Ora 12400 Ora 12497 Jp

原因: 機能エラー操作関数への引数が最大値の制限を超えているか、無効な製品/機能を参照しています。
処置: 有効な機能エラー操作パラメータ値を指定してください。

原因: ポリシーは、ラベル文字列を有効な内部ラベルに変換できませんでした。
処置: ラベル文字列の構文を修正してください。

原因: 書式文字列は、このポリシーではサポートされていません。
処置: 書式文字列の構文を修正してください。

原因: 内部ラベルを、ポリシーに有効なラベルに変換できませんでした。
処置: エラー・スタック上の追加メッセージを分析して、ポリシーのドキュメントを調べてください。

原因: ポリシーは、権限文字列を解釈できませんでした。
処置: このポリシーでサポートされている権限文字列を指定してください。

原因: ポリシーは、意図している使用方法にこのラベル・リストは無効であると判断しました。
処置: ラベル・リストのポリシー制約を確認してください。

原因: ポリシーは、このデータベース・セッションに、要求されたSQL文の実行を許可していません。
処置: ユーザーまたはプログラム・ユニットに、必要なポリシー権限または追加の権限を付与してください。

原因: ポリシーは、このデータベース・セッションに、要求された操作の実行を許可していません。
処置: ユーザーまたはプログラム・ユニットに、必要なポリシー権限または追加の権限を付与してください。

原因: 指定されたポリシーは、要求された操作をサポートしていません。
処置: ポリシーのドキュメントを調べて、サポートされているアクセス操作を確認してください。

原因: ポリシーの起動処理中にエラーが発生しました。ポリシーで保護されたデータへのアクセスは禁止されています。
処置: アラート・ログで追加情報を確認して、ポリシーのエラーを修正し、インスタンスを再起動してください。

  • ORA-12410 ORA-12410: ポリシーの内部ポリシー・エラーです: string エラー: string

原因: ポリシーの施行で、内部エラーが発生しました。
処置: 詳細は、ポリシーのドキュメントを調べてください。

原因: 指定されたラベルが存在しません。
処置: ポリシーのデータ・ディクショナリ・ビューを確認して、有効なラベルを指定してください。

  • ORA-12412 ORA-12412: ポリシー・パッケージstringがインストールされていません。

原因: ポリシー・パッケージがデータベースに存在しません。
処置: ポリシー・パッケージ名が正しいか、または必要なポリシー・パッケージがインストールされているかどうかを確認してください。

原因: 比較されているラベルは、別のポリシーに属しています。
処置: 同じポリシーに属するラベルのみを比較してください。

原因: 内部ラベル・ポリシー・フレームワーク・エラーが発生しました。
処置: Oracleカスタマ・サポートに連絡してください。

  • ORA-12415 ORA-12415: 他のデータ型の列が指定された表に存在しています。

原因: 表内の列のデータ型が、ポリシー列のデータ型セットと異なります。
処置: 表内の列を削除するか、またはポリシー列のデータ型を変更してください。

原因: 指定されたポリシーがデータベースに存在しません。
処置: 正しいポリシー名を入力するか、またはポリシーを作成してください。

  • ORA-12417 ORA-12417: データベース・オブジェクト"string"が見つかりません。

原因: 指定されたオブジェクトがデータベースに存在しません。
処置: 正しいデータベース・オブジェクト名を入力してください。

原因: 指定されたユーザーがデータベースに存在しません。
処置: ユーザー名を修正するか、またはユーザーを作成してください。

原因: バイナリ・ラベル操作で、NULL値が指定されました。
処置: 有効なバイナリ・ラベルを指定してください。

  • ORA-12420 ORA-12420: 必要なプロシージャとファンクションがポリシー・パッケージ"string"にありません。

原因: ポリシー・パッケージに、ポリシーの施行に必要なプロシージャおよびファンクションの一部が含まれていません。
処置: ポリシー・パッケージに必要なプロシージャおよびファンクションについては、フレームワークのドキュメントを参照してください。

