティションstring)

原因: 索引がMAXEXTENTSを超えて拡張しようとしました。
処置: MAXEXTENTSがシステムの最大値より小さい場合は、それを大きくしてください。それ以外の場合は、より大きなINITIAL、NEXTまたはPCTINCREASEパラメータで再作成してください。

  • ORA-1686 ORA-01686: 最大ファイル数(string)に達しました(表領域string)。

原因: 指定の表領域のファイル数が最大値に達しました。
処置: 表領域内の既存ファイルのサイズを変更するか、複数の表領域間のオブジェクトをパーティション化してください。または、いくつかのオブジェクトを別の表領域に移動してください。

  • ORA-1687 ORA-01687: 表領域'string'に指定されたロギング属性が既存のものと同じです

原因: 表領域のデフォルトのロギング属性(LOGGINGまたはNOLOGGING)を既存のロギング属性と同じにしようとしました。
処置: 指定したロギング属性を変更してください。

  • ORA-1688 ORA-01688: 表string.stringのパーティションstringを拡張できません(string、表領域string)

原因: 指定された表領域の表セグメントに必要な数のブロックのエクステントを割り当てられませんでした。
処置: ALTER TABLESPACE ADD DATAFILE文を使用して、指定された表領域に1つ以上のファイルを追加してください。

原因: INIT.ORAパラメータに構文エラーがありました。
処置: 構文エラーを修正してから、インスタンスを再起動してください。

原因: ソート領域のサイズが小さすぎるため、2つのレコードがメモリーに入りません。
処置: SORT_AREA_SIZEの値を大きくしてください。

  • ORA-1691 ORA-01691: LOBセグメントstring.stringを拡張できません(string分、表領域string)。

原因: 指定された表領域のLOBセグメントに必要な数のブロックのエクステントを割り当てられませんでした。
処置: ALTER TABLESPACE ADD DATAFILE文を使用して、指定された表領域に1つ以上のファイルを追加してください。

  • ORA-1692 ORA-01692: LOBセグメントstring.stringのパーティションstringを拡張できません(string分、表領域string)。

原因: 指定された表領域のLOBセグメントに必要な数のブロックのエクステントを割り当てられませんでした。
処置: ALTER TABLESPACE ADD DATAFILE文を使用して、指定された表領域に1つ以上のファイルを追加してください。

  • ORA-1693 ORA-01693: 最大エクステント数(string)に達しました(LOBセグメントstring.string)

原因: LOBセグメントがMAXEXTENTSを超えて拡張しようとしました。
処置: MAXEXTENTSがシステムの最大値より小さい場合は、それを大きくしてください。それ以外の場合は、より大きなINITIAL、NEXTまたはPCTINCREASEパラメータで再作成してください。

  • ORA-1694 ORA-01694: 最大エクステント数(string)に達しました(LOBセグメントstring.stringのパーティションstring)

原因: LOBセグメントがMAXEXTENTSを超えて拡張しようとしました。
処置: MAXEXTENTSがシステムの最大値より小さい場合は、それを大きくしてください。それ以外の場合は、より大きなINITIAL、NEXTまたはPCTINCREASEパラメータで再作成してください。

  • ORA-1695 ORA-01695: バージョン8.0.2へのロールバック・セグメントstringの変換中にエラーが発生しました。

原因: バージョン8.0.1のデータベースが正しく停止されなかった可能性があります。
処置: 8.0.1のデータベースを再ロードし、正しく停止してください。

  • ORA-1696 ORA-01696: 制御ファイルがクローン制御ファイルではありません

原因: 他のインスタンスでクローンとしてではなくマウントされているデータベースを、クローンとしてマウントしようとしました。または、現行の制御ファイルをクローンとして使用しようとしました。
処置: クローン・オプションなしでマウントするか、バックアップ制御ファイルを使用して他のインスタンスを停止してからクローンとしてマウントしてください。

  • ORA-1697 ORA-01697: 制御ファイルはクローン・データベース用です。

原因: クローン・データベースを指定する適切なコマンド・オプションなしで、クローン・データベースをマウントしようとしました。
処置: クローン・オプションまたは適切なコマンドを使用するか、プライマリ制御ファイルを使用してマウントを実行してください。

  • ORA-1698 ORA-01698: クローン・データベースでSYSTEMロールバック・セグメントをオンラインにしています。

原因: クローン・データベース内のロールバック・セグメントをオンラインにしようとしました。
処置: このコマンドを使用しないでください。

  • ORA-1699 ORA-01699: 表領域'string'がPoint-in-Timeリカバリ用にインポートされています

原因: 表領域をオンラインにしようとしました。または、Point-in-Timeインポートの処理中に、別のPoint-in-Timeインポートを開始しようとしました。
処置: インポートが完了するまで待機してください。

原因: 他の原因も考えられますが、このメッセージは、エディショニング・ビューをビューで定義しようとすると表示されます。
処置: エディショニング・ビューは実表でのみ作成できます。

原因: 文字列リテラルが4000文字より長くなっています。
処置: 4000文字以下の文字列リテラルを使用してください。バインド変数を使用する場合にのみ、長い値を入力してください。

原因: クラスタ索引をUNIQUE属性で作成しようとしました。
処置: CREATE INDEX文からUNIQUEを削除してください。

原因: NOSORTオプションを使用してクラスタ索引を作成しようとしました。
処置: CREATE INDEX文からNOSORTを削除してください。

  • ORA-1718 ORA-01718: NOAUDIT文ではBY ACCESS句またはBY SESSION句は使用できません。

原因: NOAUDIT文でBY ACCESS句またはSESSION句を指定しようとしました。
処置: BY ACCESS句またはBY SESSION句を削除してください。

  • ORA-1719 ORA-01719: ORまたはINオペランドの中で外部結合演算子(+)は使用できません

原因: OR句の中で外部結合が使用されました。
処置: AおよびBを述語とすると、(A(+) OR B)と同じ結果を得るためには、(SELECT WHERE(A(+) AND NOT B)) UNION ALL (SELECT WHERE(B))を試行してください。

  • ORA-1720 ORA-01720: 'string.string'に対するGRANTオプションは存在しません。

原因: ビューでGRANTが実行されましたが、このオブジェクトに対して権限がありません。
処置: ビューの基礎となるすべてのオブジェクトに対するGRANT権限を取得してください。

  • ORA-1721 ORA-01721: USERENV(COMMITSCN)がトランザクションで複数回起動されました。

原因: USERENV('COMMITSCN')関数は、トランザクションで1回のみ使用できます。
処置: USERENV('COMMITSCN')を1回のみ使用するように、トランザクションを修正してください。

原因: このエラーの原因は自明です。
処置: このエラーの原因は自明です。

原因: USERNEV('COMMMITSCN')関数は、INSERT文のVALUES句およびUPDATE文の代入文の右辺においてのみ最上位の式として使用できます。
処置: 関数の使用方法を修正してください。

