Ocm Intro Jp

Reference オラクルオフィシャルサイト
オラクル認定資格制度
ORACLE MASTER Platinum(OCM)情報
ORACLE MASTER Platinum (OCM) は業界内でも最先端のデータベース管理者資格です。
ORACLE MASTER Platinum (OCM) 資格はORACLE MASTER Gold(OCP) 取得者の中でも上位の研修を受け、少なくとも3~4年間 Oracle の専門家として企業レベルのデータベース管理者経験を有する方のための資格です。ORACLE MASTER Platinum (OCM) 資格を取得するためには、Oracle University が指定した上位のデータベースコースを修了し、ORACLE MASTER Platinum (OCM) 実技試験に合格しなければなりません。

ORACLE MASTER Platinum(OCM)試験情報

ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g 実技試験
ORACLE MASTER Platinum(OCM)実技試験スケジュール

必要最低限のスキル
試験環境
試験申込み
特典

3~4年間 Oracle の専門家として企業レベルのデータベース管理者経験を有していること。

ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g(OCM) 実技試験

3~4年間 Oracle の専門家として企業レベルのデータベース管理者経験を有していること。

バックアップ、リカバリの豊富な経験があること。

Oracle 10g SQLに熟練していること。

Linuxコマンド言語の実践知識があること。以下一部抜粋。
 a. フォーマットおよび基本的なOSコマンドの実行
 b. ディレクトリ構造の作成およびナビゲート
 c. コピー、移動および削除を使用したファイル管理
 d. LINUX環境でのテキスト編集
 e. 環境変数の設定

Oracle実行可能ファイルの検出および起動ができること。以下一部抜粋。
 a. RMAN ユーティリティ
 b. Oracle Net Manager
 c. Oracle Net Configuration Assistant
 d. OEM
 e. リスナー・ユーティリティ
 f. OMS
g. Oracleパスワード・ユーティリティ
h. Database Creation Assistant

Oracle Enterprise Managerに習熟していること。

Oracle Net ManagerおよびOracle Net Configuration Assistantを使用したネットワークの構成に習熟していること。

Oracle Enterprise Serverテクノロジおよび機能の高度な知識を有し、使用できること。

オンラインの Oracle ドキュメントを使いこなすことができること。

Mozilla 1.6ブラウザ・ソフトウェアの使用に習熟していること。

BACK TO TOP

試験環境について

ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g(OCM) 実技試験 (2007/7/1~)

* Oracle Database 10g Rel. 2 (10.2.0.2)
* Oracle Enterprise Manager Rel. 2 (10.2.0.1)
* Oracle Database 10g Rel. 2 (10.2.0.1) - For RAC Only

LinuxとOracleの両方についてGUIもしくはCUIが使えます。

日本語・英語版のマニュアルセット(検索機能を除く)が使えます。

Operating System:

* 受験者用マシン:Red Hat Enterprise Linux AS release 4 (Nahant Update 2)
* RAC マシン   :Red Hat Enterprise Linux AS release 3 (Taroon Update 7)

前提条件

ORACLE MASTER Gold Oracle Database 10g (OCP)

受験要項

試験準備

ORACLE MASTER Platinum (OCM) 実技試験を受験される方はORACLE CERTIFICATION PROGRAM 受験契約書に記載し てある規則及びガイドラインを遵守いただく必要がございます。 ま た、受験に際して、有効な写真付き身分証明書1点を提示いただく必要があります 。試験初日のログインの際、プロメトリックIDが必要です。詳細はプロメトリックのサイトをご確認ください。

実技試験

試験時間は、初日は 9:30am~8:00pm で、2日目は9:30am~6:00pmです。 (終了時間は変更となる場合があります)。 各シナリオに十分に取り組めるよう、 お時間には余 裕を持ってお越しください。試験開始後は、試験会場に入室いただくことができません。
試験はOracle University専用の教室にて、厳正かつ公正に行われます。試験実施にあたっては、専門のトレーニングを受けた試験監督がシナリオ配布や試験監督 を担当します。試験監督は試験の採点は行わず、 採点情報も閲覧できません。
試験当日、無作為に専用サーバが割り当てられ、 各試験日ともそのサーバをワークステーションとしてお使いいただきます。試験環境はセキュリティ維持のため 、インターネットやイントラネットには接続されていません。 実技試験では、効果的にデータベースやインスタンス環境を管理したり、 パフォーマンスを保証し ながら障害のあるシナリオをリカバリーする技術力が問われます。 障害シナリオをリカバリーできないと次のシナリオに影響を及ぼす場合があります。 全シナリ オには制限時間があり、各シナリオごとに採点基準が設定されています。 実技試験中は、書類やメモなどを使用したり、他のお客様と協力することはできません 。 携帯電話やポケットベル、PDA端末なども試験室へお持込みいただくことができません。 実技試験中、デスクトップ上でメモ(電子データ)をとることは可能 です。

採点

試験は各シナリオにおける課題、及びリカバリーの結果をもとに採点されます。 実技試験においてお使いいただきます環境からは、各シナリオ終了時にデータを 回収させていただき、 最終スコアの決定において参照させていただきます。いくつかのシナリオでは部分点が与えられることもありますが、 障害のあるシナリオ からのリカバリーに失敗した場合、そのシナリオは0点となります。 試験監督は試験の採点には一切関わらず、試験中に採点情報を知ることもありません。 試験 結果は試験日から1ヶ月前後でお知らせいたします。合格された方には ORACLE MASTER Platinum 合格証と、Oracle Certified Master証明書が授与されます。

BACK TO TOP
試験申込み

試験申込みの要件

ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g 実技試験のお申し込みには、以下の前提条件を満たしていただく必要があります。

1. ORACLE MASTER Gold Oracle Database 10g の取得
2. Oracle Universityの上級DBAコース2クラスの受講(ORACLE MASTER Platinum Oracle9i Database取得済みの方は免除)
3. (お申込み時に) 2クラスの受講情報とプロメトリックIDのご提示

ORACLE MASTER Platinum Oracle9i Database 実技試験のお申し込みには、以下の前提条件を満たしていただく必要があります。

1. ORACLE MASTER Gold Oracle9i Database の取得
2. Oracle Universityの上級DBAコース2クラスの受講
3. (お申込み時に) 2クラスの受講情報とプロメトリックIDのご提示

試験のお申込み

* 試験のお申し込み先
Oracle University コールセンター
TEL : 0120-155-092
受付時間:平日9:00~17:00 (12:00~13:00を除く)
※当該試験のWeb経由での受付は行っておりません。
※空席状況はお電話にてご確認ください。
* スケジュール
ORACLE MASTER Platinum(OCM)実技試験スケジュール (pdf)

【注意】

開催日の2週間前の集客状況により開催判断を行います。できるだけ早めの申し込みをお勧めします。

BACK TO TOP
ORACLE MASTER Platinum (OCM) 資格所有者の特典

ORACLE MASTER Platinum 資格により、上級DBAという手腕の問われる職務を遂行できる能力を証明できます。高い信頼性を、就職活動やビジネスの機会にも活かすことができます。価値のある支援ツールとして利用すれば、転職やプロジェクトの際、ご自身の市場価値をより高め、他の競争相手との差別化をはかることができます。

* Oracleブランドに後押しされた極めて業界認知度の高い資格証書
* OCM限定の名刺や印刷物へのOCMロゴの使用の権利
* OCM特典記念品
* Oracle Technology Network(OTN)上のOCM professional profileへの記載。
このプロフィールは世界中250万人のオラクルコミュニティのメンバーにより閲覧されます。