原因: バイナリ・ラベル操作のラベル・サイズが等しくありません。
処置: 同じ長さでバイナリ・ラベルを指定してください。

原因: 新しいポリシーを作成しようとしましたが、そのインスタンスにはすでに最大数のポリシーが作成されています。
処置: MAX_LABEL_POLICIES初期化パラメータのサイズを増やして、サーバーを再起動してください。

原因: バイナリ・ラベル操作で指定された位置が無効です。
処置: ラベル・サイズの制限内で位置を指定してください。

原因: バイナリ・ラベル操作で指定された長さが、バイナリ・ラベルのサイズを超えました。
処置: ラベル・サイズの制限内でビット長またはバイト長を指定してください。

  • ORA-12425 ORA-12425: システム・スキーマにポリシーを適用できないか、または権限を設定できません。

原因: SYS、SYSTEMまたはLBACSYSスキーマにポリシーを適用しようとしたか、あるいはSYS、SYSTEMまたはLBACSYSユーザーにユーザー・ラベル/権限を設定しようとしました。
処置: ポリシーの適用および権限の設定は、システム・ユーザー以外にのみ行ってください。

原因: 指定されたオプションは、指定されたポリシーに対して有効な監査オプションではありません。
処置: 正しい監査オプションを入力してください。

原因: 指定された入力パラメータに誤りがあります。
処置: パラメータ値を修正してください。

原因: 指定された索引の値が1~6の間にありません。
処置: ラベル・リスト操作で索引の値を修正してください。

原因: 指定された権限番号が1~32の間にありません。
処置: 権限番号を修正してください。

原因: 指定された監査アクションは、有効な監査アクションではありません。
処置: 監査アクション番号を修正してください。

原因: LBACの施行でエラーが発生しました。
処置: エラー・メッセージで示された問題を修正してください。

  • ORA-12433 ORA-12433: トリガーの作成に失敗しました。ポリシーは適用されていません。

原因: DMLトリガーの作成中にエラーが発生したため、ポリシーを適用できませんでした。
処置: ラベル・ファンクションを指定するSQL構文を修正してください。

原因: 監査タイプは、BY ACCESSまたはBY SESSIONに設定する必要があります。
処置: 監査タイプの値を修正してください。

原因: 監査完了パラメータは、SUCCESSFULまたはNOT SUCCESSFULに設定する必要があります。
処置: 監査完了パラメータの値を修正してください。

原因: オプション文字列にNULLが指定されましたが、デフォルトのスキーマまたはポリシー・オプションが見つかりません。
処置: 有効なオプション文字列を入力するか、スキーマまたはポリシーが有効なデフォルトのオプション文字列を持つように変更してください。

原因: 無効なポリシー・オプションの値が入力されました。
処置: ポリシー・オプションの値を修正してください。

原因: ポリシー・オプションがオプション文字列内で2回以上入力されました。
処置: 重複するポリシー・オプションの値を削除してください。

原因: 矛盾するポリシー・オプションの組合せが入力されました。
処置: 互換性のあるポリシー・オプションの組合せを指定してください。

原因: SYSDBAパッケージの使用には、LBAC_DBAロールが必要です。
処置: データベース・ユーザーにLBAC_DBAロールを付与してください。

原因: 既存の名前と同じ名前でポリシーを作成しようとしました。
処置: 異なる名前を使用するか、または既存のポリシーを削除してください。

  • ORA-12442 ORA-12442: ポリシー列"string"はすでに他のポリシーに使用されています。

原因: 既存のポリシーと同じポリシー列名でポリシーを作成しようとしました。
処置: ポリシー列に異なる名前を使用するか、または既存のポリシーを削除してください。

  • ORA-12443 ORA-12443: スキーマの表のいくつかにはポリシーが適用されていません。

原因: スキーマにポリシーを適用しましたが、スキーマの表のいくつかにはすでにポリシーが適用されていました。
処置: 処置は必要ありません。ポリシーは、残りの表に適用されました。

原因: すでにポリシーによって保護されている表にポリシーを適用しようとしました。
処置: ポリシー・オプション、述語またはラベル・ファンクションを変更するには、表からポリシーを削除して、ポリシーを適用しなおしてください。