  • ORA-1734 ORA-01734: パラメータが無効です - EXTENT MINがEXTENT MAXより大きいです

原因: 不適切な値がパラメータに指定されました。
処置: パラメータを修正してから、文を再試行してください。

原因: 表示されている/*トークンで始まるコメントまたはヒントが、終わりを示す*/トークンで終了していません。
処置: */でコメントまたはヒントを正しく終了させてください。

原因: 索引関数は、SYSDATEまたはユーザー環境を使用してください。
処置: PL/SQLファンクションは、純関数(RNDS、RNPS、WNDS、WNPS)である必要があります。SQL式は、SYSDATE、USER、USERENV()、またはセッション状態に依存する関数を使用できません。NLSに依存する関数は使用できます。

原因: ALTER DUMP UNDOコマンドに無効なオプションが指定されています。
処置: コマンドを修正して、再発行してください。

原因: 削除された表には、
- キー保存された表がありません。

- 複数のキー保存された表があります。または、

- キー保存された表がマージされていないビューです。

処置: ビューを再定義するか、基礎となる実表からビューを削除してください。

原因: LONG列をすでにLONG列を持っている表に追加しようとしました。表のLONG列が現在すでに未使用とマークされていても、その未使用の列が削除されるまで、別のLONG列を追加できません。
処置: ALTER TABLEコマンドを使用して、現在表にあるLONG列を削除してください。

  • ORA-1755 ORA-01755: エクステント番号またはブロック番号を指定する必要があります

原因: エクステント番号またはブロック番号以外のものが指定されました。
処置: エラーを修正して、コマンドを再発行してください。

原因: オブジェクト番号以外のものが指定されました。
処置: エラーを修正して、コマンドを再発行してください。

  • ORA-1761 ORA-01761: DML操作が、結合の中の一意の表にマップしません。

原因: 主表は、更新、挿入または削除操作が最後に実行される実表です。削除操作の場合、結合問合せの中に主表がないか、または2つ以上の主表があります。更新または挿入操作の場合、指定された列が2つ以上の実表にマップします。
処置: 結合指定を変更してください。

  • ORA-1763 ORA-01763: 更新または削除に外部結合された表が含まれています

原因: 削除操作の場合、削除された表は他のいずれかの表に対して外部結合になっています。更新操作の場合、更新された表が他のいずれかの表に対して外部結合になっているか、主表から到達可能な表が主表から到達できない表に対して外部結合になっています。
処置: 結合指定を変更してください。

  • ORA-1764 ORA-01764: 結合の新規更新値が一意であることを保証されていません。

原因: 結合問合せ表の行が、更新される行に対して1つの値のみを持つことが保証されていない表の行を使用して更新されています。
処置: 結合指定を変更してください。

原因: クラスタ化表のCREATEに対して、複数のCLUSTERオプションを指定しようとしました。
処置: 重複するクラスタを削除してください。

原因: クラスタ化表のCREATEまたはALTERを実行中に、INITRANS、MAXTRANS、PCTFREE、PCTUSED、STORAGE、TABLESPACEの各オプションを1つ以上入力しようとしました。これらのオプションは、クラスタ自身に対してのみ指定されます。
処置: 不正なオプションを削除してください。

原因: LEVELの値以外のものが指定されました。
処置: エラーを修正して、コマンドを再発行してください。

原因: ALTER DUMP UNDOに同じオプションが2回指定されました。
処置: 不要なオプションを削除して、コマンドを再発行してください。

  • ORA-1776 ORA-01776: 結合ビューを介して複数の実表を変更できません。

原因: 複数の基礎となる表に属する列が挿入または更新されました。
処置: 文を2つ以上の別々の文として句にしてください。

  • ORA-1779 ORA-01779: キー保存されていない表にマップする列は変更できません

原因: キー保存されていない表にマップする結合ビューの列を、挿入または更新しようとしました。
処置: 基礎となる実表を直接変更してください。

  • ORA-1781 ORA-01781: AS SELECTを使用せずにUNRECOVERABLEを指定することはできません

原因: 移入している副問合せをAS句で指定せずに、CREATE TABLE文にUNRECOVERABLEを指定しました。
処置: UNRECOVERABLEを指定しないでください。

  • ORA-1782 ORA-01782: UNRECOVERABLEをクラスタまたはクラスタ表に対して指定することはできません

原因: CREATE CLUSTER文またはクラスタ化されたCREATE TABLE文によってUNRECOVERABLEが指定されました。
処置: UNRECOVERABLEを指定しないでください。

  • ORA-1783 ORA-01783: RECOVERABLEまたはUNRECOVERABLE句は1つのみ指定できます

原因: RECOVERABLEが複数回指定されたか、UNRECOVERABLEが複数回指定されたか、RECOVERABLEとUNRECOVERABLEの両方がCREATE TABLE文、CREATE INDEX文またはALTER INDEX REBUILD文で指定されたかのいずれかが原因です。
処置: RECOVERABLE句またはUNRECOVERABLE句のうちのいずれか1つを残してその他はすべて削除し、文を再発行してください。

  • ORA-1784 ORA-01784: データベースのメディア・リカバリが使用不能の状態ではRECOVERABLEを指定できません。

原因: データベースがNOARCHIVELOGモードで実行しているときに、CREATE TABLE文またはCREATE INDEX文がRECOVERABLEを指定しました。ログがアーカイブされていないため、上書きされ、オブジェクトの作成前に取ったバックアップから、作成中のオブジェクトをリカバリできません。
処置: RECOVERABLEを指定しないか、メディア・リカバリを使用可能にしてデータベースを再起動してください。

  • ORA-1792 ORA-01792: 表またはビューに指定できる最大列数は1000です。

原因: 1001列以上ある表またはビューを作成しようとしたか、列を追加しすぎたため許容できる最大の列数1000を超えました。表にある未使用の列も最大列数1000に含まれることに注意してください。
処置: CREATEコマンドが原因でエラーが発生した場合、コマンドの列数を少なくして再実行してください。ALTER TABLEコマンドが原因でエラーが発生した場合は、次のいずれかを実行してください。1) 表に未使用の列が含まれていた場合は、ALTER TABLE DROP UNUSED COLUMNSを実行してそれらの列を削除してから新しい列を追加してください。2) コマンド内の列数を減らしてから再発行してください。

原因: <expression>(+) <relop> (<subquery>)は使用できません。
処置: (+)を削除するか、ビューを副問合せ外にしてください。バージョン6以下では、この場合の(+)は無視されていました。

