Edu Oracle EBS R12: Install, Patch and Maintain Applications 1z0-238

Oracle EBS R12: Install, Patch and Maintain Applications

試験番号: 1Z0-238
関連資格: Oracle E-Business Suite R12 Applications Database Administrator Certified Professional
試験料: 26,250円
試験のお申込み: ピアソンVUE社

試験時間: 90分
このほか、試験受験時には受験契約の同意やアンケートのための時間(15~30分以内)が必要です。
出題数: 75問
合格%: 63%
合格ラインは変更されることがあります。
合格ラインについて

おすすめ研修サービス

* E-Business Suite R12 テクニカル系共通機能
* E-Business Suite R12 インストール パッチ メンテナンス

追記事項および試験環境
再受験について

テスト内容チェックリスト
インストールの準備
[ ] 高速インストールの利点
[ ] テクノロジ・スタックのコンポーネント
[ ] 必要な前提条件(プラットフォームのハードウェアとソフトウェア)
[ ] ステージング・ソフトウェア
[ ] インストールの動作方法

インストールの実行
[ ] インストールの種類(標準/通常/エキスプレス)
[ ] 渡されたパラメータを確認する
[ ] 新規インストールの再起動/トラブルシューティングを行う
[ ] 高速インストールの進捗を監視する

インストールを終了する
[ ] インストール後に必要なタスクについて説明する
[ ] クライアント・ソフトウェアの設定プロセスについて説明する
[ ] インストールに特有のインストール後タスクについて説明する
[ ] インストール成功後のサニティ・チェック

Oracle Applicationsのコンポーネント
[ ] デスクトップ、アプリケーションおよびデータベース層を構成する高レベルのテクノロジ・スタック・コンポーネントについて識別および説明する
[ ] Oracle Applicationsが各種のテクノロジ・スタック・コンポーネントを使用する方法を理解する
[ ] Oracle Applicationsで使用する各種のOracleホームを識別する
[ ] Applicationsのテクノロジ層の各種製品の役割について識別および説明する
[ ] R12アプリケーションのテクノロジ・スタックにおける主要な変更を識別する

環境ファイル、制御スクリプトおよび言語
[ ] Oracle Applicationsの主要な環境ファイルとその主要なパラメータについて説明する
[ ] 他の重要な環境ファイルを識別する
[ ] アプリケーション層のサーバー制御スクリプトを識別する
[ ] Oracle Applicationsで言語をサポートする方法について説明する

Oracle Applicationsのファイル・システム
[ ] Oracle Applicationsのファイル・システムについて説明する(データベース層とアプリケーション層の両方)
[ ] 製品のディレクトリ構造について説明する
[ ] 重要な製品ディレクトリ(AD、AU)を識別する
[ ] APPL_TOP、 COMMON_TOPおよびINST_TOPの各ディレクトリの役割について説明する
[ ] リリース12で新しく追加されたディレクトリを列挙する

Oracle Applicationsデータベース
[ ] Oracle Applicationsデータベースに存在するオブジェクトとスキーマについて説明する
[ ] APPSスキーマと追加スキーマの目的について説明する
[ ] 複数組織と報告通貨の実装
[ ] データベース機能の概要
[ ] データベース監視機能
[ ] データベース・パフォーマンスの機能
[ ] データベースのスケーラビリティとBusiness Intelligenceの機能
[ ] データベース・サーバーとリスナーの起動および停止方法

拡張構成オプション
[ ] Oracle Applicationsにおける共有アプリケーション層ファイル・システムの使用について理解する
[ ] ステージ済のAPPL_TOP を使用する利点について説明する
[ ] 主要なロード・バランシング・オプションとその主要な機能を識別する
[ ] Oracle Applications用の効率的なネットワーク設計における主要な要因について理解する

R12で使用するOracle ApplicationのADユーティリティ
[ ] 構成ファイルと環境ファイル
[ ] ADユーティリティを識別する
[ ] コマンド行の引数とフラグの使用法について理解する
[ ] パラレル処理について説明する
[ ] ログ・ファイルと再起動ファイルの場所と使用法を識別する(adadmin.logとadworkxxx.log)
[ ] 分散AD

AD Administration: Applicationsファイル管理タスク
[ ] Oracle Applicationsプログラムを再リンクする
[ ] 主要なApplications環境ファイルを作成する
[ ] ファイル・システム管理タスクに適したサーバーを識別する
[ ] スナップショット情報を管理する

AD Administration: データベース・エンティティ・コンパイル/再ロード・タスク
[ ] データベース・エンティティ・コンパイル/再ロード・タスクを使用する
[ ] 別の方法でオブジェクトをコンパイル /生成および再ロードする

AD Administration: 非対話型操作および保守モード
[ ] 非対話型モードでデフォルト・ファイルを作成しAD Administrationを実行する
[ ] 保守モードを有効/無効にする
[ ] 非対話型モードでAD Administrationを実行する利点
[ ] デフォルト・ファイルで使用できるメニュー・オプション

