Emca Config Dbconsole Repos Create

emca (Oracle Enterprise Manager (OEM) Configuration Assistant)のコマンドラインで、手動でOEM Database Consoleの作成ができます。
この操作はdbcaでOEM DBConsole作成の手動バージョンです。
特にGUIの不便、自動化の必要の場合は便利です。
また、リポジトリの作成は予め、emca -repos createで作成出来ます。

[oracle@test.ocm.com bin]$ emca -config dbcontrol db -repos create

EMCAの開始 2013/05/26 10:14:46
EM Configuration Assistant, リリース10.2.0.1.0 Production
Copyright (c) 2003, 2005, Oracle.  All rights reserved.

次の情報を入力してください:
データベースのSID: tdb
リスナーのポート番号: 1521
SYSユーザーのパスワード:
DBSNMPユーザーのパスワード:
SYSMANユーザーのパスワード:
通知用の電子メール・アドレス (オプション): root@test.ocm.com
通知用の送信メール(SMTP)サーバー (オプション):
-----------------------------------------------------------------

次の設定が指定されています

データベースのORACLE_HOME ................ /u01/oracle/app/oracle/product/10.2.0/db_1

データベース・ホスト名 ................ test.ocm.com
リスナーのポート番号 ................ 1521
データベースのSID ................ tdb
通知用の電子メール・アドレス ............... root@test.ocm.com
通知用の送信メール(SMTP)サーバー ...............

-----------------------------------------------------------------
続行しますか。 [はい(Y)/いいえ(N)]: y
2013/05/26 10:16:17 oracle.sysman.emcp.EMConfig perform
情報: この操作は/u01/oracle/app/oracle/product/10.2.0/db_1/cfgtoollogs/emca/tdb/emca_2013-05-26_10-14-46-午前.logでロギングされています。
2013/05/26 10:16:19 oracle.sysman.emcp.EMReposConfig createRepository
情報: EMリポジトリの作成中(少し時間がかかります)...
2013/05/26 10:20:27 oracle.sysman.emcp.EMReposConfig invoke
情報: リポジトリは正常に作成されました
2013/05/26 10:20:35 oracle.sysman.emcp.util.DBControlUtil secureDBConsole
情報: Database Controlの保護中(少し時間がかかります)...
2013/05/26 10:23:48 oracle.sysman.emcp.util.PlatformInterface executeCommand
警告: /u01/oracle/app/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/emctl config emkey -repos の実行中のエラー
2013/05/26 10:23:48 oracle.sysman.emcp.util.DBControlUtil secureDBConsole
警告: EMキーの構成が失敗しました。
2013/05/26 10:23:48 oracle.sysman.emcp.EMDBPostConfig performConfiguration
警告: Database Controlの保護中にエラーが発生しました。
2013/05/26 10:23:48 oracle.sysman.emcp.EMDBPostConfig setWarnMsg
情報: Database Controlの保護中にエラーが発生しました。Database Controlが非セキュア・モードで起動されています。Database Controlを保護するには、次のコマンドを実行してください。

 1) 環境変数ORACLE_SIDをtdbに設定します。
 2) /u01/oracle/app/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/emctl stop dbconsole
 3) /u01/oracle/app/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/emctl config emkey -repos -sysman_pwd < SYSMANユーザーのパスワード >
 4) /u01/oracle/app/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/emctl secure dbconsole -sysman_pwd < SYSMANユーザーのパスワード >
 5) /u01/oracle/app/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/emctl start dbconsole

 EMキーを保護するには、/u01/oracle/app/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/emctl config emkey -remove_from_repos -sysman_pwd < SYSMANユーザーのパスワード >を実行します。
2013/05/26 10:23:48 oracle.sysman.emcp.util.DBControlUtil startOMS
情報: Database Controlの起動中(少し時間がかかります)...
2013/05/26 10:34:44 oracle.sysman.emcp.EMDBPostConfig performConfiguration
情報: Database Controlは正常に起動されました
2013/05/26 10:34:44 oracle.sysman.emcp.EMDBPostConfig performConfiguration
情報: >>>>>>>>>>> Database ControlのURLはhttp://test.ocm.com:1158/emです <<<<<<<<<<<

Database Controlの保護中にエラーが発生しました。Database Controlが非セキュア・モードで起動されています。Database Controlを保護するには、次のコマンドを実行してください。

 1) 環境変数ORACLE_SIDをtdbに設定します。
 2) /u01/oracle/app/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/emctl stop dbconsole
 3) /u01/oracle/app/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/emctl config emkey -repos -sysman_pwd < SYSMANユーザーのパスワード >
 4) /u01/oracle/app/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/emctl secure dbconsole -sysman_pwd < SYSMANユーザーのパスワード >
 5) /u01/oracle/app/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/emctl start dbconsole

 EMキーを保護するには、/u01/oracle/app/oracle/product/10.2.0/db_1/bin/emctl config emkey -remove_from_repos -sysman_pwd < SYSMANユーザーのパスワード >を実行します。
[oracle@test.ocm.com bin]$