原因: タイムゾーン情報ファイルを正しく読み込めませんでした。
処置: Oracleカスタマ・サポートに連絡してください。

  • ORA-1841 ORA-01841: (周)年は-4713と+9999の間の0以外の数字を指定する必要があります

原因: 無効な年が入力されました。
処置: 指定された範囲内の年を入力してください。

  • ORA-1854 ORA-01854: ユリウス日は1から5373484の間で指定する必要があります

原因: 無効なユリウス日が入力されました。
処置: 1~5373484の間の有効なユリウス日を入力してください。

  • ORA-1858 ORA-01858: 数値を指定する箇所に数値でないものが指定されています

原因: 日付書式モデルを使用して変換すべき入力データが不適切です。入力データには、書式モデルが数値を必要とする箇所に数値が含まれていませんでした。
処置: 入力データまたは日付書式モデルを修正して、各要素の数値と型を一致させてください。操作を再試行してください。

  • ORA-1859 ORA-01859: アルファベットを指定する箇所にアルファベットでないものが指定されています

原因: 日付書式モデルを使用して変換すべき入力データが不適切です。入力データには、書式モデルがアルファベットを必要とする箇所にアルファベットが含まれていませんでした。
処置: 入力データまたは日付書式モデルを修正して、各要素の数値と型を一致させてください。操作を再試行してください。

原因: 入力内のリテラルは、書式文字列内のリテラルと同じ長さである必要があります(先行の空白文字は除く)。FX修飾子が指定されている場合は、余分な空白文字なしで、リテラルを完全に一致させる必要があります。
処置: 書式文字列を修正して、リテラルを一致させてください。

原因: FXおよびFM書式コードが入力した日付に指定されている場合、その桁数を書式コードが指定した数値と完全に一致させる必要があります。たとえば、9は書式指定子DDと一致しませんが、09は一致します。
処置: 入力した日付を修正するか、書式文字列のFXまたはFM書式指定子をオフにしてください。

  • ORA-1863 ORA-01863: この年は現行カレンダではサポートされていません

原因: この年は、現行カレンダではサポートされていません。
処置: 現行カレンダでサポートされている年を確認してください。

  • ORA-1864 ORA-01864: 指定した日付は現行カレンダの有効範囲外です

原因: 現行カレンダは、指定された日付まで拡張しません。
処置: このカレンダに有効な日付を指定してください。

原因: 入力した年代が不明です。
処置: 有効な年代を入力してください。

原因: これは内部エラーです。
処置: Oracleサポート・サービスに連絡してください。

原因: 指定した文字列は有効な間隔ではありません。
処置: 有効な間隔を指定してください。

原因: 間隔の先行精度が小さすぎるため、指定された間隔を格納できません。
処置: 間隔の先行精度を大きくするか、先行精度が小さい間隔を指定してください。

原因: 間隔または日付時刻は相互に比較できません。
処置: 相互に比較できる対の間隔または日付時刻を指定してください。

原因: 指定した秒数が、60以上でした。
処置: 59以下の秒の値を指定してください。

原因: 間隔の先行精度が小さすぎるため、指定された間隔を格納できません。
処置: 間隔の先行精度を大きくするか、先行精度が小さい間隔を指定してください。

  • ORA-1874 ORA-01874: タイムゾーンは、-12から14の間で指定する必要があります

原因: 指定した時間帯の時が無効な範囲でした。
処置: -12~14の間の時間帯の時を指定してください。

  • ORA-1875 ORA-01875: タイムゾーンの分は、-59から59の間で指定する必要があります

原因: 指定した時間帯の分が無効な範囲でした。
処置: -59~59の間の時間帯の分を指定してください。

原因: 指定した年が範囲外でした。
処置: -4713以上の数値を指定してください。

原因: これは内部エラーです。
処置: Oracleサポート・サービスに連絡してください。

  • ORA-1878 ORA-01878: 指定したフィールドが日付時刻または間隔で見つかりません。

原因: 指定したフィールドが、日付時刻または間隔で見つかりませんでした。
処置: 指定したフィールドが、日付時刻または間隔内にあることを確認してください。

  • ORA-1879 ORA-01879: hh25フィールドは、0から24の間で指定する必要があります

原因: 指定したhh25フィールドが無効な範囲でした。
処置: 0~24の間でhh25フィールドを指定してください。

  • ORA-1880 ORA-01880: 小数秒は、0から999999999の間で指定する必要があります

原因: 指定した小数秒が無効な範囲でした。
処置: 0~999999999の間の小数秒の値を指定してください。

原因: リージョンIDが無効なリージョンを参照しました。
処置: Oracleカスタマ・サポートに連絡してください。

  • ORA-1882 ORA-01882: タイムゾーンのリージョンstringが見つかりません。

原因: 指定されたリージョン名が見つかりません。
処置: Oracleカスタマ・サポートに連絡してください。

  • ORA-1883 ORA-01883: リージョン推移中にオーバーラップが無効化されました。

原因: リージョンが変更中の状態で、オーバーラップ・フラグが無効化されました。
処置: Oracleカスタマ・サポートに連絡してください。

原因: NLSエラーが検出されました。
処置: 追加のエラー・メッセージを検索して、適切な処置を行ってください。追加のエラーがない場合は、Oracleサポート・サービスに連絡してください。

原因: これは内部エラーです。
処置: Oracleサポート・サービスに連絡してください。

原因: 日付を簡潔にしようとしたところ、日付書式ピクチャに不要なデータが見つかりました。
処置: 日付書式ピクチャの構文を調べて、再試行してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

  • ORA-1914 ORA-01914: 順序番号に対する監査オプションが無効です。

原因: 順序番号に対するAUDITまたはNOAUDITに指定してある監査オプションは、順序番号に対しては不適切です。
処置: 順序番号に使用できないオプション(COMMENT、DELETE、INDEX、INSERT、LOCK、RENAME、UPDATE、REFERENCES、EXECUTE)を削除してください。

原因: ビューに対するAUDITまたはNOAUDITに指定してある監査オプションは、ビューに対しては不適切です。
処置: ビューに使用できないオプション(ALTER、INDEX、REFERENCES、EXECUTE)を削除してください。

  • ORA-1916 ORA-01916: ONLINE、OFFLINE、RESIZE、AUTOEXTENDまたはEND/DROPのキーワードが入ります。

原因: データファイル/テンポラリ・ファイル句に必要なキーワードが使用されていません。
処置: 正しい構文を使用してください。

原因: 指定した名前を持つユーザーまたはロールが存在しません。
処置: 名前を再指定してください。

原因: ユーザーがシステムに存在しません。
処置: ユーザー名が正しいかどうかを確認してください。

原因: 指定した名前を持つロールが存在しません。
処置: 正しいロール名を使用しているかどうかを確認してください。

  • ORA-1920 ORA-01920: ユーザー名'string'は他のユーザー名またはロール名と競合しています

原因: 指定した名前を持つユーザーまたはロールがすでに存在しています。
処置: 異なるユーザー名を指定してください。

  • ORA-1921 ORA-01921: ロール名'string'は他のユーザー名またはロール名と競合しています

原因: 指定した名前を持つユーザーまたはロールがすでに存在しています。
処置: 異なるロール名を指定してください。

  • ORA-1922 ORA-01922: 'string'を削除するにはCASCADEを指定する必要があります

原因: このユーザーをシステムから削除するには、CASCADEが必要です。削除する必要があるオブジェクトを、ユーザーが所有しています。
処置: CASCADEを指定してください。