特殊なユーティリティ
[ ] AD Controllerの概要
[ ] ワーカーのステータスについて理解する
[ ] ワーカー・プロセスのトラブルシューティングを行う
[ ] ワーカーを再起動および停止する
[ ] AD再リンク・ユーティリティ
[ ] アップグレード・プロセスについて説明する
[ ] ワーカーのステータスとそのフローを確認する

Autoconfig
[ ] アプリケーション・コンテキストについて説明する
[ ] Autoconfigについて説明する
[ ] Autoconfigで使用するスクリプトを識別する
[ ] Autoconfigを実行して Oracleアプリケーション・システムを設定する
[ ] アプリケーション・コンテキストのパラメータを更新する
[ ] アプリケーション・コンテキストのパラメータを復元する
[ ] Autocofigセッションをロールバックする
[ ] テスト・モードで Autoconfigを実行する
[ ] Autoconfig実行中のトラブルシューティングと依存関係
[ ] コンテキスト・ファイルの利点
[ ] OAMのAutoconfig

AD Administration: データベース・エンティティ保守タスク
[ ] データベース・エンティティ保守タスクの各種オプションを使用する
[ ] DUAL表

ライセンス・マネージャ
[ ] ライセンス・マネージャ・ユーティリティ
[ ] 製品を登録する
[ ] 国に特有の機能を登録する
[ ] 言語を登録する
[ ] ライセンスされた製品と言語を識別する
[ ] ライセンス・マネージャの要約レポート

レポート・ユーティリティ
[ ] コマンド行のレポート・ユーティリティの概要
[ ] AD Configurationのレポート
[ ] AD File Identification
[ ] ADジョブ・タイミング・レポート
[ ] AD Configurationを実行する

設定ユーティリティ
[ ] 新しいオフサイクル製品をインストールする
[ ] AD Splicerの使用方法
[ ] Applicationsファイルのキャラクタ・セットを変換する

パッチとAutoPatchプロセス
[ ] パッチの概要(目的、パッチの種類、命名規則など)
[ ] パッチの要素について説明する
[ ] パッチ、ミニパック、メンテナンス・パックおよび一括更新を区別する
[ ] パッチの作成方法について説明する
[ ] Autopatchおよびその機能/ オプションの概要
[ ] AutoPatchがパッチを適用するステップについて説明する
[ ] パッチの適用方法(単一ノード構成と複数ノード構成の両方)
[ ] パッチをダウンロードする

パッチ・ウィザード
[ ] パッチ・ウィザードの説明とアクセスを行う
[ ] パッチ情報バンドルをダウンロードする
[ ] ステージ・ディレクトリを定義する
[ ] パッチ・フィルタを定義する
[ ] パッチ・ウィザードの要求を発行および表示する
[ ] パッチ・ウィザードの結果を分析する
[ ] パッチ影響分析を実行する

AutoPatchの実行
[ ] AutoPatchを実行する前に設定タスクを実行する
[ ] 製品を登録する
[ ] AutoPatchのプロンプトについて理解し応答する
[ ] ログ・ファイルの場所と使用方法を識別する
[ ] AutoPatch実行後の追加タスクを実行する
[ ] AutoPatchの失敗についてトラブルシューティングを行いAutoPatchを再起動する

OAMタイミング・レポート
[ ] OAMタイミング・レポートの機能について説明する
[ ] タイミング詳細レポートの主要な情報を識別する
[ ] 進行中のパッチ・セッションを追跡する

パッチに関するその他のトピック
[ ] AutoPatchのモードについて説明する
[ ] 別のモードでAutoPatchを実行する
[ ] AutoPatchのコマンド行オプションを使用する
[ ] Javaパッチを適用する
[ ] 複数のパッチのパッチ・ドライバをマージする

適用済パッチ情報
[ ] OAM適用済パッチ情報の特徴について説明する
[ ] AutoPatchのモードとOAM 適用済パッチ情報の関係について説明する
[ ] 適用済パッチ・レポートを識別する

Oracle Applicationsの複製
[ ] 複製が必要な状況について説明する
[ ] OSレベルでの迅速な複製のための前提条件について説明する(ソフトウェア)
[ ] アプリケーション・レベルでの迅速な複製のための前提条件について説明する
[ ] 複製用にソース・システムのデータベース層を準備する
[ ] 複製用にソース・システムのアプリケーション層を準備する
[ ] ソース・システムをターゲット・システムにコピーする
[ ] ターゲット・システムを設定する
[ ] インスタンスごとの設定をチェックおよび更新する
[ ] 終了タスクを実行する

拡張複製オプション
[ ] 複製したターゲット・システムをリフレッシュする
[ ] 単一ノード・システムから複数ノード・システムに複製する
[ ] 複数ノード・システムから複数ノード・システムに複製する
[ ] 既存のシステムにノードを追加する
[ ] 複数ノード・システムでノード数を減らす

AD Administration: アプリケーション・ファイル生成タスク
[ ] 環境を設定する
[ ] メッセージ、フォーム、レポート、グラフィックおよび製品のjarファイルを生成する
[ ] ファイル・オプションを生成する