原因: 既存のポリシー列を持つ表に異なるHIDEオプションを指定しようとしました。
処置: 表からその列を削除して、新しいHIDEオプションでポリシーを適用しなおしてください。

原因: ポリシーに管理機能を実行しようとしましたが、<policy>_DBAロールが付与されていませんでした。
処置: ユーザーに、指定されたポリシーの<policy>_DBAロールを付与してください。

  • ORA-12447 ORA-12447: ポリシーstringにはポリシー・ロールがすでに存在します

原因: <policy>_DBAという名前のロールがすでに存在します。
処置: ポリシー名を修正するか、または既存のポリシーを削除してください。

  • ORA-12448 ORA-12448: ポリシーstringはスキーマstringに適用されていません。

原因: ポリシーが適用されていないスキーマを変更しようとしました。
処置: ポリシー名またはスキーマ名を修正してください。

  • ORA-12449 ORA-12449: ユーザー用に指定するラベルの型はUSERにしてください。

原因: ユーザーにラベルを指定しようとしましたが、リスト内のラベルの一部がUSERラベルとして指定されていません。
処置: ラベルをUSERラベルに変更してください。

  • ORA-12450 ORA-12450: LBAC初期化ファイルでLOBデータ型は使用できません。

原因: 列または属性にLOBデータ型を指定しようとしましたが、LOBデータ型は使用できません。
処置: LBAC初期化ファイルを変更して、LOBの列および属性を作成できるようにしてください。

原因: ラベルは、DATAラベルとUSERラベルのいずれかか、またはDATAおよびUSERの両方です。
処置: 少なくとも、DATAまたはUSERのいずれかにTRUEを指定してください。

原因: 入力されたラベル・タグ値は、すでに別のラベルに使用されています。
処置: ラベル・タグに別の値を入力してください。

原因: 入力されたラベル値は、すでに存在します。
処置: 処置は必要ありません。ラベル・タグまたはラベル・タイプを変更してください。

  • ORA-12454 ORA-12454: ラベルstringはポリシーstringのためのものではありません。

原因: 入力されたラベル・タグまたはラベル値は、このポリシーのためのラベルではありません。
処置: このポリシーが使用しているラベル・タグまたはラベル値を入力してください。

  • ORA-12455 ORA-12455: Label SecurityのMMONクリーンアップ・タスクの内部エラー

原因: Label SecurityのMMONクリーンアップ・タスクで内部エラーが発生しました。
処置: Oracleカスタマ・サポートに連絡してください。

原因: Oracle Label Securityコンポーネントが完全に初期化される前にデータベースに接続しようとしました。
処置: データベースが完全にオープンするのを待ってから接続を試みてください。
RA-12457: セキュリティ・ラベルの長さが最大許容長を超えています
原因: 長さ4000バイトを超えるセキュリティ・ラベルを具現化しようとしました。
処置: セキュリティ・ラベルの長さの計算方法については、Oracle Label Securityのマニュアルを参照してください。問題を修正してから操作を再送信してください。

  • ORA-12461 ORA-12461: ラベルstringはポリシーstring用に定義されていません。

原因: 指定されたラベルは、このポリシー用に定義されていません。
処置: ラベル識別子の値を修正してください。

  • ORA-12462 ORA-12462:コンパートメントstringはポリシーstring用に定義されていません。

原因: 指定されたコンパートメントは、このポリシー用に定義されていません。
処置: コンパートメント識別子の値を修正してください。

  • ORA-12463 ORA-12463: グループstringはポリシーstring用に定義されていません。

原因: 指定されたグループは、このポリシー用に定義されていません。
処置: グループ識別子の値を修正してください。

原因: ラベル・コンポーネントに含めることができるのは、文字(英数字)、空白およびアンダースコアのみです。
処置: ラベル・コンポーネントの構文を修正してください。

  • ORA-12465 ORA-12465: 指定されたグループまたはコンパートメントに読取りまたは書込み権限がありません。

原因: 読取りまたは書込み権限のあるグループおよびコンパートメントのユーザー・リストにないグループまたはコンパートメントを指定しました。
処置: グループまたはコンパートメントに書込み権限を付与するときに、読取り権限も含めてください。

