E Business Essentials 1z0-204

E Business Essentials 1z0-204

R12 Oracle Applicationsでのナビゲーション

[ ] Oracle Applicationsにログインする
[ ] パーソナル・ホーム・ページからApplicationsに移動する
[ ] 職責を選択する
[ ] お気に入りの作成と作業環境の設定を行う
[ ] フォームとメニューを使用する
[ ] フォームを使用してデータを入力する
[ ] フォームを使用してデータを検索する
[ ] オンライン・ヘルプにアクセスする
[ ] レポートとプログラムを実行および監視する
[ ] Oracle Applicationsからログアウトする

Oracle Applications R12の概要

[ ] R12 E-Business Suiteのフットプリントについて説明する
[ ] R12 E-Business Suiteの利点について説明する
[ ] R12 E-Business Suiteのアーキテクチャについて説明する
[ ] アーキテクチャの主要コンポーネントについて説明する
[ ] ファイル・システムとデータベースの構造について説明する

共有エンティティと統合

[ ] R12 E-Business Suite内の共有エンティティについて説明する
[ ] E-Business Suite(EBS)製品間の主な統合ポイントとビジネス・フローについて説明する
[ ] E-Business Suite(EBS)に関連する主なビジネス・フローと製品を識別する

システム管理の基礎

[ ] Oracle Applicationsセキュリティにおけるアクセス管理のレイヤーについて説明する
[ ] 機能セキュリティを定義する
[ ] メニューと機能セキュリティを使用して職責を変更する
[ ] データ・セキュリティを定義する
[ ] プロファイル・オプションを設定する
[ ] 標準要求発行を定義する
[ ] アプリケーションのテクノロジ層について説明する

フレックスフィールドの基礎

[ ] フレックスフィールドとその構成要素について説明する
[ ] フレックスフィールドを実装する手順を識別する
[ ] 値セットと値を定義する
[ ] キー・フレックスフィールドを定義する
[ ] 付加フレックスフィールドを定義する
[ ] フレックスフィールドの拡張について説明する

複数組織の基礎

[ ] 複数組織を定義する
[ ] 複数組織モデルでサポートされる組織のタイプについて説明する
[ ] 複数組織のエンティティについて説明する
[ ] 複数組織がデータを保護する方法について説明する
[ ] 複数組織を実装する際の主な考慮事項を識別する
[ ] 複数組織アクセス管理を定義する
[ ] 複数組織作業環境について説明する
[ ] 拡張された複数組織レポートについて説明する
[ ] 補助元帳会計の概念について説明する

ワークフローとアラートの基礎

[ ] ワークフローの概念について説明する
[ ] ワークフローの利点について説明する
[ ] ビジネス・イベントの概念について説明する
[ ] Oracle Workflowホーム・ページとワークリストWebページに移動する
[ ] ワークフロー通知に応答する
[ ] ワークフロー・プロセスを監視する
[ ] アラートについて説明する

オラクルのビジネス・インテリジェンス製品: 概要

[ ] Daily Business Intelligenceの機能について説明する
[ ] Daily Business Intelligenceに関連するビジネス・ニーズを識別する
[ ] Daily Business IntelligenceとE-Business Suiteの関係について説明する
[ ] DBIレポートの構成要素について説明する

推奨コース

E-Business Suite R12 Boot Camp: 必修速習EBS

コースの概要:

業務系の各コースへ進む際の前提となる必修コースです。Oracle Applicationsシステムに共通する基本操作やシステム管理、フレックスフィールド、複数組織、WorkFlowなどのテクニカル系の共通機能の基礎を理解できます。

受講者は、Oracle E-Business Suite R12内にアクセスしてナビゲートする方法を学習し、データの入力方法、問合せ形式による情報の取得方法、オンライン・ヘルプへのアクセス方法を習得します。また、このコースでは、共有エンティティ、主要ビジネス・フロー、Oracle E-Business Suite R12内の複数製品間における機能と統合ポイントについても説明します。

Learn To:

  • 複数組織と複数組織アクセス管理(MOAC)の機能の理解、共有サービス企業に対する拡張レポート機能の利点の理解
  • Oracle Workflow R12の機能の説明
  • キー・フレックスフィールドと付加フレックスフィールドの定義
  • Oracle Applications R12のナビゲート
  • Oracle E-Business Suite R12のアーキテクチャを構成する主要なコンポーネントの検討
  • Oracle System Administration R12の基本的な概念

