Android 開発 Hello World

準備作業

EclipseとAndroid SDKをセットアップします。

プラットフォームのインストール

Android SDKとAVDマネージャーで、利用可能なパッケージを選択し、リポジトリからインストールしてください。

AVDを作成する

[ウィンドウ]> [Android SDKとAVDマネージャ]を選択します
種類(バージョン)と名前を入力し、[仮想デバイス]> [新規]を選択します

プロジェクトの作成

ファイル>新規>プロジェクトを選択して…. > Androidのプロジェクト
SDKバージョン、アクティビティを作成、ターゲット(AVD)、アプリケーション名、パッケージ名を構築し、プロジェクト名を記入

活動を見る

  • アクティビティは、アクションを実行するために使用されるアプリケーションエンティティである。
  • アプリケーションは、複数のアクティビティによる構成される。
  • 最初にonCreate()メソッドはAndroidシステムによって呼び出されます - すべての初期化とUIのセットアップを行います。
  • アクティビティは、ユーザーインターフェイスを持たないことが可能だが、通常は持ちます。

HelloAndroid.java

package com.example.helloandroid;
 
import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
 
public class HelloAndroid extends Activity {
    /** Called when the activity is first created. */
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);
    }
}

UIの構築

HelloAndroid.javaを下記のように修正します。

package com.example.helloandroid;
 
import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.TextView;
 
public class HelloAndroid extends Activity {
   /** Called when the activity is first created. */
   @Override
   public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
       super.onCreate(savedInstanceState);
       TextView tv = new TextView(this);
       tv.setText("Hello, Android");
       setContentView(tv);
   }
}

次のコード部分はTextViewを作成して、"Hello, Android"とテキストを設定します。

       TextView tv = new TextView(this);
       tv.setText("Hello, Android");
       setContentView(tv);
  • Viewは、そのようなボタン、画像、または(この場合は)テキストラベル、UIのレイアウト内の要素として使用される描画可能なオブジェクトです。
  • これらの各オブジェクトには、TextViewのかViewクラスおよびテキストを処理するサブクラスのサブクラスである。
  • TextViewには、そのパラメータとしてAndroidのContextインスタンスを受け入れるクラスコンストラクタを持っています。
  • コンテキストは、システムへのハンドルであり、その上で、リソースを参照したり、データベースや設定へのアクセスをしたり、とのようなサービスを提供しています。
  • Activityクラスはコンテキストを継承します。
  • アクティビティのUIのためのコンテンツとして表示するためにsetContentView()にTextViewを渡す。

コードを実行する

"Hello Android"と題するアプリケーションが開始されます。

アプリケーションのタイトルは、res /values/ strings.xmlで設定されています

    <string name="app_name">Hello, Android</string>

とAndroidManifest.xmlによって参照
        <activity android:name=".HelloAndroidActivity"
                  android:label="@string/app_name">

XMLレイアウトにUIのアップグレード

XMLレイアウトを使用して、ソースコード管理の煩雑、ビューを接続忘れなどのエラーを回避することができます。

res/layout/main.xml

<?xmlのバージョン="1.0"エンコード="UTF - 8"?>
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<TextView xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
  android:id="@+id/textview"
  android:layout_width="fill_parent"
  android:layout_height="fill_parent"
  android:text="@string/hello"/>

res/values/strings.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
    <string name="hello">Hello, Android! I am a string resource!</string>
    <string name="app_name">Hello, Android</string>
</resources>

HelloAndroid.java

package com.example.helloandroid;
 
import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
 
public class HelloAndroid extends Activity {
    /** Called when the activity is first created. */
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);
    }
}

TextViewには、5つのXML属性があります。

  • xmlns:android - XML名前空間。
  • android:id - TextView要素の一意識別子
  • android:layout_width - 幅
  • android:layout_height - 高さ
  • android:text - テキスト、res/values/strings.xmlを引用することができます。詳細については、Androidのリソースと国際化を参照してください。

後の選択ファイル名を指定して実行>実行> Androidのアプリケーション。 R.javaが自動的に生成されます。 (または、antでそれを生成することができます)。
R.java

package com.example.helloandroid;
 
public final class R {
    public static final class attr {
    }
    public static final class drawable {
        public static final int icon=0x7f020000;
    }
    public static final class id {
        public static final int textview=0x7f050000;
    }
    public static final class layout {
        public static final int main=0x7f030000;
    }
    public static final class string {
        public static final int app_name=0x7f040001;
        public static final int hello=0x7f040000;
    }
}

プロジェクトをデバッグ

普通のJavaプロジェクトと同じように、Androidプロジェクトをデバッグすることができます。
HelloAndroid.javaに以下のコードを追加し、そこにブレークポイントを設定、すなわち。

Object o = null;
        o.toString();

Eclipseの利用せずにプロジェクトの作成

Androidでは、emulator、aapt、adb、dmmsなどコマンドラインモードで実行され、アリの下で実行することができるツールが用意されています。
また、androidツールは、すべてのソースコードとディレクトリスタブプロジェクトのほか、Antと互換性のあるbuild.xmlファイルを作成するすることができます。

android create project \
    --package com.example.helloandroid \
    --activity HelloAndroid \
    --target 2 \
    --path <path-to-your-project>/HelloAndroid

See Also

Android Tutorials Hello World

Reference

http://developer.android.com