Login Default Keyboard Layout

回避策
注意 : レジストリの編集を誤ると、Windows が起動しなくなる等、Windows 自体の再セットアップを余儀なくされるような事態が発生する恐れがあります。マイクロソフトではレジストリ エディタでの編集の結果によるいかなる問題に対しても保証いたしかねます。レジストリはお客様の責任の範囲内でご使用ください。 レジストリの編集方法については、Regedit.exe のオンライン ヘルプの「キーと値を変える」、または Regedt32.exe のオンライン ヘルプの「レジストリの情報の追加と削除」、「レジストリを編集する」をご覧ください。また、レジストリを編集する場合は、あらかじめレジストリ ファイル (System.dat および User.dat) のバックアップを作成することをお勧めします。Windows NT をご利用の場合は、[修復ディスク ユーティリティ] を使用し、[修復情報の更新] を行うことをお勧めします。
先頭へ戻る

すでに Office XP をセットアップしている場合
1. [スタート] をクリックし [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
2. [名前] ボックスに Regedit と入力し [OK] をクリックします。
3. 以下のフォルダが表示されるまで HKEY_USERS キーを展開していきます。
HKEY_USERS\.DEFAULT\Keyboard Layout\Preload
4. フォルダにある以下の文字列キーの値がない場合、追加します。
値 : 1
値のデータ : E0010411
5. [編集] メニューの [新規] をポイントして [文字列] を選択し、以下の名前に変更します。
値の名前 : 1
6. 手順 4. で作成した文字列キーをダブルクリックし、値のデータを E0010411 と入力します。
7. レジストリエディタを終了します。
8. Windows を再起動します。

先頭へ戻る

Office XP をまだセットアップしてない場合
現象が発生しないようにするための予防策です。1. [スタート] をクリックし [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
2. [名前] ボックスに Regedit と入力し [OK] をクリックします。
3. 以下のフォルダが表示されるまで HKEY_USERS キーを展開していきます。
HKEY_USERS\.DEFAULT\Software\Microsoft\IMEJP\8.0
4. [編集] メニューの [新規] をポイントして [DWORD 値] を選択し、以下の名前に変更します。
値の名前 : Migrated
5. 手順 4. で作成したDWORD 値キーをダブルクリックし、値のデータを 1 と入力します。
6. レジストリエディタを終了します。
7. Windows を再起動します。

http://support.microsoft.com/kb/436401/ja