方式

スケジュール/購入 受講形態 価格(消費税込み)** 日数 教材 講義言語
スケジュール詳細 Instructor-Led Training(集合研修) 259,875 円 3 日 日本語 日本語
スケジュール詳細 Live Virtual Class 259,875 円 3 日 日本語

含む 消費税

前提条件:

推奨される前提コースまたは前提知識:

  • EBS 入門セミナー

コースの目的:

  • Oracleアラートを作成し、定期アラートをテストする
  • キー・フレックスフィールドと付加フレックスフィールドを定義する
  • Oracle System Administration R12の基本概念を説明する
  • 複数組織アクセス管理(MOAC)の機能と利点を説明する
  • Oracle E-Business Suite R12内の共有エンティティについて理解する
  • Oracle Workflow R12の主要な機能と利点を習得する
  • Oracle E-Business Suite R12内をナビゲートする
  • Oracle E-Business Suite R12のアーキテクチャを構成する主要なコンポーネントの概念を理解する

コースの内容:

コースの概要
  • コースの目的
  • コースの内容
  • 追加情報
Oracle Applications R12でのナビゲート
  • Oracle Applicationsへのログインとログアウト
  • フォームとメニューの使用
  • フォームを使用したデータの入力
  • フォームの検索
  • オンライン・ヘルプへのアクセス
Oracle Applications R12の紹介
  • R12のフットプリントの紹介
  • R12のフットプリントの利点
  • E-Business Suite R12のアーキテクチャ
  • 基本的なテクニカル・アーキテクチャ
  • Oracleのファイル・システムとディレクトリの概要
共有エンティティと統合
  • 主要な共有エンティティとその他の共有エンティティ
  • E-Business Suiteのビジネス・フローと統合の概要
システム管理の基礎
  • アプリケーション・セキュリティの概要
  • 機能セキュリティ
  • データ・セキュリティ
  • プロファイル・オプション
  • 標準要求発行(SRS)
フレックスフィールドの基礎
  • フレックスフィールドの基礎
  • 値セットの定義
  • キー・フレックスフィールドの定義
  • 付加フレックスフィールドの定義
  • R12におけるフレックスフィールドの拡張機能
複数組織と複数組織アクセス管理(MOAC)の基礎
  • 複数組織と複数組織アクセス管理(MOAC)の紹介
  • 複数組織モデルでサポートされる組織の種類
  • 複数組織アクセス管理の設定とプロセス
  • 複数エンティティ間のレポート
  • 実装に関する主な考慮事項
Oracle WorkflowとOracle Alertの基礎
  • ワークフローの概要
  • Oracle Workflowのホーム・ページ
  • ワークリストWebページ
  • ワークフロー・モニターWebページ
  • アラートの概要
  • ワークフローとアラートの違い
Daily Business IntelligenceとOracle Fusion Business Intelligenceの基礎
  • Daily Business Intelligenceの概要
  • Fusion Business Intelligenceの概要

EBS入門セミナー

コースの概要:

Oracle E-Business SuiteのベースとなるERP、SCM、CRMの一般的な概念・特長・業務領域・導入のメリット/デメリットなどを紹介します。さらにOracle E-Business Suiteの全体概要・モジュール間の関連を、さまざまな業務の流れに沿って体系的に理解できます。

方式

スケジュール/購入 受講形態 価格(消費税込み)** 日数 教材 講義言語
スケジュール詳細 Instructor-Led Training(集合研修) 86,625 円 1 日 日本語
スケジュール詳細 Live Virtual Class 86,625 円 1 日 日本語

含む 消費税

前提条件:

必要とされる前提コースまたは前提知識:

  • 特になし

コースの目的:

  • ERP、SCM、CRMとは何かを理解する
  • EBSの計画系、購買系のフロー概要を理解する
  • EBSの受注系、生産系のフロー概要を理解する
  • EBSの在庫管理系、会計系のフロー概要を理解する
  • EBSの人事系のフロー概要を理解する

コースの内容:

ERP (Enterprise Resourse Planning) とは
SCM (Supply Chain Management) とは
CRM (Customer Relationship Management) とは
Oracle E-Business Suite 全体概要
Oracle E-Business Suite 基本的設定項目概要
Oracle E-Business Suite 計画系フロー概要
Oracle E-Business Suite 購買系フロー概要
Oracle E-Business Suite 受注系フロー概要
Oracle E-Business Suite 生産系フロー概要
Oracle E-Business Suite 在庫管理系フロー概要
Oracle E-Business Suite 会計系フロー概要
Oracle E-Business Suite 人事系フロー概要

