ios - Swiftの変数、定数と値

ブログ » ios - Swiftの変数、定数と値

12 Jun 2014 00:57公開

このセクション紹介する主な機能は

  • letは定数、varは可変を宣言します。
  • 明確なString(変数)でインスタンスを作成して型変換します。
  • \(変数)で文字列中に型変換して埋め込みます。

シンプルな値

値と変数

値はlet定数、var可変で定義します。
型は自動的に識別されますので、ほとんどの場合は明確な定義が必要ありません。

var myVariable = 42
myVariable = 50
let myConstant = 42

初期情報十分ではない場合、コロンで型の定義もできます。

let implicitInteger = 70
let implicitDouble = 70.0
let explicitDouble: Double = 70

型の変換

型の変換は暗黙に行われません。変換の必要の場合、明確なインスタンスを作って変換します。

let label = "The width is "
let width = 94
let widthLabel = label + Stringwidth

文字列への変換はもうひとつシンプルな方法があります。
\(と)で囲い込むことです。

let apples = 3
let oranges = 5
let appleSummary = "I have (\ apples ) apples."
let fruitSummary = "I have (\ apples + oranges ) pieces of fruit."

Reference:
http://swift-devs.tk/ja:a-swift-tour-simple-value

レーティング

rating: 0+x

コメント

Add a New Comment