  • ORA-1923 ORA-01923: CASCADEは中断されました。オブジェクトを別のユーザーがロックしています

原因: ユーザーのオブジェクトを削除できません。別のユーザーがオブジェクトをロックしています。
処置: ロック・モニターを使用して、オブジェクトをロックしているユーザーを確認してください。

  • ORA-1924 ORA-01924: ロール'string'が付与されていないか存在しません

原因: ロール設定は、アカウントに直接付与されたロールでのみ実行できます(たとえば、サブロールでは実行できません)。
処置: このロールを設定しないでください。

原因: INIT.ORAパラメータmax_enabled_rolesの値を超えています。
処置: max_enabled_rolesを大きくして、データベースをウォーム・スタートしてください。

  • ORA-1926 ORA-01926: WITH GRANT OPTIONを使用してもロールへGRANTを実行できません。

原因: ロールは、GRANT OPTION付きの権限を持つことができません。
処置: GRANT OPTIONなしでGRANTを実行してください。

  • ORA-1927 ORA-01927: 付与していない権限にはREVOKEを実行できません。

原因: 付与された権限のみ取り消すことができます。
処置: これらの権限を取り消さないでください。

  • ORA-1928 ORA-01928: GRANT OPTIONがすべての権限に対して付与されていません。

原因: 権限を付与するには、最初にGRANT OPTIONの権限が必要です。
処置: GRANT OPTION付きの権限を取得して、再試行してください。

原因: ALLは指定されましたが、ユーザーにはGRANT OPTIONの権限がありません。
処置: そのオブジェクトに対する権限を付与しないでください。

  • ORA-1930 ORA-01930: オブジェクトの監査はサポートされていません。

原因: 監査できないオブジェクトに、AUDITまたはNOAUDITが指定されました。
処置: このオブジェクトに対してAUDITを実行しないでください。

原因: UNLIMITED TABLESPACE、REFERENCES、INDEX、SYSDBAまたはSYSOPER権限を、ロールに付与できません。
処置: 権限をユーザーに直接付与してください。

  • ORA-1932 ORA-01932: ADMIN OPTIONはロール'string'に権限付与されていません

原因: ロールに対するADMIN OPTIONが必要な操作です。
処置: GRANT OPTIONを取得して、再試行してください。

  • ORA-1933 ORA-01933: ロールの権限を使用してストアド・オブジェクトを作成できません。

原因: ロールの権限を使用して、ストアド・オブジェクトを作成しようとしました。ストアド・オブジェクトは、ロール権限を使用できません。
処置: 必要な権限をユーザーに直接付与してください。

原因: ロールは循環的に付与されません。また、ロールは自身にも付与されません。
処置: 権限付与を実行しないでください。

原因: ユーザー名またはロール名が必要です。
処置: ユーザー名またはロール名を指定してください。

  • ORA-1936 ORA-01936: ユーザーまたはロールの作成時に所有者を指定することはできません。

原因: ユーザーおよびロールに所有者は存在しません。
処置: 所有者を指定しないでください。

原因: 有効なロール名が必要です。
処置: 有効なロール名を指定してください。

  • ORA-1938 ORA-01938: CREATE USERではIDENTIFIED BYを指定する必要があります

原因: パスワードまたはIDENTIFIED EXTERNALLYを指定せずに、ユーザーの作成はできません。
処置: パスワード句を1つ指定してください。

原因: ADMIN OPTIONでのみ、システム権限およびロールは付与されます。GRANT OPTIONは、これらの権限で使用できません。
処置: ADMIN OPTIONを指定してください。

  • ORA-1940 ORA-01940: 現在接続中のユーザーを削除することはできません。

原因: 現在ログインしているユーザーを削除しようとしました。
処置: ユーザーがログオフしていることを確認して、コマンドを再実行してください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

  • ORA-1942 ORA-01942: IDENTIFIED BYとEXTERNALLYを両方指定することはできません。

原因: ユーザーにパスワードありとなしの両方を指定することはできません。
処置: これらのオプションのどちらか一方を指定してください。

原因: IDENTIFIED BY句が、2度指定されています。
処置: IDENTIFIED BY句を、1度のみ使用してください。

原因: IDENTIFIED EXTERNALLY句が、2度指定されています。
処置: IDENTIFIED EXTERNALLY句を、1度のみ使用してください。

原因: DEFAULT ROLE句が、2度指定されています。
処置: DEFAULT ROLE句を、1度のみ使用してください。

原因: DEFAULT TABLESPACE句が、2度指定されています。
処置: DEFAULT TABLESPACE句を、1度のみ使用してください。

原因: TEMPORARY TABLESPACE句が、2度指定されています。
処置: TEMPORARY TABLESPACE句を、1度のみ使用してください。

  • ORA-1948 ORA-01948: 識別子名の長さ(string)が最大(string)を超えています

原因: 指定した名前(dbms_session.is_role_enabled()に指定されたロール名など)が長すぎます。
処置: アプリケーションまたはコマンドを変更し、正しい識別子を使用してください。

原因: ROLEキーワードがここで必要です。
処置: ROLEキーワードを指定してください。

原因: ユーザーには、指定された表領域でエクステントを割り当てる権限がありません。
処置: ユーザーに適切なシステム権限を付与するか、表領域における領域リソースを付与してください。

  • ORA-1951 ORA-01951: ロール'string'は'string'に権限付与されていません

原因: 取り消そうとしたロールが、ユーザーに付与されていません。
処置: ユーザーに付与していない権限を取り消そうとしないでください。

原因: 取り消そうとしたシステム権限が、ユーザーに付与されていません。
処置: 取り消そうとしている権限が付与されることを確認してください。

  • ORA-1953 ORA-01953: コマンドは無効になりました。ALTER USERを使用してください。

原因: 表領域に対する割当て制限を与えるための構文が変更されました。この機能を実行するには、ALTER USERコマンドを使用します。
処置: ALTER USERコマンドを使用してください。

原因: DEFAULT ROLEをCREATE USERに指定できません。
処置: ユーザーを作成した後に、DEFAULT ROLEを付与および変更してください。

  • ORA-1955 ORA-01955: DEFAULT ROLE 'string'はユーザーに権限付与されていません

原因: ユーザーが持っていないロールをDEFAULT ROLEに設定しようとしました。サブロールはDEFAULT ROLE句では使用できないことに注意してください。
処置: ユーザーにロールを付与してください。

