Ocm Oracle Installation

OCM Oracleソフトウェアインストレーション

Oracleソフトウェアは今回OCM試験対象の範囲外のようだ。しかし、DBAとしてOracleソフトウェアのインストールは基本の基本である。しっかり把握しておこう。

# OUIを起動する
[oracle@test ~]$ /mnt/cdrom/database/runInstall &
#ORACLE_HOMEを指定し、ソフトウェアのみと選択し、
# Enterprise Editionでソフトウェアをインストールする
 
# root.shを実行する
[oracle@test ~]$ su -
# root.shを実行する
[root@test ~]# root.sh
 
# ORACLE_HOMEとPATHを設定する
[oracle@test ~]$ vi ~/.bash_profile
export ORACLE_BASE=/u01/oracle/oracle
export ORACLE_HOME=/u01/oracle/oracle/product/10.2.0/db_1
export PATH=$PATH:$ORACLE_HOME/bin
 
# 環境変数の実装する
[oracle@test ~]$ . .bash_profile

その他の環境設定

試験対象ではないが、設定したほうが楽な設定はいくつある

[oracle@test ~]$ vi login.sql
set term on
set feed on
set verify on
set serveroutput on size 1000000
set lin 100
set pages 9999
set long 5000
set head on
define _editor=vi
spool sqlplus.log app
set time on
set timi on
set echo on

マニュアル

Reference:
Oracle Database インストレーション・ガイド 10gリリース2(10.2)for Linux x86
http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle10g/102/linux/B19280-02/toc.htm