Linux Command
  • ls
    • 機能: カレントディレクトリ、ファイルの情報を表示する 
    • 書式: ls   【オプション】 【ディレクトリ、ファイル名】
    • オプション
-a filename 隠しファイルも表示する
-l filename ファイルを詳細に一覧表示する
-t filename タイムスタンプ順(日時順)に表示する
-F filename 名前の最後にファイルタイプをつける
-s filename ファイル名の横にkバイト単位でファイルサイズを付加して表示する
-r filename 降順で表示する
  • cd
  • vi
  • mail
    • 機能: メールの送受信を行う。引数にアドレスを指定した場合は送信、アドレスを指定しない場合は受信となる。受信の場合は「mail」の内部コマンドモードに移行する。
    • 書式: mail [-v] [-c アドレス] [-b アドレス] [-s 件名] [ アドレス ]
    • オプション
-v 送受信状況の詳細を表示する
-c アドレス 指定したアドレスをCCに設定する
-b アドレス 指定したアドレスをBCCに設定する
-s 件名 メールの件名(subject)を指定する
アドレス 送信先(TO)のアドレスを指定する
  • find
    • 機能: ファイル名やファイルの種類、最終更新日のようなファイルの属性をもとにファイルの検索をおこなう。また、検索したファイルに対してコマンドを実行する。 
    • 書式: find 【path】 【検索条件】 【アクション】
    • オプション
-name filename ファイル名がfilenameとマッチするファイルを検索する
-perm num 許可属性がnum(8進数)と一致するファイルを検索する
-perm -num 許可属性がnum(8進数)を含んでいるファイルを検索する
-type c ファイルのタイプがcであるファイルを検索する
-user user 所有者がuserであるファイルを検索する
-group group ファイルがgroupに属しているファイルを検索する
-size n nブロックサイズ(1ブロックは512バイト)であるファイルを検索する
-atime n n日前に最終アクセスがあったファイルを検索する
-mtime n n日前に最終更新されたファイルを検索する
-empty 空のファイルやディレクトリを検索する

プロセスの優先順位を調整するコマンド
-n —n
-20(最高)~19(最低)で、デフォルトは10

-c クラス 0-リアルタイム 1-一般 2-アイドル
-n レベル 0-最高 7-最低
-c2(一般クラス) -n7(最低)

Linux構成の練習

VMWare
VirtualPC
Bochs

Linuxのコマンドの練習

CygWin