  • ORA-1956 ORA-01956: OS_ROLESが使用されているためコマンドは無効です。

原因: このコマンドは、INIT.ORAパラメータOS_ROLESがTRUEのときには使用できません。
処置: オペレーティング・システム内のユーザーにロールを付与してください。

原因: 無効なCREATE CONTROLFILEオプションが存在します。
処置: 有効なCREATE CONTROLFILEオプションのみ指定してください。

  • ORA-1968 ORA-01968: RESETLOGSまたはNORESETLOGSは一度にどちらかのみ指定できます

原因: 複数のRESETLOGSまたはNORESETLOGSキーワードを指定しています。
処置: RESETLOGSまたはNORESETLOGSを1度のみ指定してください。

  • ORA-1969 ORA-01969: RESETLOGSまたはNORESETLOGSを指定する必要があります

原因: RESETLOGSまたはNORESETLOGSが欠落しています。
処置: RESETLOGSまたはNORESETLOGSを1度のみ指定してください。

  • ORA-1970 ORA-01970: CREATE CONTROLFILEのデータベース名を指定する必要があります

原因: データベース名が欠落しています。
処置: DATABASEキーワードを指定して、CREATE CONTROLFILEコマンドを再入力してください。

原因: キーワードCHANGEが見つかりましたが、変更番号が指定されていません。
処置: コマンドラインを修正して、再実行してください。

原因: ALTER SYSTEM ARCHIVEコマンドに対して有効なオプションではありません。
処置: 処置は必要ありません。

原因: キーワードTHREADが見つかりましたが、スレッド番号が指定されていません。
処置: コマンドラインを修正して、再実行してください。

原因: キーワードSEQUENCEが見つかりましたが、順序番号が指定されていません。
処置: コマンドラインを修正して、再実行してください。

原因: ロールを使用可能にしようとしましたが、正しいパスワードを入力しませんでした。
処置: SET ROLEコマンドでIDENTIFIED BY句を使用して、正しいパスワードを指定してください。

原因: ユーザーのOS ROLESをロード中、オペレーティング・システム・エラーが発生しました。
処置: オペレーティング・システム・エラーを確認してください。

  • ORA-1981 ORA-01981: この取消を実行するにはCASCADE CONSTRAINTSを指定する必要があります

原因: この取消し処理では、いくつかの外部キー制約が削除されます。これを自動的に実行するために、CASCADE CONSTRAINTSを指定する必要があります。
処置: 制約を削除するか、CASCADE CONSTRAINTSを指定してください。

原因: 表に対するAUDITまたはNOAUDITに指定してある監査オプションは、表に対しては不適切です。
処置: 表にREFERENCESおよびEXECUTEオプションは使用できません。削除してください。

原因: DEFAULTに対するAUDITまたはNOAUDITに指定してある監査オプションは、DEFAULTに対しては不適切です。
処置: DEFAULTに使用できないオプション(REFERENCES)を削除してください。

  • ORA-1984 ORA-01984: プロシージャ/パッケージ/関数に対する監査オプションが無効です

原因: DEFAULTに対するAUDITまたはNOAUDITに指定してある監査オプションは、プロシージャ、パッケージまたは関数に対しては不適切です。
処置: プロシージャ、パッケージおよび関数に使用できないオプション(EXECUTE以外すべて)を削除してください。

  • ORA-1985 ORA-01985: LICENSE_MAX_USERSパラメータが制限を超えたため、ユーザーを作成できません

原因: データベース・ライセンス制限の最大ユーザー数を超えました。
処置: ライセンス制限を増やしてください。

原因: 廃止されたパラメータOPTIMIZER_GOALが参照されました。
処置: OPTIMIZER_MODEパラメータを使用してください。

原因: クライアントのオペレーティング・システム・ユーザー名が長すぎるため、OSログオンを続行できません。
処置: オペレーティング・システム・ユーザー名を短くしてください。

原因: リモートOSログオンをしようとしましたが、これは許可されていません。
処置: ローカル・クライアントを使用するか、remote_os_authentシステム・パラメータを使用して、リモートでオペレーティング・システムへのログオンができるようにしてください。

  • ORA-1989 ORA-01989: ロール 'string' はオペレーティング・システムで許可されていません。

原因: 指定されたオペレーティング・システムのロールが存在しないか、付与されていません。または、正しいパスワードが指定されていません。
処置: 必要に応じて、有効なオペレーティング・システムのロールまたはパスワードを使用して、SET ROLEを再試行してください。

  • ORA-1994 ORA-01994: GRANT失敗: パスワード・ファイルが見つからないか使用不可です

原因: INIT.ORAパラメータREMOTE_LOGIN_PASSWORDFILEがNONEに設定されているか、パスワード・ファイルが見つからないため、操作が失敗しました。
処置: orapwdツールを使用してパスワード・ファイルを作成し、INIT.ORAパラメータREMOTE_LOGIN_PASSWORDFILEをEXCLUSIVEに設定してください。

  • ORA-1999 ORA-01999: パスワード・ファイルはSHAREDモードで更新できません

原因: INIT.ORAパラメータREMOTE_LOGIN_PASSWORDFILEがSHAREDに設定されていたため、操作が失敗しました。
処置: INIT.ORAパラメータをEXCLUSIVEに設定してください。

  • ORA-2001 ORA-02001: ユーザーSYSが空きリスト・グループ付きの索引を作成することは許可されていません。

原因: SYS権限で実行中に索引を作成しようとしました。
処置: 処置は必要ありません。

原因: このエラー・コードは、ユーザーには表示されません。このコードは、セキュリティ違反が発生したことを示すために、audit_trail.returncode列の値として使用されます。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-2007 ORA-02007: ALLOCATEまたはDEALLOCATEオプションをREBUILDとともに使用できません。

原因: ALLOCATE STORAGEまたはDEALLOCATE STORAGEと、REBUILD INDEXは同時に使用できません。
処置: いずれかを指定してください。

原因: ファイル指定のSIZE句またはRESIZE句で、0(ゼロ)の値が指定されました。
処置: 正しい構文を使用するか、SIZE句またはRESIZE句を省略してください。

  • ORA-2020 ORA-02020: 使用中のデータベース・リンクが多すぎます。

原因: 現行のセッションが、INIT.ORAのopen_linksの最大値を超えました。
処置: open_linksの制限値を大きくするか、トランザクションをコミットまたはロールバックし、リモート・データベースを参照するオープン・カーソルを取り消して、オープン・リンクのいくつかを解放してください。

  • ORA-2021 ORA-02021: リモート・データベースに対するDDL操作が無効です。

原因: リモート・データベースに対してDDL操作を試行しました(CREATE TABLE tablename@remotedbname …など)。
処置: リモート・データベース構造を変更するには、適切な権限でリモート・データベースに接続してください。