  • ORA-12466 ORA-12466: デフォルトのレベルがユーザーの最大値を超えています。

原因: デフォルトのレベルがユーザーの最大値を超えてはいけません。
処置: 許可されるレベルを入力してください。

原因: 最小のラベルにコンパートメントまたはグループを含めました。
処置: ラベルとして許可される最小のレベルのみを含めてください。

  • ORA-12468 ORA-12468: 最大の書込みレベルは最大の読取りレベルと等しくありません。

原因: 最大の書込みレベルは最大の読取りレベルと等しい必要があります。
処置: 最大の書込みレベルと最大の読取りレベルを同じレベル・コンポーネントで指定してください。

  • ORA-12469 ORA-12469: ユーザーstringとポリシーstring用のユーザー・レベルが見つかりません。

原因: レベルがユーザーに指定されていません。
処置: ユーザーに最大レベルおよび最小レベルを指定してください。

原因: 入力されたラベルがNULLか、またはユーザー認証に存在しません。
処置: このユーザーに許可されているラベルを入力してください。

  • ORA-12471 ORA-12471: 指定されたコンパートメントまたはグループがユーザーに対して認証されていません。

原因: 指定されたコンパートメントまたはグループがユーザーに対して認証されていないか、またはユーザーが書込み権限を指定されたコンパートメントまたはグループに対して読込み権限を持っていません。
処置: 許可されるコンパートメントまたはグループを入力してください。

原因: イベント伝播のために、表またはスキーマに適用されているポリシーをOIDから削除しようとしました。
処置: OIDのポリシーは、そのポリシーを使用しているデータベースがない場合にのみ削除してください。

  • ORA-12473 ORA-12473: Label SecurityをOIDとともに使用する場合、このプロシージャは使用できません。

原因: OIDでラベル・セキュリティを使用したため、このプロシージャが使用不可になりました。
処置: このプロシージャを実行する必要がある場合は、OIDでラベル・セキュリティを使用しないでください。

  • ORA-12476 ORA-12476: 上限が最小であるため、無効なOSラベルになりました。

原因: このオペレーティング・システムでは無効な最小の上限ラベル(LUB)を生成しようとしました。
処置: 無効なラベル生成については、OSのラベル管理のドキュメントを参照してください。

  • ORA-12477 ORA-12477: 下限が最高のため、無効なOSラベルになりました。

原因: このオペレーティング・システムでは無効な最大の下限ラベル(GLB)を生成しようとしました。
処置: 無効なラベル生成については、OSのラベル管理のドキュメントを参照してください。

  • ORA-12479 ORA-12479: ファイル・ラベルstringはDBHIGH stringと等しい必要があります。

原因: データベース・ファイルのOSラベルが、DBHIGHと一致しません。DBHIGHが変更されたか、またはOSファイルがラベル変更されました。
処置: ラベルがDBHIGHと一致するようにファイルをラベル変更するか、またはファイルのラベルに一致するようにDBHIGHを変更してください。

  • ORA-12480 ORA-12480: 指定したクリアランス・ラベルは、有効なクリアランス範囲内にありません。

原因: 許可されていないクリアランス範囲内のクリアランスを指定しました。クリアランス範囲内にあるクリアランスのみ指定できます。
処置: 許可されているクリアランス範囲内にあるクリアランス・ラベルを指定してください。

  • ORA-12481 ORA-12481: 有効なラベルがプログラム単位のクリアランス範囲内にありません。

原因: プログラム単位の起動時に、有効なラベルがこのプログラム単位に許可されたクリアランス範囲内にありません。
処置: このプログラム単位のクリアランス範囲を修正するか、または許可される有効なクリアランス範囲でセッションからプログラム単位を起動してください。