+++Oracle E-Business Suite R12: E-Business Essentials Sample Questions

View answers below

Sample questions are provided solely to familiarize candidates with the multiple-choice format and writing style of questions that will be found on the exam. Sample questions may not cover the full spectrum of difficulty that is covered by the exam questions. Success on the sample questions does not predict success on the exam.
1. Identify three correct statements regarding Oracle E-Business Suite Release 12. (Choose three)

1. Can run entirely on the Internet
2. A minimum of two modules needs to be implemented for an organization
3. Is engineered to work as an integrated system on a single IT infrastructure
4. Supports multidirectional flows of business information within an organization

2. Oracle E-Business Suite Release 12 is designed to assist companies meet the business challenges of globalization. Select four features of Oracle E-Business Suite Release 12 that support efficient management of a global enterprise in a single database. (Choose four)

1. Has common data model
2. Supports multiple currencies
3. Supports multiple data models
4. Supports separate legacy systems
5. Supports statutory and customary local requirements
6. Extends internal process support beyond enterprise boundaries

3. XYZ Corp. has shipped goods against purchase orders to ABC Corp. ABC Corp. now has to pay for the goods received, and also account and reconcile the transactions. Identify the Oracle E-Business Suite Release 12 Applications involved in these activities for ABC Corp.

1. Cash Management, Inventory, Payables, and Purchasing
2. Inventory, General Ledger, Purchasing, and Cash Management
3. Inventory, Order Management, General Ledger, and Cash Management
4. Cash Management, General Ledger, Inventory, Payables, and Purchasing

4. Company ABC is implementing Oracle Application Manager to manage and monitor the Oracle application.
Identify four tasks that will assist system administrators when using Oracle Application Manager. (Choose four)

1. Manage patches
2. Monitor system security
3. Monitor and tune performance
4. Diagnose and correct problems
5. Monitor standard report requests
6. Manage application responsibilities

5. Which two statements are correct regarding a table-validated Value Set? (Choose two)

1. A table-validated Value Set does not provide a predefined list of values
2. You use a table-validated Value Set when you have a set of values that is already maintained in an application table
3. You cannot define a table that you want to use when defining the table-validated Value Set
4. You can use a SQL query to retrieve all the approved values from the table when defining the table-validated Value Set

6. Identify three features of Oracle Workflow Builder in Oracle Workflow Architecture. (Choose three)

1. Monitors workflows
2. Resides in Oracle Application Server
3. Defines and customizes workflow definitions
4. Saves workflow process definition in a flat-file format
5. Saves workflow process definition in a graphical file format
6. Has Navigator tree and Process diagram as its components

7. Select four tasks that you can perform from the Self-Service home page of Oracle Workflow embedded in Oracle E-Business Suite Release 12. (Choose four)

1. View "FYI Notifications"
2. Purge Closed notifications
3. View "Notifications From Me"
4. View participant responses for a completed workflow
5. Access status diagram of workflows that are in any status
6. Access status diagram of workflows that are with status "Processed" or "Errored"

8. Identify three actions that you can perform using Oracle Alerts. (Choose three)

1. Send an email message
2. Submit a concurrent request
3. Restart concurrent managers
4. Run an operating system script file of any size
5. Run an operating system script file of size less than 32K

9. Identify three features of Daily Business Intelligence. (Choose three)

1. Provides a cross-enterprise reporting capability
2. Requires a data warehouse setup for its implementation
3. Creates a separate subset of transactions in a new database
4. Is based on a single, transactional database for all products and customers
5. Provides planning, execution, and reporting capabilities to optimize business performance

10. You are working on an implementation of Oracle E-Business Suite Release 12 Fusion Business Intelligence.

Your client has three requirements:
1. Ability to monitor customers and the collection processes
2. Ability to perform complete procurement analysis from Requisition through Payment
3. Ability to identify the customers and transactions that are providing maximum profit

Select the three Oracle Fusion Business Intelligence products that would meet your client's requirements. (Choose three)

1. Oracle Sales Analytics
2. Oracle Financial Analytics
3. Oracle Marketing Analytics
4. Oracle Supply Chain Analytics
5. Oracle Order Fulfillment Analytics

Answers

1. ACD
2. ABEF
3. D
4. ABCD
5. BD
6. CDF
7. ACDE
8. ABE
9. ADE
10. BCD