  • ORA-2022 ORA-02022: リモート文に、リモート・オブジェクトを参照する最適化されていないビューがあります。

原因: ローカル・ビューは最適化されていないうえ、リモート・データベース・オブジェクトを参照しています。そして、その文はリモート・データベースで実行されるようになっています。
処置: リモート・データベース上で同様のビューを作成し、新規のview@remoteを使用してSQL文内の違反しているビューを変更してください。

原因: 削除するデータベース・リンクがディクショナリ内にありません。
処置: データベース・リンク名を修正してください。

  • ORA-2025 ORA-02025: SQL文の中の表はすべてリモート・データベースにある必要があります

原因: ユーザーのSQL文が、複数のデータベースの表を参照しています。リモート・データベースがOracle V7以上でないため、SQL文で指定されたすべての表を参照できる場合のみ更新を実行できます。
処置: 処置は必要ありません。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

  • ORA-2027 ORA-02027: 複数行にわたるLONG列の更新はサポートされていません

原因: 列の更新に4001バイト以上のバインド変数が使用されており、UPDATE文が複数の行を更新しています。
処置: このバインド変数を使用して、単一行のみ更新してください。

  • ORA-2028 ORA-02028: 正確な数の行の取出しはサーバーではサポートされていません。

原因: サーバーはUPIALLをサポートしていません。したがって、正確な行数の取出しをユーザー側でエミュレートすることはできません。
処置: 有効なサーバーに接続するか、または正確な取出しを使用しないでください。

原因: キーワードがありません。
処置: 不足しているキーワードを指定してください。

原因: 固定表/固定ビューで、取得以外の操作を実行しようとしています。
処置: 固定表/固定ビューで、行の選択のみ実行してください。

原因: 固定表または外部構成表からROWIDにアクセスしようとしています。
処置: 固定表または外部構成表からROWIDにアクセスしないでください。

  • ORA-2032 ORA-02032: クラスタ索引の作成前にクラスタ表は使用できません。

原因: ユーザーが、クラスタ索引が作成されていないクラスタ表に対してDML操作を実行しようとしました。
処置: クラスタ索引を作成してください。

  • ORA-2033 ORA-02033: このクラスタに対するクラスタ索引はすでに存在しています

原因: クラスタ索引はすでに存在しています。
処置: 処置は必要ありません。

原因: スピード・バインドは、バインド変数で許可されていません。システムが内部検出しました。
処置: 処置は必要ありません。

原因: UPIバンドル実行コールが、不適切な組合せの操作を実行するように要求されました。
処置: 有効な操作の組合せについては、ドキュメントを参照してください。

  • ORA-2036 ORA-02036: 自動カーソル・オープンが記述されている変数が多すぎます。

原因: UPIバンドル実行コールが、記述操作時に自動のカーソル・オープン/クローズを実行するように要求されました。ただし、SELECTリスト項目またはバインド変数が多すぎるため、これを実行できません。
処置: 明示的にカーソルをオープンおよびクローズしてください。

  • ORA-2037 ORA-02037: スピード・バインド記憶域が初期化されていません

原因: バインド操作を含むUPIバンドル実行コールを実行する前に、スタンドアロン実行操作を含むUPIバンドル実行コールを実行しようとしました。
処置: バインドを含むUPIバンドル実行コールを実行してから、実行操作を含むバンドル実行コールを実行してください。

原因: 配列型のSELECTリスト変数を定義しようとしました。配列は、ホスト・バインド変数としてのみ機能します。
処置: 処置は必要ありません。

原因: 配列ホスト変数を値でバインドしようとしました。配列は、参照でのみバインドできます。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-2040 ORA-02040: リモート・データベースstringは2フェーズ・コミットをサポートしていません。

原因: データベースが更新された可能性がありますが、このデータベースはコミット準備をサポートしていません。コミット準備のサポートは、ログオン・トランザクション特性によって決まります。トランザクションがロールバックされました。
処置: リモート・データベースが、トランザクションで更新する唯一のデータベースでないかぎり、更新しないようにしてください。

  • ORA-2041 ORA-02041: クライアント・データベースはトランザクションを開始しませんでした。

原因: 内部エラー
処置: Oracleサポート・サービスに連絡してください。

原因: 実行中の分散トランザクションが多すぎるため、分散トランザクション表がいっぱいになりました。
処置: 実行するトランザクション数を減らしてください。同時実行する分散トランザクション数がそれほど多くない場合は、内部エラーが発生しています。Oracleサポート・サービスに連絡してください。システムをただちに停止して再起動することで、この問題を回避できる場合があります。

  • ORA-2043 ORA-02043: stringを実行する前に、現行のトランザクションを終了させてください。

原因: トランザクションの処理中に、COMMIT FORCE、ROLLBACK FORCE、ALTER SYSTEM ENABLE DISTRIBUTED RECOVERYのいずれかのコマンドがシングル・プロセス・モードで発行されました。
処置: 現行のトランザクションに対してCOMMITまたはROLLBACKを実行してから、コマンドを再実行してください。

  • ORA-2044 ORA-02044: トランザクション・マネージャのログインは拒否されました: トランザクションが動作中です

原因: 分散トランザクションの処理中に、リモート・トランザクション・マネージャがログインしようとしました。
処置: 現行のトランザクションを終了してください(これはリモート・トランザクション・マネージャからのプロトコル・エラーです)。

  • ORA-2045 ORA-02045: グローバル・トランザクションに関わるローカル・セッションが多すぎます。

原因: このサイトでは、このトランザクションに対するセッションが多すぎます。
処置: 別のセッションを作成せずに済むように、既存のリンクを使用してください。

  • ORA-2046 ORA-02046: 分散トランザクションはすでに開始しています。

原因: 内部エラーまたは外部トランザクション・マネージャのエラーが発生しました。サーバー・セッションは、先の分散トランザクションを終了する前に、begin_tran RPCを受け取りました。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-2047 ORA-02047: 動作中の分散トランザクションは結合できません。

原因: 2フェーズ・コミットを完全サポートしていないリモート・データベースに対するトランザクションの処理中に、別のデータベース上で更新を実行しようとしました。あるいは、更新の保留中に、2フェーズ・コミットを完全サポートしていない別のデータベースを更新しようとしました。
処置: 現行のトランザクションを完了してから、更新要求を再発行してください。

  • ORA-2048 ORA-02048: ログオンしないで分散トランザクションを開始しようとしました。

原因: クライアント・プログラムが分散トランザクションのログインを発行する必要があります。
処置: Oracleサポート・サービスに連絡してください。

  • ORA-2049 ORA-02049: タイムアウト: 分散トランザクションがロックを待機しています。

原因: ロックの待機がINIT.ORAのdistributed_lock_timeout秒を超えました。
処置: デッドロックとして処理してください。

  • ORA-2050 ORA-02050: トランザクションstringはロールバックされました。いくつかのリモート・データベースはインダウトの可能性があります

原因: 2PCでネットワークまたはリモートの障害が発生しました。
処置: 実行した操作を通知してください。障害が解決されると、リモート・データベースは自動的に再同期化されます。