原因: 内部MLSポリシー・エラーが発生しました。
処置: Oracleカスタマ・サポートに連絡してください。

原因: 指定されたラベルが最大OSラベルより大きいか、または最小OSラベルより小さいです。
処置: ホストOSの認可範囲内でラベルを指定してください。

原因: 指定されたラベルが、OSホストのラベル定義ファイルに存在しません。
処置: OSラベル管理ツールを使用して、ラベルを定義してください。

  • ORA-12485 ORA-12485: 新しい有効ラベルが有効クリアランス内にありません。

原因: 有効なラベルに、有効な最小ラベルより小さいか、または有効な最大ラベルより大きい値を入力しようとしました。
処置: 最小ラベルと最大ラベルの間の値を入力してください。

  • ORA-12486 ORA-12486: 有効な最大ラベルと最小ラベルは変更できません。

原因: 有効な最大ラベルまたは最小ラベルに値を入力しようとしましたが、これらのラベルは変更できません。
処置: 有効な最大ラベルおよび最小ラベルに、NULL値を入力してください。

  • ORA-12487 ORA-12487: クリアランス・ラベルがDBHIGHとDBLOWの間にありません。

原因: クリアランス・ラベルに、DBHIGHより大きいか、またはDBLOWより小さい値を入力しようとしました。
処置: クリアランス・ラベルに、DBHIGHとDBLOWの間の値を入力してください。

  • ORA-12488 ORA-12488: 最大ラベルは最小ラベルを上回ることができません

原因: クリアランス・ラベルに、最小ラベルと最大ラベルの間の上下関係を保たない値を入力しようとしました。
処置: ラベルに、最小値と最大値の上下関係を保つ値を入力してください。

  • ORA-12489 ORA-12489: デフォルト・ラベルがクリアランス範囲内にありません。

原因: デフォルト・ラベルに、最小クリアランスより小さいか、または最大クリアランスより大きい値を入力しようとしました。
処置: デフォルト・ラベルに、クリアランス範囲内の値を入力してください。

原因: DBHIGHに、既存のDBHIGHより小さい値を入力しようとしました。
処置: DBHIGHに、既存の値より大きい値を入力してください。

原因: DBHIGHに、DBLOWより小さい値を入力しようとしました。
処置: DBHIGHに、DBLOWより大きい値を入力してください。

原因: DBLOWに初期値を設定した後で、これを変更しようとしました。DBLOWは、初期データベース作成後に1度のみ設定できます。
処置: DBLOWを変更するには、新しいデータベースを作成し、DBLOWに新しい値を設定して、この新しいデータベースにデータをインポートしてください。

原因: MLSバイナリ・ラベルに無効な値が含まれているか、サイズが正しくないか、使用不可能なレベル、カテゴリまたはリリース・カテゴリが含まれています。
処置: 有効なMLSラベルについては、DBA_MLS_LABELSビューを確認してください。

  • ORA-12494 ORA-12494: レベル、カテゴリまたはリリース・カテゴリを挿入または削除できません。

原因: レベル、カテゴリまたはリリース・カテゴリの定義を挿入または削除しようとしました。
処置: ラベル定義が有効でなくなった場合は、それが無効であることを示す名前に変更してください。ラベルが文字列に変換されるときに、新しいラベル定義が使用されます。

  • ORA-12495 ORA-12495: 使用可能なレベル、カテゴリまたはリリース・カテゴリを使用不可にできません

原因: これまで使用可能だったレベル、カテゴリまたはリリース・カテゴリを使用不可にしようとしました。使用可能なラベル定義は、いくつかのデータベース・ラベルに存在する可能性があるため、使用不可にできません。
処置: ラベル定義が有効でなくなった場合は、それが無効であることを示す名前に変更してください。ラベルが文字列に変換されるときに、新しいラベル定義が使用されます。

  • ORA-12496 ORA-12496: 既存のレベル、カテゴリまたはリリース番号を変更できません。

原因: レベル、カテゴリまたはリリース・カテゴリに割り当てた番号を変更しようとしました。
処置: 番号ではなく、文字列を変更してください。

原因: 記述カテゴリとリリース・カテゴリの合計数が、MLSポリシーがサポートする最大値を超えています。
処置: 合計数が最大値を超えない値を指定してください。