  • ORA-2051 ORA-02051: 同一トランザクション内の別セッションでエラーが発生しました。

原因: 同一サイトにおいて同じグローバル・トランザクションIDを持つセッションで、エラーが発生しました。このエラーは、同じグローバル・トランザクションIDを持つ別の密結合のトランザクション・ブランチを完了している間にデータベースを更新しようとした場合にも、アプリケーション・エラーによって発生することがあります。
処置: 処置は必要ありません。トランザクションは自動的にリカバリされます。アプリケーション・エラーの場合は、トランザクション・マネージャが密結合の分散トランザクションに対して2フェーズ・コミットを開始した後にデータベースを更新しないでください。

  • ORA-2052 ORA-02052: stringにおいてリモート・トランザクション・エラーが発生しました。

原因: 所定のDBLINKでリモート・トランザクションにエラーが発生しました。
処置: 再試行してください。

  • ORA-2053 ORA-02053: トランザクションstringはコミットしました。いくつかのリモート・データベースはインダウトの可能性があります

原因: 2PCでネットワークまたはリモートの障害が発生しました。
処置: 実行した操作を通知してください。障害が解決されると、リモート・データベースは自動的に再同期化されます。

原因: 2PCでネットワークまたはリモートの障害が発生しました。
処置: 実行した操作を通知してください。障害が解決されると、データベースは自動的に再同期化されます。最終的な結果については、pending_trans$を確認してください。

  • ORA-2055 ORA-02055: 分散更新操作でエラーが発生しました。ロールバックが必要です

原因: 分散更新操作において、すべての操作結果をロールバックしないうちにエラーが発生しました。一貫性のないサイトが存在する可能性もあるため、このトランザクションをセーブポイントまでロールバックするか、または全体をロールバックする必要があります。
処置: セーブポイントまでロールバックするか、トランザクションをロールバックしてから、再試行してください。

  • ORA-2056 ORA-02056: 2PC: string: 2フェーズ・コマンド番号string(string)が無効です

原因: 2フェーズ・コミットのプロトコル・エラーです。
処置: トランザクションのリカバリが試行されました。pending_trans$表を確認して、問題が正しく解決されたことを確認してください。Oracleサポート・サービスに連絡してください。

  • ORA-2057 ORA-02057: 2PC: string: 2フェーズ・リカバリ状態番号string(string)が無効です

原因: 2フェーズ・リカバリ・プロトコルに内部エラーが発生しました。
処置: Oracleサポート・サービスに連絡してください。

  • ORA-2058 ORA-02058: ID stringを持つ準備完了状態のトランザクションがありません。

原因: local_tran_idまたはglobal_tran_idを持つトランザクションが、準備状態のpending_trans$表内にありません。
処置: pending_trans$表を確認してください。

  • ORA-2059 ORA-02059: コミット・コメントにORA-2PC-CRASH-TEST-stringが含まれています。

原因: 2フェーズ・コミットをテストするために使用される特別なコメントです。
処置: この特別なコメントは使用しないでください(%sは1~10の数値)。

  • ORA-2060 ORA-02060: SELECT…FOR UPDATEで分散している表の結合を指定しました。

原因: FOR UPDATE句を使用して結合する表は、同一データベースに存在する必要があります。
処置: 処置は必要ありません。

原因: LOCK TABLE文では、同一データベースに存在する表を指定する必要があります。
処置: LOCK TABLEコマンドを複数発行してください。

  • ORA-2062 ORA-02062: 分散リカバリでDBID stringを受け取りました。stringが必要です。

原因: コーディネータ・ポイントのデータベース・リンクが、目的のデータベースを指していません。リンクが再定義されたか、異なるデータベースがマウントされている可能性があります。
処置: リンクの定義またはリモート・データベースをリストアしてください。

  • ORA-2063 ORA-02063: 先行のエラー・メッセージを参照してくださいstringstring(stringstring)。

原因: リモート・データベース・リンクのOracleエラーです。
処置: 先行のエラー・メッセージを参照してください。

原因: 次のサポートされていない操作の1つを試行しました。
1. データベース・リンクを参照する副問合せを使用して、リモート更新の配列処理を実行しようとした。

2. バインド変数を使用したLONG列の更新、およびデータベース・リンクとバインド変数の両方を参照する副問合せによる2番目の列の更新を試行した。

3. コーディネート・セッションで、OUTパラメータまたは関数コールを使用するRPCプロシージャ・コールからコミットが発行された。

処置: リモート更新文を単純にしてください。

原因: ALTER SYSTEMに、サポートされていないオプションを指定しました。
処置: サポートされているオプションの詳細は、ユーザー・マニュアルを参照してください。

  • ORA-2066 ORA-02066: DISPATCHERSテキストが指定されていないか、または無効です

原因: ALTER SYSTEM SET DISPATCHERSの後に文字列リテラルが必要ですが、見つかりませんでした。
処置: ALTER SYSTEM SET DISPATCHERSの後に、ディスパッチャ指定を含む文字列リテラルを指定してください。

  • ORA-2067 ORA-02067: トランザクションまたはセーブポイントのロールバックが必要です。

原因: 複数のリモート更新を実行するトリガーまたはストアド・プロシージャで、前のOracleコールでは保証できないような障害が発生しました。
処置: 前のセーブポイントまでロールバックするか、トランザクションをロールバックしてから、再試行してください。

原因: 指定されたデータベース・リンクから重大なエラー(接続の切断または致命的なOracleエラー)を受け取りました。続いて表示されるエラー・テキストを参照してください。
処置: リモート・システム管理者に連絡してください。

  • ORA-2069 ORA-02069: この操作を行うには、GLOBAL_NAMESパラメータをTRUEに設定する必要があります

原因: 文のリモート・マッピングが必要ですが実行できません。これを実行するには、global_namesがTRUEに設定されている必要があります。
処置: 可能な場合は、alter session set global_names = trueを発行してください。

  • ORA-2070 ORA-02070: データベースstringstringはこのコンテキストではstringをサポートしません。

原因: リモート・データベースは、使用されているコンテキストにおいて指定された機能をサポートしていません。
処置: SQL文を単純にしてください。

  • ORA-2071 ORA-02071: リモート・データベースstringの機能の初期化でエラーが発生しました。

原因: リモートで指定した機能表をロードできませんでした。
処置: リモートのSQL*Connect製品については、Oracleサポート・サービスに連絡してください。

  • ORA-2072 ORA-02072: 分散データベース・ネットワーク・プロトコルが一致しません。

原因: このエラーは、Oracleの異なる本番リリース間では発生しませんが、アルファ・リリースとベータ・リリースの間で発生することがあります。
処置: 古いリリースをアップグレードしてください。

  • ORA-2073 ORA-02073: リモート更新では順序番号はサポートされません。

原因: リモート表のINSERT、UPDATEまたはDELETEで、順序番号は使用できません。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-2074 ORA-02074: 分散トランザクションでは、stringは実行できません。

原因: 分散トランザクションの親セッション以外のセッションから、コミットまたはロールバックしようとしました。
処置: 親セッションからのみコミットまたはロールバックしてください。

  • ORA-2075 ORA-02075: 別のインスタンスによりトランザクションstringの状態が変更されました。

原因: 別のインスタンスでのセッションから、強制コミットまたは強制ロールバックが発行されました。
処置: Oracleの別のインスタンスが、保留トランザクションのリカバリを実行しているかどうかを確認してください。DBA_2PC_PENDINGに問い合せて、トランザクションの現在の状態を判断してください。

  • ORA-2076 ORA-02076: 順序は更新される表またはLONG列と同一ノードにありません

原因: すべての参照順序は、LONG列を持つ表と同一ノードになければなりません。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-2077 ORA-02077: LONG列は同一ノード上の表から選択する必要があります

原因: SELECTによって複数の表からLONG列が返される場合は、すべての表が同一ノードになければなりません。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-2079 ORA-02079: コミット分散トランザクションに結合できません

原因: あるトランザクション・ブランチが準備された後は、別の新しいトランザクション・ブランチは開始できず、準備されたトランザクション・ブランチの結合もできません。
処置: これはXAプロトコル違反であるため、アプリケーション・コードを確認してください。

原因: ALTER SESSION CLOSE DATABASE LINKの<link>コマンドで指定されたデータベース・リンクで、トランザクションがアクティブであるか、またはカーソルがオープンしています。
処置: コミットまたはロールバックして、すべてのカーソルをクローズしてください。

  • ORA-2081 ORA-02081: データベース・リンクがオープンしていません。

原因: 所定のデータベース・リンクが現在オープンしていません。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-2082 ORA-02082: ループバック・データベース・リンクには接続修飾子が必要です。

原因: 現行のデータベースと同じ名前のデータベース・リンクを作成しようとしました。
処置: ループバック・データベース・リンクには、後続の修飾子が必要です。たとえば、MYDB.DEV.US.ORACLE.COM@INST1の場合は'@INST1'が修飾子となります。

  • ORA-2083 ORA-02083: データベース名に無効な文字'string'が含まれています。

原因: データベース名に使用できる文字は、A~Z、0~9、'_'、'#'、'$'、'.'、'@'のみです。
処置: 処置は必要ありません。

原因: データベース名の先頭文字を'.'にしたり、末尾文字を'.'または'@'にしたり、1行に'.'または'@'を2つ含めたりすることはできません。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-2085 ORA-02085: データベース・リンクstringはstringに接続します。

原因: データベース・リンクは、リンク名とは別の名前のデータベースに接続しようとしました。接続が拒否されました。
処置: 接続するデータベースと同じ名前のデータベース・リンクを作成するか、global_names=falseに設定してください。

  • ORA-2086 ORA-02086: データベース名またはデータベース・リンク名が長すぎます。

原因: データベース名またはデータベース・リンク名の長さは最大128文字です。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-2087 ORA-02087: オブジェクトは同一トランザクション内の別プロセスによってロックされています

原因: クラスタ・データベース環境において、同一インスタンスをループバックするデータベース・リンクが使用されています。あるセッションが、別のセッションが取得したロックを変換しようとしています。
処置: より制限的なロックを最初に取得してください。たとえば、同じオブジェクトでセッション1が共有ロックを取得し、セッション2が排他ロックを取得する場合、最初に排他ロックを取得してください。それ以外の場合は、単に同じセッションを使用して、オブジェクトにアクセスしてください。

  • ORA-2088 ORA-02088: 分散データベース・オプションがインストールされていません。

原因: Oracle V7では、リモートおよび分散型の更新やトランザクションは別売のオプションとなります。
処置: 処置は必要ありません。

原因: 2フェーズ・コミットのグローバル・コーディネータでないセッションで、COMMITが発行されました。
処置: COMMITは、グローバル・コーディネータでのみ発行してください。

  • ORA-2090 ORA-02090: ネットワーク・エラー: CALLBACK+PASSTHRUを試行しました

原因: 内部エラー。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-2091 ORA-02091: トランザクションがロールバックされました。

原因: エラー2092も参照。トランザクションがリモート・サイトで中断された場合は2091のみ、ホストで中断された場合は2092および2091を参照してください。
処置: ロールバック・セグメントを追加して、トランザクションを再試行してください。

  • ORA-2092 ORA-02092: 分散トランザクションのトランザクション表スロットが不足しています。

原因: 分散トランザクションがシステム・ロールバック・セグメントに割り当てられ、PREPARED状態に入ろうとしました。ただし、必要な数のPREPAREDでないスロットが得られないため、トランザクションがロールバックされました。
処置: ロールバック・セグメントを追加して、トランザクションを再試行してください。

  • ORA-2093 ORA-02093: TRANSACTIONS_PER_ROLLBACK_SEGMENT(string)が最大可能数(string)を超えました

原因: パラメータで指定した値が、このポートで可能な最大値を超えています。
処置: デフォルト値を使用するか、最大可能数より小さい値にしてください。

  • ORA-2094 ORA-02094: レプリケーション・オプションがインストールされていません。

原因: このサイトには、レプリケーション・オプションがインストールされていません。したがって、更新可能マテリアライズド・ビュー、遅延RPCなどのレプリケーション機能は使用できません。
処置: レプリケーション・オプションをインストールしてください。レプリケーション・オプションは、Oracleデータベース製品の一部ではないため、別個に購入してください。レプリケーション・オプションを購入する必要がある場合は、Oracleサポート・サービスに連絡してください。

  • ORA-2095 ORA-02095: 指定した初期化パラメータを変更できません。

原因: 指定した初期化パラメータは修正できません。
処置: 処置は必要ありません。

  • ORA-2096 ORA-02096: 指定した初期化パラメータはこのオプションでは修正できません。

原因: 初期化パラメータの変更は可能ですが、指定したコマンドでは変更できません。
処置: データベース管理者ガイドを参照して、パラメータの変更可能範囲を確認してください。

  • ORA-2097 ORA-02097: 指定した値が無効なので、パラメータを変更できません。

原因: 初期化パラメータの変更は可能ですが、変更した値はパラメータには使用できません。
処置: データベース管理者ガイドを参照して、このパラメータの許容値の範囲を確認してください。

原因: 不適切な索引表(:I)構文があります。
処置: これはOracleが内部でのみ使用する構文です。